FC2ブログ

トラウマイスタ 4巻 感想

まず表紙からして素晴らしいです。
これ見たら何がどう変態か理解できますね
しかしこれは本当に半端ないなぁ
幼女と一体化している下半身の
真っ白な男が舌を出しているだけで
この表紙の素晴らしさが解ります。
基本白と黒の所も良いです。
1巻?3巻と比べたら凄い進歩だと思います。
1巻?3巻の表紙が嫌いとかではないですが
この4巻の表紙が素晴らし過ぎるのです。

内容も後半最高なのは週間連載時に
見ていたので知ってはいたのですが
3巻時は正直ダヴィンチ登場まで微妙なのに
4巻は普通に総合的にも面白かったです。
トラウマを克服したりしている所が良かった。

4巻は新キャラ登場とピカソ修行巻!
そしてラストには超衝撃の展開が待っています。
とりあえず各話の感想を順に書きます。
おまけまいすたは最後の方に書きます。

第28話 平穏な日々…
初っ端解説が入るのは良いですね
トラウマイスタは最初がダメ過ぎて
全く見てないのでこの説明は有り難いです。

この設定を見たら他にもアートマンで
何かを企む人が居てもおかしくないですが
まあその人を全員勧誘したりするのが
チャンドラカンパニーなのかもしれません。

各キャラの紹介
先に能力を書かなくて良いのだろうか?
キャラ設定より能力バトルだから能力だと思います。
昆虫器とか何をしてくるか理解できませんよ
ライムライトもギャグを言うなんて考えないでしょう。
あらすじの所のゲルニカ見ると強いなぁ
原子組み替えて攻撃って何でもできそうです。

後パンツ見せてラーメン食べてただけでした。
最強のアートマン7体ってどういう意味だったのだろう?
腹入れて爆発が最強なのでしょうかね?
確かに内部破壊は相当な強さですか。

第27話 センゴと村正
仲間に会いに行ったら戦闘中って
チャンドラは一体何人ぐらい居るのでしょうか?
相当な数が居ないと偶然出会う事は無いでしょうし
ドラクエの雑魚並に出会う確立があるのかもしれません。

しかしアートマンバトルはスタンドにしか見えないなぁ
この場面ではセンゴは剣を出す能力なのかと思います。

第28話 追跡者ピカソ
ここら辺気持ち悪くて見てなかったんだと解りました。
ここから爆死まで見てなかった気がしてきます。

しかしこれは追跡者じゃないと思います。
ストーカーとしか思えないというかストーカー以上
もうキチガイでもおかしくないような行動力だ
まああの変態に勝てる可能性がある剣があれば
死ぬ気で追い求めるというのが伝わり良いですね。

第31話 flash back(前編)
ここら辺も週刊誌で30話の所が気持ち悪く
見てなかったのですがとても良いですね。
精神ダメージが非常に表されています。

これは最初を見てれば良い場面なのでしょうけど
最初の方全く見てないから解りません。
1巻も買うべきなのでしょうかね?
まあ5巻を買えば確実に買うと思いますが
本当に5巻の期待値が無茶苦茶高いです。

第32話 flash back(後編)
ランコちゃん可愛いな、トラウマイスタ一可愛い
まあ他が微妙だというのもあるのですが
あきらめて死ぬ?の所も良いですね
こういう敵キャラが居たら良かったと思います。

登る所はジョジョで命がけの約束の後に
修行で塔登ったのでそれを思い出させます。
しかしこの登りっぷりは必死さが伝わり良いです。

落下したら腕を切ってそれを使い触れたのも
精神世界で体が崩れる為なのでとても良かった。
こういう自分の体をかけた行為は治ってしまったら
決意等が無駄でガッカリしてしまうのですが
これは精神世界だから余裕でOKです。
まあ体を潰して発動するのも回復役が
潰したのを回復できるで使っても良いですが
最後のセンゴの語りも良かった。

第33話 トモダチ
センゴが女だったら良かったと
思えたかもしれないけど
野郎キャラでやるのが中山先生ですか
この気持ち悪さは半端無いなぁ

第34話 思い描くもの
友情・努力で勝利に繋げる回と
この回が非常に少年漫画らしく
良かったのではないかと思います。

しかしゲルニカが可愛く見えてきたぞ
週刊誌では本当に見てませんでした
モカが現れてた所も良かったです。

剣が自己暗示力といざとなれば
覚醒しやすそうな剣ですが
まあ5巻内容を見れば素晴らしいです。

第35話 契約社員禁断症状
変態が興奮する回
正直書く事は↑の一行ぐらいしかない
ですがそれがとても素晴らしい。

本当に変態で面白いなぁ
勝手に興奮し始めて絵に激突して
幼女を舐め回している所とか最高だ

第36話 アクム
本当にここから凄まじく素晴らしい
今までのも十分面白いのですが
ここからのトラウマイスタはレベルが違います。

デートの辺りは両思い確定とか
そういうヒロインイベントだと思い
まあ微笑ましく見れると思います。

そして告白からキスの流れが
完全に最後の決戦前に相応しく
ここでキスして終りでもおかしくないという
そんな素晴らしそうな場面だと思いましたが

キスの直前にボスキャラの変態が
ヒロインを爆破するという異常な展開
ここはヒロインが爆発するという
恐怖する場面なのでしょうけど最高でした。
完全に予想外を付いた期待以上の展開
本当に素晴らしい、少年誌でヒロイン爆死
しかもキス前に爆死って凄いですよ。

最後のピカソが握手していた
スジャータの手を見ているのも非常に良い
完全に絶望しか感じられないというのが解る
そして変態は興奮しているのですよ
本当にこの流れは最高だなぁ

第37話 覚めろ覚めろ覚めろ覚めろ覚(以下略)
タイトルが絶望感を引き出しています。
ここでの中山先生の演出は素晴らしい。

ここら辺は前に別記事で書く程素晴らしかった。
ダヴィンチが興奮しているのも変態で素晴らしく
本当に良くて最高なのですがそれに対して
ピカソが必死に嘘だと思いたいという場面が
素晴らしくて非常に良い所だと思います。

スジャータの事を思い出していたらキス
ダヴィンチのキス、無茶苦茶笑える
中山先生の気が狂ってるなぁ(褒め言葉)
その後叩き潰しに入るのも凄まじいですね
そりゃ理性が飛んで本能で殴りますよ
誰だって殴ります、私がやられても殴ります。

しかしここで終りなのですか
もう他の話が単行本引きクラスなので
5巻が凄まじい事になりそうでとても楽しみです。

おまけまいすた
中山先生「次週は
ダヴィンチがピカソの唇を奪いにいきましょう。」
こんなの普通に言う辺りが狂ってて良いですね
ラストみたいな展開だったら非常に大好きなのに
最初つまらないギャグとか入れたり
一話で次週戦うような感じにしたりが酷過ぎた。

4巻はやはり最後の2話が最高でした。
そして5巻が無茶苦茶楽しみです。
最終巻ですが表紙はダヴィンチとその後ピカソが
完全に激突する感じの表紙が良いと思います。

サイン色紙来ないけどハズレたのでしょうか?
覚醒ピカソと狂気しか感じられないダヴィンチは
本当に欲しかったので非常に残念です。

以下サンデーの時に書いた感想と3巻感想のリンク
3巻感想
37話感想
他はブログ内検索でトラウマイスタと打って
見てくださると有り難いです。

5巻が無茶苦茶楽しみです。
本当に凄まじい内容だと思いますので。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いていました。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる