FC2ブログ

イナズマイレブン 第36話 かくされた力! 感想 前半

これまでのお話の画像に期待しましたが
確実にあると思った火炎放射が無く
何か知りませんが凄く残念でした。
やはり34話の画像が異質過ぎます。

新聞部「頑張ってね、木暮くん」
死んで来いとでも言ってるかのようだ
今の所相手の実力が
レーゼ達より強くキーパーを攻撃と
これだけでも恐ろしいと思うのに
更にまだ強いと思われるので
ここで頑張っては相当酷いです。
最悪壁にでもなって貢献しろと
そんな事を言ってるように聞こえました。

木暮はディフェンダーになっていて
目金が怪我しない事ですね。と
イヤミかと思いますが凄く優しいです。
普通に考えて木暮は雷門関係なく
ここで怪我したら普通に可哀想ですから
仲間入りも新聞部の強制ですしね
嫌がっている木暮を見ていたからこそ
ここの目金が凄く優しいと思いました。

木暮が戦いに向っていましたが
秋「ちょっと心配かな……」
ちょっとかよ!最悪死にますよ
宇宙人に一回勝ったからって彼女達
宇宙人一軍を舐め過ぎていると思います。

結構毒舌な雷門イレブン
宇宙人相手なのに
補欠に頼っていいのかとか
壁山は言うようになりましたねぇ
ザ・ウォールだけで残っているというのに
でもこのメンバーを見ていると楽しむとか
宇宙人相手なのに舐め腐っているので
宇宙人の恐ろしさを理解している壁山は
一番マトモな存在だといえるでしょう。

まあ楽しむと言ったのは吹雪・一之瀬・円堂と
一之瀬も前のレーゼ戦で火炎の舞を手に入れ
現時点で最強の攻撃力を誇る吹雪と
最強の防御力を誇る円堂なのでコイツ等的には
殺されるとかそういうことは考えてないのでしょう。

戦う気のイナズマイレブンを見て
木暮は信じられねぇと怯えていると
正にこれが普通の人間の反応です。
まず宇宙人の時点で戦いたくないのに
自分の居た中学の先輩とかを再起不能にし
学校を破壊しかけると全くもって戦いたくない。

デザームがキックオフといこうと言って
破壊すべきはエイリア学園に歯向かい続ける
雷門イレブンに決まったとまあそうなりますね
一之瀬が勝手に決めちゃってるよと言いますが
勝手に試合を申し込んだのは雷門の筈です。
コイツ等は一体何を言っているのだろうか?

デザーム様がジェニミストームを倒したから
3分で決着とするとムスカの逆バージョンですね
3分間で殺してやるぞとかそういう感じです。
吹雪が3分で片付けちゃおうよとか
無茶苦茶舐め腐っていて爆笑した後に
面白れぇと絶対に活躍できないと思われる
染岡の追撃で更に笑ってしまいました。

イプシロンの戦法とか正直どうでも良いです。
戦法というよりどういう系統の技か知りたいです。
触れた瞬間に相手選手を宇宙に送り込み
宇宙葬にする技とかあったら
近付いた瞬間に死んでしまうと思いますから

試合が始まって皆が動いていますが
木暮が動かず目金が木暮君…動きませんねぇと
お前が一体何を言っているのだと思いました。
エイリア戦で目金活躍した所見てませんから
それ以前に動くという行為ができたのだろうか?
レーゼ達の威圧でも受けていて呼吸をするのが
精一杯とかではなかったのでしょうか?

宇宙人の名前を知っている角馬
これは角馬は実は宇宙人フラグですね
今までの実況も監視とかだと思います。
OPに出ていた三人目なのかもしれません。

イプシロンの攻撃を風丸が飛んで回避し
パスができているとこれは予想外でした。
案外力の差が無いのかもしれませんね
最初の段階ではレーゼ≫雷門で
今ではデザーム>雷門>レーゼぐらいでしょうか
絶対ボコボコにされると思っていたので
普通に回避できていたのはマジで予想外でした。

一之瀬がスピニングシュートと
何かレベルが低そうな技が出ました。
竜巻の回転で回って蹴るとか
超次元と呼べるかも解らないレベルです。
普通よりちょっと凄いサッカー程度ですね
今なら竜巻を三つぐらい起こして
その竜巻とボールを一体化させて襲うぐらいが
丁度良い必殺技ではないのかと思います。

そりゃデザームが触れるレベル以下でしょうし
打ち返せと言ってメンバー二人に蹴らすでしょう。
そしてシュートになるとこれは良かったと思います。
宇宙人なのだからこれぐらいはしてくれますね。
それを壁山と塔子の超能力ディフェンスにより
防ぎますが飛ばされると威力は高そうです。

弾かれて飛んだボールを吹雪が飛んで追い
それを宇宙人二人も追って空を飛んでいて
吹雪が第二形態になり二人を踏んで飛ぶと
サッカーなのに空中戦をしていて笑いました。
そしてエターナルブリザードを発動しましたが
ここのエターナルブリザードの発音がカッコ良かった。

それをデザーム様が片手で防いでいましたが
確かエターナルブリザードは少々推測入りますが
氷と一体化させたボールを飛ばして
その衝撃波でキーパーを飛ばした後に
ゴールに叩き込めば巨大な氷が起こる為
飛ばされず防ごうとしても氷結化して死ぬという
トンデモないチート技ですが片手で防いだので
デザーム様の手には超次元無効オーラでも
張られていたのかもしれません、強過ぎます。

ここでの防がれても凍らせて死ぬというのは
片手で触れた瞬間に衝撃波が起こっていて
止められたにも関わらず吹雪が勝ち誇ってるので
防いだら殺す技なのではないかと思いました。
防がれても再起不能にしたから良いやという笑い
トンデモないプレイヤーですね第二形態の吹雪は

デザーム「このたぎるような感覚…なんだ?」
これは吹雪宇宙人の可能性が高くなってきました
子供の頃に氷系の星から地球を支配する為に
赤ちゃんの頃に地球に送られてきた宇宙人で
そして子供の頃に雪崩でも起こっていて
記憶を無くしたんです。どこの戦闘民族だ

吹雪が悔しがってますがまあそうでしょうね
今まで何人ものプレイヤーを葬ってきたのでしょう。
熊を殺しましたし何人か葬っていそうな気がします。
そしてデザームが価値があるとかいってましたが
まだ40秒しか経っていないことには驚きました。
全員が前進してパスを出していて
それを止める為に二人が蹴り飛ばし
それがシュートになって二人が超能力で防ぎ
そのボールを取りに吹雪が空を飛べば
宇宙人二人も空を飛びますがそれを踏み台にし
エターナルブリザードを放つも片手で止められるのが
40秒と凄く密度のある40秒間だと思います。

恐らく彼等は音速ぐらいで動けるのでしょう。
それなら視認できるマネージャとか角馬は
一体なんなのだと言いたくなってきますが
普通に動いてあの行動で40秒は有り得ませんよ多分

ガニメデプロトン
今週の目玉といってもいい場面
明らかにかめはめ波ですよ、何だこれ
いや、まあ別にそろそろデザームが指から
ビームを出してボールに当てることにより
ゴールに叩き込むとかでも良いと思いましたが
まさか本当にこんな行動をするとは思ってませんよ

だってこれ余裕でファールですからね
超次元サッカーは手を使っても良いのだろうか?
百歩譲って人間バットをサッカールールで認めても
これだけはどうしても認められません。手ですから
それを書いたら火炎放射もレッドゾーンですか
つーか人間バットも余裕でダメだなぁ
サッカーの協力技は人間を道具にしない
何百歩譲ってとか書いているのだろうか
まあ超次元ですし何を書いても無意味ですね。

この技は超次元サッカーの新たな道ですね
手で攻撃しても良いみたいな感じなので
円堂がそろそろマジンでパンチをする
マジンザパンチという技が出てもおかしくないです。
そして間に合わないからという理由でパンチをしますが
これ指の骨全部折れていてもおかしくないと思います。
よくパンチをする気になったと思いましたから
しかしダメージはあまり無いと威力は低いのでしょうかね?
放出系ですし強化系の脚のシュートには敵わないのでしょう。

まだ半分も終ってませんが眠いので終ります。
書きたかったガニメデプロトンが書けたので
もうこれが今週のイナズマイレブン感想になるかもしれません。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いていました。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる