FC2ブログ

サンデー28号感想 後半

今日アクセス数が異常な程多く
何かマズイ事でも書いたかな?と思い
サーチワードを見て笑いました。
サーチーワードは魔王の所で書きます。

神のみぞ知るセカイ
まあ普通に考えて京ちゃんが居ても
場違いにしかならないので仕方が無い。
そして桂馬が拘束されていると
笑いながら拘束するエルシィを見て
一応は悪魔なんだなぁと思いました。

歩美たちひろがなんでここにいるの?と
まあ普通に考えれば当然でしょうけど
束縛されているのも考えて上げてください
一番なんでここにいるのか気になってるのは
間違いなく桂馬だと思いますから
ゲーム破壊もこれの前兆だと考えれば
まあゲームも破壊されるかもしれない。

エルシィが神にーさまに
家庭教師してもらいましょー!!と
何考えてんだーとか桂馬が小声で言いますが
単に何も考えていないのだと思います。
もう記憶ありませんとか言っている間に
歩美達が少し赤くなっているのに気付かないと
本当にエルシィは何も考えてないのだろうなあ
まあそこが良い部分なのだと思います。

桂馬は拒否ろうとするとこれは予想外
人間的にというか現実的には成長してませんか
まあゲーム的には神ですしそうなりますかね
だけど桂馬が最後に言った助けてるという言葉で
1時間だけ助けるとギリギリ成長しているのか
自分の設定を貫いているのかが少し解りません。
まあ高確率で後者なのではないかと思います。

二人が怒っていたらその間に桂馬が
次の期末テストの問題を書くと本当に凄まじい
児玉の性格とと一応教師の事を考えてますね
ゲームを授業中にする為とはいえ素晴らしいです。
その後注意点と話を進めていこうとしていて
歩美達が慌てだしていたので
その間に桂馬が考え事をしていました。

エルシィは後回しにして一人当たり30分で
時間配分を決めて行おうとしていると
まあエルシィは一時間が足りないのでしょう。
ノート2枚がえし??とかノートに記入の時点で
間違っているので勉強できるとは思えません。

桂馬が考えていたらかのんちゃんが隣に居ると
久々に見ているからかとても可愛いです。
そしてエルシィが勉強しませんか?と
話に関わらせる為には普通ですね。
イヤな予感がする…とまあこれも仕方ないです
歩美には蹴られちひろには傘で叩かれ
かのんに至ってはスタンガンを受けていますから
記憶無いとはいえこの3人に勉強を教えると
桂馬的にはヤバいと思っていたのだと思います。

最初は歩美でしたがとても可愛く
勝手に起こっている所とかなんか可愛かった。
二人目のちひろはかのんちゃんと知り合いと聞くと
まあずっとちょっと赤くなって見ているのですから
何か知らないけど気があるのだと思うでしょう。
そして桂馬が特に知らないよ。と言ったら
ちひろは喜びながら歌を歌いだすと
知らないから喜んでいるとも見えますね。

そして三人目のかのんは桂馬を凝視していて
私たち…いつかどこかで会いませんでしたか!?と
全員それを気にしてたっぽく桂馬も驚いてました。
そして桂馬が言おうとしたらエルシィが
会ってませんよねーとまあここは第三者である
エルシィニに言わせておくのが良い手だと思います。

まあエルシィはバカだからキスしたのも!!と言って
3人を赤面させるとこれは良かったと思います。
エルシィの自身有りげな?もポイント高いです。
全員赤くなっていてどう締めるのだろう?と思えば
エルシィが机を燃やしてなんとなく心が落ち着いたと
最後の最後までエルシィが活躍していました。
これは最近の出番の少なさからなのでしょう。
エルシィが結構出ていて余裕で満足でした。

テスト結果がエルシィ以外が100点を取って
エルシィが45点と桂馬から教わらなかったのか
教わった結果45点に上がったのかが解りません。
というか黒板に90点までの問題が書かれてたのに
半分の45点というのはどういう事なんだろう?

児玉先生がいーじゃない!!と言って
部が認められて4人を包んでいると
歩美のさわられた??で青くなってるのが
とても良く児玉先生がやりなさい!!と上機嫌で
理由が桂馬が99点とこれでゲーム不可でしょうか?
児玉先生の授業ではゲームをしていた場合
毎回99点の答案を見せて来るのだと思います。
桂馬的には最悪で児玉的には超幸せですね。

桂馬が間違えた理由は教えたからだ!!と
現実に関わったら弱体化でもしてしまうのだろうか?
記憶がなくなってなかったのに動揺していて
間違ってしまったのかもしれませんね。
気のせいだ…と桂馬が思っていたのですが
これは物語後半辺りで
関わってきそうな設定な気がします。

来週からは新ヒロインなのでしょうかね?
これ以上一体どんなキャラを出すのだろうか?
本当にとても楽しみです。
大穴で忍者と予想しておきます。

史上最強の弟子ケンイチ
ケンイチも随分対応できるようになりましたね
最初飛んだ所はフェイントに見えず
バネ系の罠でも踏んで飛ばされたと思いました。
しかし逆鬼のビールに蹴りを入れたりすると
根性も凄まじい事になっています。

山ごもりは古くさいからビルに行きます。
現代の意味が都会ぐらいしかない……
後山と比べて落ちたら転がるとかではなく
落ちたら一直線で地面に直撃して死ぬと
よく考えればビルの方が危険でした。

ビルの淵全力ダッシュ
まだケンイチからして左側に落ちても
大丈夫なのでギリギリ安心保険ですね
史上最強の弟子ですら無理と言うのに
カイジとかよく夜に橋渡りをしたと思います。
アレ武道家でもイヤだと言うと思う。

魔王
木曜のサーチワードを見たのですが
雀蜂 魔王 雀蜂 ノーパンがとても多く
どんだけ興奮して検索したのだろうとか思い
あの雀蜂の所を見ながら笑っていました。
本当にどれ程ノーパンに心を奪われたのだろう?

最初の潤也の所は正直飛ばしたいけど
まあ短く書こうかと思います。
潤也は全然大丈夫ではないと思います。
この後死にかけの奴に対して
死にかけ程度でガタガタ言うなとか言いますから。
まあこれは後に書こうと思います。

辰実がパニックになっていたら
スズメバチ「見ぃ、ちゃっ、た」
貴女は少年誌的に色々見せては
いけない事をしていると思うのですが
辰実もよくスズメバチ!!で驚けるなあ
履いてない!?ぐらいが丁度良いと思います。

このコマの面白い所はスズメバチが右脚上げてて
完全に見せている所とその後のコマの帽子で
何とか隠すというトラブルでもまだしていないと思う
バリアー方法をしてきていた事だと思うのですが
後これは右脚閉じてたらM字ですし相当でしょうね
辰実もスズメバチ!!と驚けなかったと思う
何と驚くかはまあこのブログの品位が疑われるので
書くのを止めておこうと思います。

スズメバチ「不潔……
安藤潤也の言った通りだわ。」
これもちょっと書きたいのですが
スズメバチも相当不潔だと思います。
だって履いていないという事は……
まあ書くのは止めておこうと思いました。

これ書いててパンツ履いてないから
恥ずかしくないもんという事言葉を思いつきましたが
こんな言葉を使う日が来るのでしょうかね?
元ネタでさえ相当頭ぶっ飛んでると思います。
というか少年誌でしかも結構前の漫画で
サンデーは家族で見る漫画とか書いているのに
ノーパンの女殺し屋とかよく通したものだと思います。

辰実死す
まあ辰実さんは下着ボウリングや
スズメバチの股間も見たことですし
人生分の女性は味わったかと思います。
下着ボウリングにスズメバチが来たら
ノーパンでブラは付いてるか不明ですが
凄まじい姿でボウリングをするという事になりそう。

これ隊員的には不安なのではないかと思います。
ボスが死にかけでどうしたらいいか悩んでいて
唯一聞ける先生の元に皆が集まっていたら
いきなり死ぬとかホラーなのではないでしょうか?
飛蝗の隊員もこれを見たら精神崩壊を起こして
辞める人が出てもおかしくないかと思います。

スズメバチの毒は当たれば弱者は死ぬのでしょう。
マスターですら車椅子になっていましたし
当れば殺すというのはとても強いかと思います。
蝉とは相性が良いのでしょうね
蝉のナイフは接近しないといけませんし
致命傷を与えないと一刺しで動けなくなり
その後殺されてしまうのではないかと思います。

スズメバチは潤也の会話を思い出していて
潤也が守ってあげたんだよ。と
ここの潤也の発言が信じられないとか
そういう次元を超えていて笑いました。
スズメバチのゲス発言やぬけぬけと!等
私も今までの潤也の行動を見ていたら
スズメバチの行動の方が正常だと思います。
何ていうか潤也から犬養を守ったとか
そういう発言がまず信じられませんでした。
植木がロベルトに忠誠を誓うと言う感じ。

死ぬほど嫌いなんだ。でまあ潤也の気持ちが
俺が殺そうと思っているのに
令嬢如きクソに殺される程度の力だから
しぶしぶ守って治ったらぶっ殺す!と
そういう感じだという事で問題ないのでしょうか?
最後の方を見ると生かす為かもしれません。
でも多分守ってあげたんだよ。って言った時も
相当潤也はストレスが溜まっていたと思います。

潤也「胸に穴が開いた程度で、ガタガタ言うな。」
ここも潤也がぶっ飛んでいると思ったのですが
問題点はこんな些細な所では一切ございません。
スズメバチはノーパンだというのに
脚を上げてきたからその足を掴んだ挙句
見下すとこれは明らかに股間を見ているのでしょう。
狂気と変態という二文字を背負った瞬間だと思います。

でもこれは本当に見えたのでしょうかね?
スズメバチの蹴りが潤也の唇前で
潤也が脚を持った時には眼の上を越えてるので
上に上げたという事は確定で恐らく見ているのでしょう。
理由は犬養を守ったと言ったストレス解消ですね
単純に彼女にあって欲情したけど彼女に言えず
代用で眼の保養をしたという可能性もあります。

最後に潤也が何かを悟っていましたが
これは犬養を殺すことではないという感じでしょうか?
個人的には止めて欲しい展開でもあります。
犬養側と潤也側で殺し屋が別れて
殺し屋大戦争みたいなのを期待していましたので
まあ一章の終わりが主人公死亡でしたが綺麗なので
二章の終わりもまあ良い終り方をするのだと思います。

トラウマイスタ
信じられないぐらい綺麗過ぎる終わり方でした。
こういう終り方をできる人は尊敬します。
見えないゲルニカが拍手してるのには
本当に感動したと思います。

書く事は特にありませんが
トラウマというモノに対する答えなど
本当に素晴らしい終わり方だと思います。
3巻以降から買うけど1巻と2巻は
微妙だから買わないと思っていたのですが
ここまで素晴らしいと全巻集めます。
この終わり方は一巻とか二巻ではなく
トラウマイスタという作品自体が
非常に素晴らしいと思えると思いましたので。

もう中山先生には期待しかできません。
鋭意作成中ですというのも好感度上がります。
できれば今年中に新連載をお願いします。
ゲッサンとか買ってないのでサンデーでお願いします。
最後ですのでファンレターでも出してきます。

最終回にもなりましたので
中山先生のブログを見てきましたが
覚醒ピカソと黒ゲルニカにダヴィンチという
TOP絵で素晴らしく満足しました。
多分この一秒後ピカソはダヴィンチ殴ってます。

どうやら色紙を応募してくれた人は
綺麗丁寧か変態という事が
書かれていたのですが私は確か応募の時
狂気しか感じられないダヴィンチと
覚醒したピカソと黒ゲルニカで出しましたが
綺麗丁寧な方にカウントされているのでしょう。
めちゃ変態のがどんなのかが見てみたいです。

うわぁ……小笠原先生の新連載だ……
やおよろが終ったと思ったらこれですよ。
まあ万が一に面白いのかもしれません
今の所あらすじと絵を見ると微塵にも思えません。

マギは書く事がありませんでした。
主人公が強すぎると思うのですが
まだ敵と呼べる敵が現れていませんし
敵の強さに期待したいと思います。
すもももは良い感じに強かったと思うので
どんな敵が現れるのかが楽しみです。
スポンサーサイト



テーマ : 週刊少年サンデー全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いていました。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる