FC2ブログ

ジャンプ28号 感想 後半

今週のいぬまるだしは凄く面白かった。
先々週辺りのバクマンの部分は
単行本の時にどうするのでしょうかね?

PSYRENーサイレンー
ネオとか言ってる人久々に見ました。
最近の記憶じゃネオスページアンです
多分これも2年ぐらい前です。
二人はニセ警官とそうなりますか
しかし愚民を手懐けるのも仕事だと言い
変な服で歩き回っている所は
雑魚臭しか感じられませんでした。
いや、雑魚集って程じゃないのですが
なんが凄そうなボスと言う感じがしません。

私設部隊による統制や
食糧の配給精度や階級化された民衆と
別の生き方ができている人が居たのは
とても良いのではないかと思いました。
この地位にいるのはサイレンを旅して
未来を知っていたからと別の生き方ですね。

サイレン世界に行くという試練があるので
この褒美は良いのではないかと思いました。
でも何の娯楽も無いと退屈しそうな気がします。
そして国が出来たから
ネシメスQを生かしてく理由が無いと
先々週辺りにアゲハが思っていた
未来を変えたらこの世界がどうなるかで
それを阻止する人々がこの天草なのでしょう。

こういう第三勢力は結構好きなのですが
リーダーが微妙だから何か微妙です。
そしてアゲハは根を出発して2日目と
朧が深海に居たら確実に死んでますね。
ヒリューは2日間何をしてたのだろうか?
多分良いことは無いのだろうなと思います。
タツオに会えただけでこのサイレン世界での
運は全て使い果たしたと思いますので。

何もしてないのに偉そうなフレデリカが
人間的な意味で成長してなくて面白かった。
後ありがとカイルマリーの雨宮さんの後に
おめーはずっと寝てただけだろーがの
アゲハの言葉は相当だと思います。
この二人はテレパシーかなんかで
フレデリカの精神攻撃でも考えたのだろうか?

マリーが疲れたので休憩する事にして
周辺の状況を探った方がいいとアゲハが言い
アゲハとカイルとフレデリカが向かっていて
アゲハが新しい発想を加えないとと言ってましたが
これは戦闘中に閃くとかなのでしょうか?
弱点をカバーって連射とか大きくして
一直線に飛ばすとかなのでしょうか?
流石にそこまで単純ではないと思いますが
体に纏うと止められなくなりそうな気がします。
纏ったらアゲハが消えてしまいそうですが

アゲハ達の脚が地面に嵌り
変な3人組が現れると本当に辺だ
しかし3人で行動していたら3人とは
まあバトル漫画なら普通だと思いますが
都合が良いのではないかと思ってしまいます。
相手側は3人1組がルールとか
そんなのがあるのかもしれません。

アゲハがワイズめ…!!と
新手のワイズと思っていたみたいですが
ネオ天草特化戦闘部隊脳獣と
新しい敵が現れて終りました。
しかしこれはちょっと微妙でした。
まあ十分に面白いと思いましたが
碓氷がボスだから脳獣が弱そうに見え
コイツラの姿も弱そうに見えるからだと思います。

来週は3対3でも始まるのでしょう。
このネシメス救出ではワイズの連中は
参戦してこないのでしょうかね?
まあ来週は戦闘だと思うので
この脳獣がどう戦うのか楽しみです。

めだかボックス
めだかちゃんは無意識痴女でした。
それにしても一歩間違えたら逮捕ものだ

今週も特に書く事無かったです
めだかちゃんも悶え苦しむぐらい
可愛いキャラではありませんので
来週は柔道戦に一話使うのでしょう
二話使ったらこの漫画はダメだと勝手に思います。

黒子のバスケ
いきなり消える黒子
多分凄いシーンなのでしょうけど笑いました。
この坊主もはあっ…!?というのも解ります。
この消えた所の坊主が凄く間抜けに見える。
実際は黒子が凄いだけなのですけど

しかしこれは赤坊主は棒立ちしてるもので
相手側は坊主が消えてるのに気付くまで
4対5で戦わないといけないということですね。
黒子は本当に強いというのが解ります。

作戦は研究したからクセがあるのを知り
それを狙ったと解りやすくとても良かったです。
最後に坊主が足掻いて逆算で察知していて
それを上回る行動をして黒子が勝利すると
こういう一応最後に敵が頑張ってくるのが
とても好きで倒した理由が黒子が凄いからと
それでもキセキの世代の6人目なので
普通に納得でき勝利して終りと速くて良かったです。

来週からは遂に緑間戦でしょうか?
緑間の能力が本当に待ち遠しいです。

バクマン。
やっぱり恋愛は中井さんが素晴らし過ぎました。
アレは中井さんがアレだというのと
完璧すぎる蒼樹さんが認めたのとか
そういうのがあって本当に素晴らしかった。

2話の順位が8位だったみたいで
ラッコが高かったのでそりゃ不安になるでしょう。
しかし港浦さんは余裕がある所がダメです。
高浜くんの行動も凄くよく解ります。

福田さんと中井さんが連載決まると
新妻エイジが紙吹雪を飛ばしている所で
上がりっぱなしの好感度が更に上がりました。
後中井さんが相変わらず気持ち悪かった。

最後にシュージンがネームを変えると
これはどうなるのかが楽しみです。
この二人が順位にビビりながら
漫画を書いていますが
漫画家では普通なのでしょうか?

アイシールド21
引き分けと妥当でしょうか?
ダブル優勝で終らずに
勝手に延長戦を始めると
これはとても良かったと思います。

最後に時が流れてアルバムで
クライマックスCカラーと終わりっぽいです。
333話で終わりって何か良いですね
ちゃんと終らせる所がネウロといい
アイシールドと言いとても良いです。

To LOVEるーとらぶるー
ヤミがクロを殴るとみせかけて
猿山を殴っていたのですが
その所でパンツが見えているのは
笑う部分でよろしいのでしょうか?

ここまでパンツを見せる漫画は凄いなあ
脇を見せる為に推理漫画のポーズと
こういうのもトラブルらしくて素晴らしいです。

クロが殺そうとしたらセリーヌが抱きつき
リトが外そうとしたらララのペケが外れ
ララが裸になるといきなりで笑うしかない
しかしその後リトがふらついてしまい
ララの胸を揉む追撃にはとても笑いました。

そりゃ調子も狂います、クロを出したのは
トラブル世界の人でない人が
トラブル現象を見せられた時の反応を
する為に出したのではないかと思いました。
殺し屋だろうがトラブル現象を見せられたら
調子も狂ってしまうものだと思います。
スポンサーサイト



テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いていました。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる