FC2ブログ

マンタリテ 描き下ろし漫画 感想

総合的な感想は書くとしても
多分一週間ぐらいかかると思うので
今は漫画の感想だけ書きます。

表紙はミカンと凄まじいです。
今思えば武井先生の漫画って
完全版で何とか完結したのを除くと
全部ミカンですしミカンと言うのは
武井先生にしては恐怖だと思います。

ダム子のカラーが3点もあり満足です。
OSGSもとてもカッコよかった。
ミカエルのカラーも赤だったと知り
凄くカッコいいと思いました。

そろそろ漫画の感想を書きます。
BONUSTRACK
SNAKESLEGS
多分蛇足っていう意味でしょう。
番外編書いておいて蛇足って酷いなあ
まあ武井先生だから普通ですか
後1500円も払って購入するので
蛇足でも入っていれば凄く満足です。

内容は公式プログラムをアンナが出し
連がふざけた発行物は……?と
まあこのマンタリテなのでしょうけど
連達からしたら相当ふざけていますし
連がくだらん活動と言うのも仕方ないです。

9ページなので特に書く事無かったです。
その代りに次の漫画が長く良かったと思います。
まあ最後は武井先生らしい酷さで笑いました。

シャーマンキングフラワーズ
――――花の時代――――
第一廻 「あざなわる世界」
アオリあるとか軽く週間連載風ですね
正直この場面では全く気付けませんでした。

阿弥陀丸「葉殿達は勉学よりも
はるかに厳しい試練を戦い抜いたのでござる」
まあ死んで死んだ後も特訓でしたし
あれは本当に厳しく辛い特訓だと思います。
本当にシャーマンキングの後半は何時死んでも
蘇るから逆に何時死ぬのかが解りませんでした。

阿弥陀丸を殴り勉強とかではなく
シャーマンとして戦いたいと言う花
まあ花の言ってる事も余裕で解ります。
嫌いな事より好きな方が時間早いですし
葉も嫌いな勉強は霊に任せていましたから
というか霊に勉強を任そうとせずに勉強する
花は葉よりも人間できているかと思いました。

阿弥陀丸が花殿には才があり
葉を上回るものを持つと考えていると
まあアンナと葉の息子ですし
成長したらトンデモない事になりそうです。

ハオが現れていて戦闘態勢に入った
阿弥陀丸がカッコ良くて良かったです。
その後花の見開きで阿弥陀丸がなんか可愛く
番外編のラストなのに今から始まる感じでした。

花が帰ったら客が大量に来ていて
金ピカの靴があると凄まじい靴だ
金ピカの靴履いてたら軽く目立つと思います。
金ピカだと太陽光反射するのでしょうかね?
足から光が飛ぶって何か面白そうです。

そしていきなりザンチンの突撃が飛びますが
うわーーーっ!て明らかにザンチンがうわーーです。
そりゃななななななんだこのデブとなるでしょう。
避けてた所は流石は葉とアンナの子孫でしょう。
普通アレで驚いている間に直撃します。
しかし客にしては酷すぎる客ですね。
いきなり家主の息子を潰そうとしただけでなく
扉を破壊すると初っ端からクレイジーです。

その元凶はメンで月刊と別冊を間違えたようで
歯を食い縛れ!!!と言って制裁を加えてやると
あんなので制裁とか抹殺と同じようなものでしょう。
ただでさえ人の死が無茶苦茶軽い漫画で
馬孫刀で攻撃とかマジで殺しそうですから
だとしたら息子を潰そうとしてドア破壊した挙句
死者が出ると一日にしてトンデモナイ出来事です。

ヒイイイィーッと驚くザンチンも解ります。
このマンキン世界で馬孫刀の制裁だと
9:1ぐらいで死ですからそりゃ恐怖でしょう。
生き返るのは解ってても死ぬのは怖いよ
だとしたらメンはトンデモない時代に産まれました。
殺しても生き返るから命の重さを知れません。
まあ一般人は殺さないだろうとは思うのですが
昔の連は一般人を車が五月蝿いという理由で
殺そうとしていたのでどうなるのか解りません。

花とメンが激突をして
阿弥陀丸と馬孫が気付くと
これで花が非常に劣勢になりました。
相手は刃物を持っていますが花は石の剣です。
このままメンが戦闘態勢だったら死んでますね。
死んでても蘇るから殺してもおかしくなく
どうなるのかがとても気になっていました。

というか殺しても蘇ると書いていますが
今の所確かファウストが死んだ筈なので
ふんばり温泉に蘇生を使用できるのは
誰一人居ないのでしょうかね、恐ろしい。

阿弥陀丸と馬孫がフレンドリーで良かった。
その後ブロッケンとビッグガイが負傷して現れると
すっかり優しそうな人達になっていました。
これを見るとザンチンがマジで可哀想ですから。
凄まじい量のガラスが刺さっているのに
蘇生者が居ないって相当だと思います。

その後花組の3人が現れると
もしかしたら出ないかと思ったので
ここで出てきたのはとても良かったと思います。
その後たまおが登場して全員に注意し
みんなまとめて喰らってみる?と言った後
修験の極みを 修験の極みを!と
相変わらず二回言う破壊力が素晴らしいです。

大天狗ってマンタリテで見てみたら
38万も巫力あるんですよ、そりゃ怖い
五大精霊超えてるとか本当に化物です。
たまお病んでる高校生時代も入れて欲しかった。
多分修験の極みはそこで学んだと思いますから。

メンが一ヶ月ホームステイする事になり
コンチとポンチが誰がシモジモだコラーーッと
いきなり現れたから次ページが大体予想できますが
シャマッシュで破壊とこれは予想外で笑いました。
しかしシャマッシュも持たせてるのですか
メンは蘇生を使えるのでしょうかね、シャマッシュいますし
コンチ達はあの後あのシャマッシュと一体どうやって
コミュニケーションを取るというのだろうか?

花が立ち入り禁止と書かれた自分の部屋に入れば
ホロホロが居るとまあこれはドロップキックでしょう。
五人の戦士の息子が来たのはまだ解りますが
五人の戦士の一人が直々に部屋に勝手に居るとか
ここら辺はホロホロでないとできないと思いました。

しかしホロホロは一体何の本を読んでるんだ?
女の子しか映ってないから多分アレ系なのだろうけど
ダム子ちゃんは一体どうしたというのだろうか?

その後ホロホロに倒産品を渡されて花がキレ
こんな家出てってやる!!とまあそうなりますか
ホロホロが精神ダメージ相当だったと思います。
まだメンは戦闘を行えたのでギリギリマシでしょう。
でもこのホロホロは精神攻撃しかしませんでしたから
ここまでの精神攻撃は出て行きたくもなります。

花があーもう神サマ!と言っていたら
ハオが現れるとハオは普通にハオでした。
葉は結構変わりましたがあまり変わってません。
シャーマンキングだから年取らないのだろうか
猫が大量に居て神とか名乗っているので
蹴りを当てようとするとまあそうなりますか
いきなり神とか勝手に叫んでいたら
呼んだかい?と猫を引き連れいきなり登場と
花はふんばり温泉に帰ってから
おかしい人二人に会いますが
それを遥かに上回る人が登場したら
まあ蹴りを直撃させようとも思います。

しかしハオは受けとめると流石でしたが
左の蹴りを受けて馬鹿みたいな顔をすると
こんなの3ヶ月前では信じられませんでした。
ここまでバカそうな顔をするハオを見れるとは。

ハオおじさんと言って
おじさんではないシャーマンキングだと言い
ヒマなキングがいるか!とそりゃそうですね。
というかこの普通人大目の世界で
シャーマンキングってやる事が無いのでしょう。
葉の行動を見届けている状態だと思いますし
これは結構ヒマしているかと思いました。

ハオが星じゅうにあまねく千の風で意思体と言い
別にヒマしてるとかそんな次元じゃ決してないと
やる事は今の所見届けるだと思うので
ヒマなのではないかと思いました。
ヒマとは次元が違うのでやる事が無いのでしょう。

ハオおじさんが花に試練を与えてやろうと言い
過去最高のスペックを誇るシャーマンで
まあ心してかかるが良いと凄まじい試練です。
ハオが過去最高のスペックって言う程ですし
もう終わり者ではないかと思いました。

そして花の元に刀を持っている
三代目イタコのアンナが登場していて
あたしに勝ったらケッコンしてあげると
凄まじい終り方でしたがつづくと書かれ
次回予告とこれは本当に酷くて笑いました。

まあ蛇足の後に未完のコンボは
武井先生らしい終わり方かと思います。
しかしマンタリテの内容は
素晴らしいのにラストが酷過ぎるwww
ミカンに恨みでもあるとかではなく
マンキンだから最後はミカンという意味なのか
どちらなのか解らなくて笑いました。

最後に蜜柑がまたな!!!と言っていて終ると
これはウルティモ未完フラグな気がしてきます…
まあシャーマンキングは普通に見れば
完全版で綺麗に終りましたしこの蜜柑の意味は
花の話をするかもしれないという意味なのでしょう。

最後にミカンを出して終ると
もしかしたら何時かこの続きをするかと思い
期待させてしまう武井先生らしい
素晴らしい終り方だったかと思いました。
これも27巻の終わり方が綺麗だったからです。
27巻で俺たちの戦いは今からだ!で終った後
マンタリテがこの内容だったらキレてたかもしれない。

シャーマンキングは本当に素晴らしい作品です。
最終公式ガイドの最終の部分を見ると
少し悲しくなりますがまあ何でも終るのが普通なので
終ってしまうという事も仕方が無いのでしょう。
マンタリテもとても面白かったです。

総合的な内容は来週書ければ良いかと思います。
まだ完全に全部は見れていませんが
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いていました。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる