FC2ブログ

ガンガン6月号 マテリアルパズルゼロクロイツ 感想

今月の話までが2巻内容でしょうかね?
後来月は土塚先生の単行本が
4作品ほぼ同時に出ると凄まじいです。

今月のロボットの行動が
素晴らし過ぎてとても満足
往生際悪くても確実に敵を
潰そうとするのが私は大好きなので
2章ラストのヨマの限界突破攻撃とか
本当に素晴らしかったと思います。

第8話 戦略と本能
クロイツとは本来
魔法を操る生物と言いますが
まあデュデュマの僕だし
普通に操れても問題無いでしょう。
私も説明が無かったから驚きましたが
この漫画はマテリアルパズルなのだから
マテリアルパズルを使うのは当然ですか。

ロボットは羽が生えても無反応で
ミサイルを連射するとまあそうなりますね
地に居たのが空に変っただけで
まだ攻撃を防げる程強化されたとか
そういう説明が無いのだから攻撃します。

まあ普通に風で攻撃を逸らしていき
ビーム攻撃に出るとこれも当然の反応
一度逸らされたから二回一応攻撃して
その後ビーム攻撃と非常に解り易い
その為チャージ前にクロイツが潰しに行くと
風で逸らせないのだから破壊も当然の流れ
それに対抗する為に剣を振るうのも当然で
跳んで回避するととても良いです。

最善で当然の行動を行い合うだけなのに
ここまで素晴らしいとは思ってなかった。
それにしても飛ぶ事は不可能だが
跳ぶ事はできたって飛翔不可で
ジャンプして落下時行動が可能でしょうか?
基本低空(地面ギリギリ)飛行しかできなくて
跳ぶ事が可能なのがドライの特徴なのでしょう。

でも地上じゃ飛べないという事でしょうかね?
跳ぶのなら他のクロイツも地面ならできそうですし
まあ風操作は操作しているだけで普通に強く
他のクロイツも強いと思いますが無問題でしょう。

その後跳んだクロイツがロボットを殴りますが
腕にヒビをいかせ海面に叩き込む破壊力と
相変わらず一撃が半端無いですねクロイツ
一撃叩き込めば腕折る事が可能なのは
ロボット側にとっても脅威だと思います。
今回の高機動はミサイル等遠距離ですが
近距離格闘型(最初のロボみたいなの)なら
腕一本折れたら力が半減と等しいと思い
どう考えても勝てる気がしてきません。

今回のこの高機動が遠距離主体の為
脆い設定になっていたとかでしょうかね?
でも剣を振ったからそれは無いでしょうか?
まあ格闘型はもっと性能が高いのでしょう。
一撃受けて腕折れるとは思えません。

その後ロボットが距離を取ろうとすると
そりゃ近距離戦になった場合
一撃叩き込まれただけで腕が折れるので
近距離戦だと勝率は限りなく0なのだから
距離を取る以外に道は無いでしょう。
腕折ったのは相当なダメージですから
距離を取るというより逃げてもおかしくない
別に今回このタイミングでロボが逃げてても
まあ最善の結果だよな…と思ってましたから。

しかし当然ベルジが距離を取らす訳が無く
接近して尻尾で脚を掴み海に叩き込み
海中でも動けるとこれも非常に良かった
最善の行動をしてもまだ敵に対処法があり
それを普通に対処できてるのが素晴らしい。

対処法がロボットに羽をつけていたと
エンゼルフェザーって羽装着でしたね
一撃叩き込んだら動き制御できるものですし
よく考えなくてもとても強い魔法なのでしょう。
でもリュシカは強いと思わず普通でしたが
クリームパンとか確かシャルロック戦ぐらいで
まあちょっと役に立つぐらいだと思ってました。

ロボットの動きを封じた為
多分魔力を込めた月鉱石を投げ
水の柱が誕生するとここで潰れてもおかしくなく
船員のやった…か…?という生存フラグもあり
ロボットはかわしているとまあ足潰れてますが
あの状況から回避した事が異常なのでしょう。

それにしても漫画におけるやったか?は
本当にやった事があるのか解らないぐらいに
敵を倒せていないことが多いですね
もうやったか?って言った人は
もしかして敵なんじゃないかと思うぐらい
やったか?の生存率は高いと思いました。

ロボットが回避した説明
こういう少し外したから生きてたとかでなく
ちゃんとロボットが対処しているのも良いです。
ダメージ覚悟ってロボットだからこそできますね
まあ直撃したら恐らく大破だと思いますので
ダメージ覚悟で脱出は当然でしょうか?

上位ロボットの恐るべき点は
機動力や装備の攻撃力だけではない
コンピューターが弾き出す的確な判断能力だ!
このナレーションはグリンとは思えません。
グリンがタイミングは完璧lだったとか
そんな事を思うとは思えませんので
後この解説の時ロボに髪が生えてるかと思った。

上を取られたから遠距離攻撃に移り
ビーム攻撃を狙うしかないから待機していたら
ロボットは攻撃をせずに魔力切れを待つと
今月とても素晴らしいと思った所の一つです。
そりゃ常時MPが減っているのが相手なら
攻撃して来ない場所で待機して待ちますよ。
だとしたら最初のビーム攻撃はロボットが敵に
接近戦を許す事になるので悪手だと思います。

いや、この時点では跳ぶとはロボ的に想定外で
ビーム攻撃をしてクロイツを接近をさせた上で
近距離からの剣による攻撃でクロイツを
終らせるつもりだったのかもしれません。
まあ翼生えているのに低空飛行ならば
跳ぶ事は無いとも思ってしまったのでしょう。

クロイツに魔力切れがあったのに少し驚きました。
まあクロイツ自体は骨なのですから
ベルジの魔力が限度の魔力なのでしょうかね?
その後のクリムがマジで可愛い、癒される。
それを見たベルジが必ず俺が守るからと
一瞬相打ちフラグかと思い次のページを見れば

風で月鉱石を削り破壊力の増す形状に変えると
更に工夫をして潰しに行こうとするのが良いです。
尻尾で投げましたがこれは腕は泳ぐ為に使う為
投げれるか微妙だったとかでしょうかね?
海に立てない状態になっていますから
安定の悪い状態の手で投げるよりも
尻尾から一直線に飛ばすほうが
的確に当ってくれると思ったのでしょう。

それを回避か排除か解りませんが(多分回避)
ロボットはミサイルを放っていて
月鉱石に羽を装着して当てると非常に良かった
しかし月鉱石を強化した後自由に操作できるので
大抵の高機動ロボに勝てるんじゃないかと思います。
今回のミサイルがどれ程の強さか知りませんが
あの月鉱石攻撃で大抵は倒せそうな気がします。

ロボットの道連れ行動
これが今月のバトルで非常に良かった所。
ロボットなんだから自爆ぐらいはするんですよ
人対人ならヨマぐらい勝利する気が無いと
道連れ行為何てできあいだろうと思いますが
ロボットなら普通にロボだからで道連れができ
非常に素晴らしいと思いました。
こういう相打ちにさせる展開が大好きです。
今度は自爆機能付きのも来て欲しいです。

突っ込んできたロボットを対処する為
海に沈んだ月鉱石を使って粉砕すると
最後の終り方も非常に良く素晴らしかった。
このバトルは最善の手を当然のように行い
その結果勝利するというのが素晴らしかった。

ベルジのクロイツの名前決定
フェーダードライって何語でしょうか?
外国語は本当に知りません
その後フラメアインス、シルトツヴァイ、ヌルと
ミト様が三つのクロイツの名前を出しますが
ヌルとは一体どういう意味かが気になります。

羽のクロイツという事は
魔力は一クロイツ一つなのでしょうかね?
コルクマリーの魔法使えるクロイツとかなら
無茶苦茶カッコいい気がしてきます。
ひっかく動作でカマイタチが飛ぶとか
あの巨体で見たら更にカッコよくなりそうです。
まあアレは確か剣技を奪うみたいだったので
出てくるとしても恐らく過去の剣技なのでしょう。

個人的にはまだ本編にすら出てない
盾などの魔法を出しとくのが良いかと思います。
タライ落したりテンション上げてくるのは想像できない
というかタライ落としのクロイツは災難過ぎる。
あの巨体で笑わせないと駄目だというのに
敵がロボットとか100%詰んでいます。
WWフレアとかが出るのでしょうかね?
アレはティトォが作り出したので別でしょうか?
内部に炎を送って焼くのが極悪過ぎるので
とても強そうなクロイツだとは思いますが
基本WWフレアは仲間が居ないと内部に入れて
焼くぐらいしかできませんから無理でしょうかね
クロイツがチームで戦うとは思えません。

ミト様はこれ以上時がたてば
大地は修復不可能な状態に陥り
ミト様の時間がないと何の事でしょうか?
生贄になってしまうという事でしょうかね?
ミト様は幼女なんじゃないかと思ったけど
全体を見たら幼女ではなく……少女でしょうか?
どっちでも可愛いから余裕でOKです。

父上母上兄上と
兄は実は生きてて敵フラグな気がします。
こういう時の兄って大抵敵だと思うので
まあジールボーイの兄が敵というのを
もうしていますからそれはないでしょうか

ベルジは戻ってきて余裕がありそうですが
アズラックは活動エリアから脱出と言い
ベルジがクロイツが倒しますからと余裕ですが
クリムによって一瞬で倒されると
まあ魔力が切れているのでそうなりますね

ベルジはシュウガが戦うんだよと
シュウガがドライに乗るのでしょうかね?
他にクロイツがあるのかと思ったのですが
ベルジの発言はドライと一体化という感じで
その後のシュウガのチは何なのでしょうか?
気付かれていたからのチなのでしょうかね?
シュウガがどうなるのかが楽しみです。
クロイツ探しにでてもおかしくありません。

倒れているベルジが何かを発見して
新手のロボットで青い光を放ち
アズラックが震えていると
これだけで強いんじゃないかと思えます。
そして解説で全てのロボットを支配せし
7色の機体のロボットを倒さねばならないと
7体って軽く3年ぐらいはかかりそうです。

しかし青はどうして攻撃しないのでしょうか?
天空に君臨せしと書かれていますし
補給場所の点検が仕事とかでしょうかね?
恐らく強いと思うので普通に攻撃すれば
終っていたと思ってしまいますが土塚先生ですし
青の機体は戦闘用では無いという説明が
来月ぐらいに入ると思っています。

最後の虹とこれがゼロクロイツの敵なのでしょう。
二巻の時点(恐らく)で倒すべきボスが登場と
これからどうなっていくのかが楽しみです。
来月はマジェンガに到着でしょうかね?
マルキスとか全員忘れてそうな気がします。
どうなるのかがとても楽しみです。

長くなってしまい眠くなってしまったので
清杉とBBBは明日書けたらいいかと思います。
両方15分ぐらいで書けそうな気がしますが
このゼロクロイツ感想で一時間30分ですし
まあ結構かかってしまうと思ってしまいます。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いていました。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる