ジャンプ35号 感想

 12ページのワンピいすは正気なのでしょうかね。桜吹雪装置が一番いらない気がするなあ。ワンシーンだけですよ。シーンを感知するというのは気になります。

ハイキュー!!
 田中が決めて1セット目を取ると、準優勝校を相手に1セット目を取りましたね。白鳥沢も全国上位クラスでしたし、全国上位になるとあまり差はなさそうでしょうか。
 鳥野に対応しつつありますし、稲荷崎は第二セットから更に脅威になってくるのでしょうか。

Dr.STONE
 今回は新キャラのスイカとルリが色々と詳しいことが判明し、製鉄の人手が必要になると、最初の製鉄でこれですしこうなると抗生物質が完成する頃には村の人間が大体仲間になっていそうな気がしますけれど、結構長くなりそうですかね。

HUNTER×HUNTER
 もし連載が10話までだとすれば後4話なのですね。今回は各王子の部屋の状況が明かされましたが、モモゼは暗殺できる状況でどう証拠を残して完全犯罪をするか思案していると、ここで誰か一人がヒマだと言ったら警護兵は全滅するのでしょうか。
 ハルケンブルグの護衛は復活していて手に羽が刺さっていると、これは自分の念獣の能力だったりするのでしょうか。幻覚でも見てるんじゃないかとも思ってしまいますが、倒れていたのが幻覚なのかもしれませんか。

 サレサレは母親に叱られているも、次の晩餐会で何かするみたいですが、今の所全く成功するとも思えないなあ。でも、念獣の力が周囲に干渉するタイプですし、その効果が巧いこと生かされたりするのだろうか。
  ルズールスはバショウと仲良くなっていて、タイソンは経典をイズナビに渡すと、一番やられてもおかしくない人ですが、護衛がクラピカの師匠というだけで大丈夫そうな気もします。運は相当いいのではないでしょうか。

 ツェリードは存在を知ってから数時間ぐらいで念を感じることができていると、王子ですし血族が優秀だと念を覚えるのも容易いのでしょうかね。色々異常なことやってたのもあって最初からある程度念が使える状態だったりするのでしょうか。
 チョウライは前回の引きだったので1ページで終わらず、私設兵を2名出向させてくれると、非常に優秀でも念能力ないので戦力にはならなさそうですね。

 カーミラは母との会話で普通に殺すことを話していると、普通に暗殺の条件を達成できそうですね。彼女も死にそうな気がしますが、第二王子ですし力はあるのでしょうか。護衛に念能力者が居るかどうかですかね。
 部屋に監視が増えてきて王妃に能力が使えることができないと推測し、まず小さな生物が存在しているのかが解らないと、強制絶は強いのですが寿命の欠点がキツいですね。そこまでしないと旅団とやり合えなかったのでしょうけれど、まだ出航から四時間ですし、何かしら起きて下に行けるようになれば虫も普通に居そうでしょうか。

 そして最後にかなりショックを受けているクロロが現れて終わると、他の旅団が別の所で待機しているのかもしれませんが、辺りに誰も居なさそうな辺り、何人かヒソカにやられているのでしょうかね。強化系とそこに近い変化系、放出系ならヒソカが不意打ちしてきても対処できそうですが、具現化系操作系はキツそうでしょうか。残ってる具現化系操作系ってシズクとボノレノフぐらいな気もしますが、カルトは操作系だったような気もしてきます。

 次回からは旅団が動くのでしょうか。まずクロロ以外来てるのかどうかですけれど、どうしていくのかが楽しみです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる