ジャンプSQ4月号 新テニスの王子様 Golden age209・210 感想

 色々と忙しくて物凄く遅くなってしまいました。もう4月なのですね。1クールアニメが終わったのだから当然ですけれど、もう今年残り9ヶ月ということに驚いてしまいますよ。来期の1クールアニメが終わったら半年終わったってことだからなあ。

Golden age209
チーム竹の最終兵器
 最初は日本側が天衣無縫と互角に戦うドルギアスに驚いていると、相手は世界代表の高校生だというのに、天衣無縫してる中学生の方が絶対に有利だと確信しているのがいいですね。普通に最強技の一つだからなあ。
 互角に戦っていることに驚くも、金太郎側は汗一つかかず呼吸も乱れてなく、プレーの質も上げていて、ドルギアスは脚にきて疲弊していると、天衣無縫の圧倒的な力の差を見せつけていますね。高校生の代表選手をシングルスで押していると、天衣無縫状態は世界レベルでも最強技でいいのでしょうか。ここからまだ平等院、鬼が居るのも恐ろしい。

跡部「素じゃ天衣無縫には勝てねぇよ」
 こんなこと言っている跡部ですけれど、これ普通にドルギアスと跡部が戦うことになったら、天衣無縫になれない跡部は天衣無縫と五分にやり合うドルギアスには勝てないだろうと思うしかなかったです。そう考えると試合をせずに上を行って終わらせてきたのは跡部的にもベストでしたね。まあ、実際試合してみないとどうなるかは解りませんが、跡部の技じゃドルギアスは厳しいだろうと思うしかないなあ。

 5-3になり、ドルギアスがラケットを破壊しているのを見て跡部が煽り、ラケットを投げようとして失格になると言われたので止めるも、観客からはブーイングが起こって終わると、今回は金太郎が圧倒する回でしたが、体力が無尽蔵な金太郎と天衣無縫は非常に相性が良さそうでした。

Golden age210
全てを敵に回して

 ドルギアスはオーストラリアテニス界への復習と弟の夢の間でずっと葛藤してきたと、衝撃波が凄まじいことになっていますけれど、天衣無縫相手に1ゲーム返すと、天衣無縫でも反応できないボールがあるんですね。ドルギアスも雷並の速度で動けていたりするのでしょうか。

 罵声を受けても1セット返したドルギアスを見て、オーストラリア代表達は応援を始め、観客達も歓声をあげて終わると、ここまでやってもドルギアスと金太郎の体力差とか、普通に考えて金太郎が勝つだろうと思ってしまうのですが、まだ身体能力が天衣無縫並というだけで技を見せていませんし、来月は技を発動したりするのでしょうかね。まあ、天衣無縫並の身体能力という時点で作中最強クラスな気もしますが、どうしていくのでしょうか。 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる