ジャンプSQ10月号 新テニスの王子様 Golden age192・193・194 感想

 前回はダブルスで三人処刑することで日本代表が勝利していましたけれど、今後誰か遠野とダブルスを組もうとする選手が現れるのでしょうか、遠野って処刑からの麻痺があるので一人を狙うシングルスの方が絶対に強い気がするのですけれど、ダブルスで二人居る方が処刑しやすいとかなのでしょうか。

Golden age192
勝ち目のない戦い
 ゼウス対白石になり、白石はオーラの塊であるゼウスに恐怖し、聖書が砕け散ると、完璧なテニスで戦う白石にとってはオーラの塊である全知全能のゼウスを見ると見ただけでこうなってしまうのですか。平等院とか幸村もオーラの塊のような気がするのですけれど、敵意を向けられているかどうかなのでしょうかね。
 白石が(俺のテニスじゃ世界では・・・)と考えていますけれど、最近はあまり能力的なトンデモ技は出ていない気もしますが、普通に凄い選手が多いので白石レベルでもかなり厳しそうです。円卓ショットと無茶苦茶な技がありますけれど、あれもただ回るだけだからなあ。

 聖書が砕け散った白石の前に種子島が現れ、あっち向いてホイで勝利したので先にやらせてもらうと、直前の選手変更も可能って、これは相性突けそうな気がするのですが、まあ、高校生VS中学生になったら中学生側が不利になるから変更可能なのでしょうか。
 ゼウス対種子島戦が始まり、種子島はどんな打球も無にして返すと、これでゼウスが何かしらの必殺ショットを使っていたとしても無意味ということでしょうか。こうなると能力抜きの普通のテニス勝負ですし、一番テニスしている選手は種子島なのかもしれませんね。

 種子島が優勢で進んでいるように見えて、スコアでは5-0でゼウスが圧倒していると、これ最初見た時、ゼウスがオーラを使って世界を変えることで、スコアを変更するという能力なのではないかと思ってしまいましたよ。ゼウスという名前ですし、世界規模の超常現象を起こしてきたとしても何らおかしくなったですからね。

Golden age193
『砂漠の果てに』

 5-0なのはゼウスの能力ではなく試合の全てを支配しているから攻められてるように見えて点は全て取っていると、明らかにボール転がってて点が種子島に入っているとしか思えない場面があるんですけれど、これも転がって止まった後、絵にはなっていませんがボールが浮いてゼウスが打ち返して点を取ったとかなのでしょうか。そこまでいくと能力でしかありませんが、ゼウス様ならそれぐらいはしてきてもおかしくないですよ。ゼウスという名前にはそれ程までの力がある。

 なんかステファノプロス兄弟が平然としてて笑いました。耐久力が高いのだろうかと思いましたが、遠野が弱っていたので処刑の威力はなく、デビルも麻痺状態だったのであまり威力がなかったとかなのでしょうかね。
 そして唐突に砂漠となり、それは疲労していた種子島のイメージだったと、スコアがゼウスが全部取っているのなら試合としては最速で進んでいてこれですし、ゼウスの能力で精神攻撃を受けているとかなのでしょうか。

 種子島はコートに座るという奇行を見せ、ゼウスは評価しながら打球を撃ち、種子島が打ち返すことができて終わると、名前の割にゼウスが思った以上に強くなかったのですが、日本ナンバー2の種子島が凄かったということでしょうか。

Golden age194
閃きテニス
 
 種子島が閃きテニスを見せ、ゼウスを相手に勝利する事ができると、ペットボトルのキャップを握りながらテニスをすることで本人にも解らない打球のテニスをすると、これって道具使用だと思われるのですが、キャップ程度ならアリなのでしょうか。まあ、二度打ちとかテニスの王子様でルールと違うことは今までもありましたけれど、キャップ使用がありなのかどうかは全く解りません。

 ゼウスは二度目は無いぞと言って終わりましたが、これは把握していたらゼウスだと何かしらの対策ができていたとかなのでしょうか。全部把握していたら支配するテニスができるとかなのでしょうか。相手がペットボトルのキャップを握っていると考えてテニスをするって、まず想像できない気もします。
 そして白石が目指すテニスを見つけられた気がして終わると、初戦から三連勝してすぐに次に行きそうなのは予想外でしたけれど、ここから後二回予選がありますし、本戦のことを考えると1戦目は早く終わってもおかしくないですか。

 次回の試合がどうなるのかが楽しみです。二位のスイスか、跡部と因縁があるオーストラリアか、どちらでも非常に楽しめそうです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる