ジャンプSQ9月号 新テニスの王子様 Golden age189・190・191 感想

 ちょっと世界大会過激過ぎやしませんかね。ギリシャ戦今の所毎試合血を出しているのですが、これでもギリシャ側はボールを当てたら涙を流す選手が居るだけまだマトモだというのが恐ろしい。精神がぶっ壊れた人とか、危険過ぎてヤバいですよ。

Golden age189
処刑の家系
 扉絵は処刑Tシャツを着た遠野と、このTシャツはかなり頭がおかしいですね。人目見ただけで明らかに危険人物だと解る。関わりたいとは思えない。

 最初は中学生の双子を処刑している遠野から始まると、一人だけ高校生だから圧倒的な力を見せつけていますけれど、前回泣きながら謝罪をしていた選手の試合からの処刑人は観客的にどんな気持ちで眺めているのでしょうかね。
 生き埋めの頭部にボールを叩き落とすのは相当危険な行為ですけれど、流血程度で済んでいる辺りが世界レベルの中学生なのでしょう。

 何か仲良くなってる切原と遠野で笑いましたよ。やっていることは極悪非道ですが、同じ殺人テニスプレイヤー同士非常に仲が良いですね。なんか昔アニメオリジナル回で切原がボールを当てる行為を自らの意思で止めた回があった気がするのですが、そんなこと今じゃ考えられませんよ。
 なんか苛立っている君島も面白かったです。普通にこのプレイスタイルが嫌いだったのでしょうかね、でも日本代表はトップが似たようなことやってるからなあ。平等院に至っては仲間だろうが容赦ないですからね。もしかしたら一度始末した人間が活躍しているのが気に食わないのかもしれません。

 他者を抹殺することに長けた処刑テニスが「最も惨めで恥ずべきテニス・・・」とか言われていたのにも笑いました。これは楽しみながら人に当てるのがアウトで、デュークとか圧倒的パワーの結果観客席に叩き込まれてダメージを受けるテニスはセーフなのでしょうか。平等院も光る玉によるものですしセーフだったりするのかなあ。

 そしてギリシャの双子が死刑執行人ステファノ一族の末裔だと判明し、遠野の動きが鈍ったので切原が応援したら電気椅子でぶっ潰されると、4ページ前が嘘のような唐突の処刑で笑いました。先月思いつきで全員処刑して終わりそうな気がするとか書きましたけれど、本当に全員処刑して終わりそうだったからなあ。

 電気椅子を当てておいて役立たずと冷静を失った遠野が叫び、ステファノプロスがギリシャ式処刑砲を日銭叩き込んで終わると、また「お皿がぁうぉえ・・・」って言っていましたけれど、これ毎試合遠野戦になると遠野が皿割られたりするんじゃないかと思ってしまいますよ。
 今回は処刑合戦でしたけれど、切原と遠野が仲良くなっていたのに即座にボール叩き込んで戦闘不能にしてた場面が面白かったです。
 
Golden age190
無様な生き様

 アオリの青い空、白い雲、赤い処刑台(テニスコート)で笑いました。この異常時にも真面目なアオリを書くことに熟れている感じがあります。
 回想で君島が優雅なティータイムをしていたらいきなり遠野がやってきて「俺の好きな死刑執行人ベスト10知りたいよな!?」とか言いながら語り始めてきたのに笑いましたよ。相当仲良い感じでしたけれど、君島の反応的に他のジーニアス10は聞いてすらくれず、邪魔と言いながらも聞いてくれるのが君島だけだったとかんじゃないかと思ってしまう。

 これは君島的にも始末してもおかしくないなぁと思いましたけれど、話は最後まで聞いていますし、他にも何か色々こんな感じで絡んできたりしたんだろうなあと思ってしまう。
 重傷を負いながらも遠野はステファノプロスの額にボールを当てて銃殺と言い、再度処刑が始まりましたが遠野は切腹を使うと、相手がダメージはないも動作を行なっていますし、ここら辺は能力の類なのではないかとも思ってしまうのですが、後半のことを考えると能力的なものなのでしょうかね。

 遠野の足掻く姿に切原は涙を流し、ステファノプロスの首が落ち、処刑が完了したことによって兄の全身が動けなくなると、威力関係なしに処刑が全部決まると相手を完全停止というのは非常に強いですね。ここら辺は能力だと思うしかなく、近いのはクラウザーの墓標を完成させることによる必中が付加されるサザンクロスでしょうか。
 まあ、条件が13の処刑を当てることでかなり厳しそうですが、威力関係なしなら結構楽に相手の行動停止ができるのではないでしょうか。

Golden age191
「悔い改めよ」
 
「弟も首を刎ねられたーっ!!」と全くテニスの試合とは思えない台詞に笑いました。観客の目には首が落ちる所まで見えているということなのでしょうか。
 髪が首をガードしていたから全身麻痺にならなかったと、ここら辺は完全に能力ですね。そして遠野に限界が来て倒れ、ワカメ野郎と言うことによってデビル化すると、ここで遠野じゃなくて兄弟を殺しに行く当り悪魔化を制御できているのではないでしょうかね。まあ、デビル状態でも遠野の処刑を覚えているので攻撃するのは危険だと本能で判断したのかもしれませんが。

 処刑人をゼウスが出したのには兄弟を悔い改める為と理由があったみたいですが、相手のオーダーが解るのかゼウスには未来予知能力があって殺人テニスが来るから悔い改めさせる為に兄弟を出したのかが解らない。ゼウスですし未来視ぐらい使えてもおかしくはないのですけれど、どのような超常現象を見せてくれるのでしょうか。

 二戦目は6-4の日本代表勝利になると、一ヶ月で終わると非常にスピードが速く、最後に遠野は切原を先に処刑させておくことでギリシャの処刑を受けさせないようにしたとかなりトンデモない推測をしていましたが、仲良かった後にああなったので理由があるのは解ると感じていると、その後すぐさまデビル切原にも電気椅子を叩き込んで否定したのに笑いました。先に味方が潰すことで潰されなくしたという推測もかなり酷いのですが、実際は処刑がしたかっただけとかその更に上を行きますよ。

 そしてシングルスになり、白石が出てくると、完璧なテニスの白石だと世界大会強豪レベルは厳しいのではないかと思ってしまい、そこからギリシャはゼウスが登場してきて終わると、これは日本代表的には中学生が相手の高校生最強の相手にすると負けてもまだアリのような試合な気もするのですが、次回はゼウスの強さが見られるのでしょうか。
 相手が相手なので白石が最初にやられて格が違うとかになりそうな気もするのですが、白石も合宿で何かを会得しているのかもしれませんし、次回がどうなるのかが非常に楽しみです。

 今月は一話で試合が終わり、処刑合戦だったので非常に面白かったです。今後このダブルスが見られるのでしょうか、ダメージ受けまくった切原が拒否するような気もしてきます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる