ジャンプSQ5月号 感想

 Dグレイマンのアニメが7月から始まると、アニメが終わった後からやるのだとは思いますが、大分年月空いたのにどうするのでしょうかね。最初の三話ぐらいは今までの総集編みたいな感じにしないと初見は入ることができないのではないかと思うしかないのですが、どうするんだろうなあ。

ToLOVEるダークネス
 御門先生の「こ・・・この私がこんな・・・!!」で笑ってしまいましたよ。なんで急に敵の幹部みたいなリアクションしているのだと思ってしまいましたが、まあティアーユで試そうとして顔面から胸に突っ込んでこられたら驚愕するしかありませんか。

 リトの力は完全に能力として認められ、御門先生も陥落しているかのようになっていると、これはもうハーレム王となるべく産まれたようなものだとしか思えませんけれど、リトが辛いのは社会人になってからだよなあ。痴漢で一発アウトですし、御門先生が言っていた解決法通りなら学生の内に一発ヤっておかなければならないというのは・・・まあ、リトなら余裕な気もしてきます。

大正処女御伽話
 毎月楽しく読んでいた作品で、特に問題もなく日常回で続けていくとばかり思っていたので、今回のラストは非常に予想外で次回が気になるのですが、ここから一体どうしていくのでしょうかね。
 今月のSQで一番次回が気になっているのは間違いなくこの作品であり、今までの日常があってこのラストは非常に衝撃的でした。後で死ぬほど後悔するというのがどのタイミングで考えているのか解りませんけれど、再開に相当の月日がかかるのでしょうか。一番危ないのは美鳥ですけれど、どうするんだろうなあ。

症年症女
 殺すのが簡単じゃないから即座に毒薬貰うのはあまりも出来すぎているので症女がなんか仕組んでいるのではないかとも思ってしまうのですけれど、これで症年が入れることができなかったとかではなければ殺すという行動を起こしたということですし、どうしていくのかが楽しみです。まあ死んでないだろうと思っているのですが、西尾先生なので普通に殺して話進めそうだとも思ってしまう。

プラチナエンド
 このタイミングで神候補の仲間が出てきて赤の矢を刺すように言ってきたのは良かったと思うのですが、矢は全部使っているので33日経たないと解除されないのなら33日待つ必要があるのでしょうかね。そうなるとこの謎の男に刺した赤の矢も解除されてしまいそうですけれど、期限を任意で解除できたのかもう覚えていません。

 球場で神候補捜索に14人動かしていると、こうなると他の神候補のことも判明しているのでしょうか。見た感じ一番危険度の少ない二人を狙ったのか、理由があるのなら次回赤の矢で解ると思いますし、どうするのかが楽しみです。

帝一の國
 帝一も幸せに終われましたし、最後に負けそうになったから一瞬で自ら敗北を選ぶことで全部手に入れたと、本来ならそのまま勝つつもりだったというのが帝一らしくてとても良かったです。この締め方もあって非常に綺麗に終われたのではないでしょうか。

 帝一の國は二年生編で新入生が入ってくる回が一番面白かったなあ。なんかどいつもコイツもインパクトがあって、ページめくる度に笑っていた記憶があります。

 毎月SQは非常に満足しています。症年症女は話的に長く続かなさそうな気がするのですが、どうしていくのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる