ジャンプ21・22号 感想

 もう合併号だということに驚きました。もう後一ヶ月もすれば今年始まって半年経ってしまうのですね。
 相当アニメオリジナル回をやっていたナルトのアニメが遂に終わりそうですが、アニメが終わった後はボルトになるのでしょうかね。

ONE PIECE
 壊滅だけでニュースが終わっているので命は無事と、それでも黒ひげがCPと衝突して逃走しているのなら、革命軍側が黒ひげ達を相手に厳しかったのでしょうかね。まあ、今の黒ひげがどんな集団になっているのかも解りませんし、革命軍側も幹部連中が揃っていなかったからでしょうか。
 ジャックは能力者でも海に沈んで生きていると、歯的に魚人だったとかなのでしょう。魚人が悪魔の実を持つと動けないも生きるというのは良いと思うのですが、水中で有利になれる利点が完全に消えてしまうのが痛い所ですね。ビブルカードがありますし、すぐに回収されそうですね。ドフラミンゴ戦でやられた時も海に沈めたから死亡したとしたのでしょうか。

 カイドウ側になりましたけれど、本当にカイドウは傘下に入りたくない存在だなぁ。助言したらぶっ飛ばされると、傘下に入ったとしても無事じゃ済まない可能性の方が高そうだ。
 そしてキッド牢に入れられていると、アプーは部下になっていそうでしたけれど、ホーキンスはどうなったのでしょうかね。超新星は四皇の傘下に入ったり倒されたりしているのが多いですが、新世界編に入って詳細解らないのはドレークとウルージぐらいでしょうか。ウルージはカイドウと接触はしていましたが、何もなさそうでしたね。

 ルフィ達はルフィが食糧全部使って初日から食糧の危機と、いきなり食糧なくしてくるのは船長としてヤバいだろうと思うしかありませんけれど、食糧手に入れる為に何かするのでしょうか。
 最後にサンジの結婚相手が美人で終わると、これはもうサンジ完全に終わったのではないでしょうか。問題はこの写真が合っているかどうかですけれど、四皇の立場でサンジを騙すとも思えませんし、本当だったらサンジどうするのでしょうか。

ハイキュー!!
 戸美の戦法は別にいいのではないかと思うのは今までのジャンプスポーツ漫画の悪役が監督にテニスボール叩き込んだり、バスケのチームプレイで転ばせて肘を叩き込んだりと、相当ヤバい連中だったからな気もしますけれど、エースの沼井は卑怯だと言われるのが嫌いだから実力で決めて終わると、それでも負傷していることもありますし、音駒が二セット取って終わるのではないかと思ってしまう。もうなんか毎週そう書いている気もしますが、三セット目行ったらどうなるのでしょうかね。

HUNTER×HUNTER
 いきなり天空闘技場が出てきた所に驚きましたけれど、クロロVSヒソカ戦をここでやってくるというのは予想外でした。まあ、暗黒大陸編になるとクロロとヒソカの話なんてできなさそうですし、行く前に決着着けるか暗黒大陸を絡ませてきたりするのでしょうか。
 クロロはフロアマスターになっていたのですね。まあ、未熟な念能力者ばかりなので能力を集めやすそうな気もしますが、何かしらフロアマスターになった理由とかあるのでしょうか。

 クロロは即座にブラックボイスを使ったり、サンアンドムーンと審判を爆破させて能力の説明をし、そこから栞でページの能力を維持し、開いたページの能力を併用すると、両手で使う能力の為に誓約をつけて得たのが栞と、誓約は詳細を相手に全部話すでしょうか。カウントダウンもそうでしたけれど、能力詳細を話すはかなりのリスクを負いますが手頃に付加できる強誓約とかなのでしょうかね。相手が知っていたら誓約だけが残りますし、教えても対策されるまえに倒してしまえば問題なさそうでしょうか。

 そこから更に三つ能力を見せると宣言しましたけれど、これも旅団の誰かの能力だったりするのでしょうか。新能力なのかもしれませんし、3つというのは今のクロロの計算ですし、追い込まれたりしたら四つ目五つ目を出してくるのでしょうか。それも栞の誓約とかで無理とかなのかもしれませんし、次回からどうしていくのかが楽しみです。
 しかし今の所ヒソカが全く勝てる気してこないのですが、あの2つの能力で一体どうするのでしょうかね。新しい能力でも見せる以外に勝ち目なさそうですけれど、勝敗つくかどうかも今の時点では解りませんか。

ワールドトリガー
 初っ端の余裕ありそうな修で笑ってしまいましたよ。三対一の状態でここまで余裕が持てるとは、半年ぐらい前には考えられなかったことでしょう。
 遊真と柿崎隊の場面はワイヤーの動きが捉えられないのでワイヤーを斬ることにして、そこを狙ってグラスホッパーで上に飛ばし、千佳が狙撃すると、柿崎隊はまだ見ていないので巴がシールド張ってから鉛弾で即座にやられてしまうと、これはキツいなあ。鉛弾狙撃で動きが止まったら遊真が即撃破の流れが恐ろしすぎる。

 千佳を狙おうとするも香取は修が一番うざくて一番落としやすいから纏めて倒すと、一番落としやすいから一番うざいんだろうなあと思いながら、そこから修が赤いワイヤーを出し、普通のワイヤーに注意するように指示したら足を狙うワイヤーによって香取が転んだ場面で笑ってしまいました。この二回転びを今後ログで何度も見られることになるとか、相当恥ずかしいのではないかと思ってしまう。
 ワイヤーに何か仕掛けがあると出水が言っていましたけれど、赤いワイヤーを目立たせて、普通に視界から見えるワイヤーと、足下の死角に見えにくいワイヤーを仕掛けていたとかなのでしょうか。

 照屋が千佳を狙おうとして終わると、流石に柿崎で今のワイヤー遊真に勝てるとは思えず、香取隊も香取が片足飛びましたし、千佳も迫られた場合の対処は何かしらあると思われるので、例え修と千佳がやられても玉狛第二が8点取りそうな気がしますが、次回は柿崎隊と遊真千佳の戦いになりそうでしょうか。

BLEACH
 「少し老ける」で笑ってしまいましたよ。何なんでしょうか、日番谷、あの体型は普通に好きだったのでしょうかね。
 
 大人化してもやってることは凍らせて終わりで笑ってしまいましたよ。いや、規模は違うのでしょうけれど、成長しておいてやっていることはいつも通りで普通に驚いてやられそうになり、剣八が転ばせ、日番谷がそこから再び凍らせ、白哉が大技でトドメをさすと、結構連携とれいてたのが良かったです。
 これで決まればいいのですが、奇跡の人も力全部出しましたし、これで決着でしょうかね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる