ジャンプ20号 感想

 ハンターが遂に再開されましたね。前回が2014年の8月と、ほぼ二年経っていたのですね。今週で次の単行本分の話数だと思われますし、前回の内容の記事もなくそのまま再開していたので速く新刊が出て欲しいものです。

ONE PIECE
 マリージョアへの到着予定が明かされていませんし、ローグタウンにステリー王が居たりするので、レッドラインを越えずに普通の海路でマリージョアへと向かうのでしょうかね。エターナルポースがあれば結構短かったりするのだろうか。
 世界会議の説明が入りましたけれど、会するのは50国だけなんですね。大海賊時代ですし、50の国が集まれるというだけでも重大なのでしょう。
 ドラムが参加しようとしていますけれど、倒した敵キャラが本編に出てくるというのも珍しいですね。バギーぐらいしか再登場していないのではないかと思ってしまう。アニメではフォクシーが再登場したみたいですが。引きずり落とそうと企んでいましたけれど、ルフィの知り合いだと判明したらリク王達が動くかもしれませんし、全く巧く行くとは思えないなあ。

 最後に革命軍の総本部バルティゴが壊滅状態と、もう黒ひげ達との戦いをやったということなのでしょうか。回想とかで戦いが見られるのかもしれませんが。まだ明かされないとかなのでしょうかね。革命軍がどうなったのかは明かされていませんし、どういう結果となっているのかが楽しみです。

TRANSCEND・GAME 遊戯王
 (冥界……!!)(来た!!)の海馬の面の凶悪さがいいですね。どんだけアテムを待ち望んでいたのだと思ってしまいます。そこからの「行くぞ!!全速前進だ!!」と「海馬瀬戸サマのバトルシップだ!! 意識高けぇぇぇ~!」で無茶苦茶笑いました。意識の高さが力になるVR世界だと意識高すぎる海馬は最強だろうと思うしかない。

 海馬はアテムを追い求め、高次元へ行こうとするもここから先は危険とプラナが止めに入りましたけれど、そりゃ冥界に行こうとしていたら危険過ぎますか。青眼が非常にカッコ良く、決闘者として思考を研ぎ澄ましているから意識コントロールが可能で、攻撃力を上昇させていき撃破すると、3000という元々の数値なら意識しやすそうですし、非常に海馬らしい勝ち方でとても良かったです。

 そして海馬はアテムにトドメを刺すために突き進もうとして、青眼から出てきたキサラらしき女性が止めてくれると、この前後半での海馬社長の執着を見ていると、映画ではアテムと戦ってもいいのではないかと思わずにはいられませんけれど、映画でどうしていくのかが非常に楽しみです。

HUNTER×HUNTER
 前回が前回だったので内容をかなり忘れていましたが、こういう時は感想ブログやってて良かったと思います。

 前回は依頼が六件あったと、その中からどれか選ぶのかと思っていたような気もしますけれど仲間達を使って六件全部の依頼を受けるというのが良かったです。しかし、身体能力が高いハンゾーと師匠キャラであるイズナビとビスケは強さが解りますが、バショウとセンリツは厳しいのではないかと思わずにはいられません。まあ、バショウはかなり戦闘に特化されている念能力でしょうし、厳しいのはセンリツぐらいでしょうか。まあ、聴力がいいので敵意とかをすぐに読み取れそうな気がしますし、危険度は少なそうな気もしますが。

 クラピカは接触できる位の距離までいくと精度が増した能力で何とかなりそうですけれど、あのダウジング能力でそこまで読み取れる能力なのでしょうか。他の鎖を工夫するのか、どうしていくのだろうか。
 そしてビスケともめそうになったから、何でもするクラピカが口説いて一発で陥落すると、これは本当にキツそうですね。ビスケがここまでになったらもうビスケの所は大丈夫な気もしてきます。

 クラピカはツェーリドニヒと共感できる仲のハルケンブルグを狙い、実際はワブル王子でハルケンブルグ王子だと予想して来た者を狙っていたと、そこから殺し合いの旅だということをクラピカが知り、報酬の話になってクラピカが条件を出し、壺で終わると、次回は一体どうするのでしょうかね。他の王子の話をするのか、別の誰かの話をするのか、どうなるのか楽しみです。

ワールドトリガー
 香取の「何これ!?」で笑ってしまいましたよ。本当に何にも知らないんですね、これ前回那須隊にやられたのもトマホークとかメテオラ熊谷の動きが予想外でやられたとかなのではないかと思ってしまうのですけれど、流石にそれで負けて次の試合で情報収拾をしないということもないでしょうか。

 大砲の容赦のなさが絵でよく解り、千佳を狙うなら修のスパイダーエリアに行かなければならず、柿崎隊は香取隊が千佳を狙う為に動くのを待ち、香取隊は動くしかないから千佳を狙いに動くと、ここで千佳がどちらの方向にどちらの隊が来るかを二人に告げて、香取隊は修を、柿崎隊を遊真が狙うと、この場面での遊真が非常にカッコ良くて良いですね。ボス感が出ています。
 そしてスパイダーを張っているだけだというのに冷静な修が今までの戦いから別人にしか見えず、柿崎はメテオラでスパイダーを弾き飛ばせるので、千佳が落ちるのを待っていると、これは千佳は修の所で狙撃して時間を稼ぎ、遊真が6点決める感じになりそうでしょうかね。

 柿崎の腕が潰れて次回になりましたが、今回の修達は全員倒してプラス生存点の最大点である8点を狙っているのがいいですね。失点よりも得点が大事と、誰か一人残れば生存点が入りますし、今の所遊真が止まる気しないので、柿崎隊どうするのでしょうか。アオリとかも完全に柿崎隊が主人公ですけれど、次回ぐらいにはやられていそうな気もします。

ハイキュー!!
 今回は山本活躍回と、煽りも無視できるようになっていますし、このままストレートで勝ちそうな気もしますが、戸美も終盤になって何かしらしてくるのでしょうかね。堅実に押している感じがしますし、ここからどうするのでしょうか。

BLEACH
 ジェラルドが完聖体と本気を出し、剣八は自らの力に耐えきれず倒れてしまうと、そこからの氷の華が散ることで大紅蓮氷輪丸は完成すると、なんか成長した姿を晒して終わりましたけれど、今ここで卍解が完成したから何なんだよと思わずにはいられませんでしたよ。
 剣八とか明らかに卍解以上の状態になっていると思うのですが、まあ、日番谷はあの肉体で隊長をやっていることが才能と言われていた気がしますし、それが成長したら隊長の中でもトップになっているのでしょうか。今の所、成長したとしても全く勝てる未来が見えない。次回の活躍がどうなるのかですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる