ジャンプSQ1月号 感想

 次回はめだかボックスのタッグが新連載と、最近のSQは色々と非常に楽しめています。

プラチナエンド
 今回は白の矢という絶対に殺せる矢が使えることが判明しましたけれど、ナッセは特級天使ですしまだ何かしら持っていたりするのでしょうかね。
 前回赤の矢しか使えないから適当に選んで抜けると考えていた天使が本当にすぐ抜けたのは良かったのではないでしょうか。あの引きだと何かしら強い奴が赤の矢を使いこなすのかと思ってしまいましたが、13人の潰し合いという状況で真っ先に一人減らすための前振りだったということでしょうか。普通の人間なら目立とうとも思えませんが、こういう理由があるとTVにも出てきたりしますか。

 殺すことを楽しんでいる奴が現れて終わると、暫くは彼が敵となるのでしょうか。二話目で一人が消えて色々説明をしてくれると、相変わらず巧いと思うしかないのですが、今の所明日が相当強いだろうと思うしかないです。

ToLOVEるダークネス
 幼女に全てを知られるというリトの状況は凄まじいですね。そこから本人を前にエロい幻覚を見せてくるのも凄まじい、リト並の精神ではなければ確実にどうにかなっていたでしょう。
 春菜と会ったのでネメシスが操作することで抱きしめ、その後元に戻ってから統べることでパンツを脱がし、カメラで連続撮影に入るというコンボを叩き込むと、このトラブル現象を間近で見て興奮しているとネメシスに笑いました。何もしてないけれど自然と起こしてくるリトも相当です。

 これからもネメシスとの共同生活となりそうですけれど、ネメシスの問題も解決しましたし、もうダークネスとしてやることが何もなくなった気がするのですけれど、普通に日常回をしていくのでしょうか。それでも非常に楽しめます。 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる