ジャンプ51号 感想

 ドラゴンボール超の漫画では新章の話をすると、人間五人選んで勝敗を決めるって、ここから更に新キャラを出してくるのでしょうかね。ビルス側は悟空とベジータ以外どうするのでしょうか。

食戟のソーマ
 結局叡山がやる気になっているのですけれど、創真は審査員に対しては何も対策用意してなかったってことになるのでしょうかね。それは流石に何も考えてなさ過ぎると思うしかないのですけれど、勝負開始前ぐらいに何かしらするのでしょうか。
 叡山がやる気になったとしても今の状況だと一番倒されてもおかしくない人ですし、普通に倒されて終わるのでしょうかね。これが初の十傑との食戟ですし、普通に強いのでしょうけれど、ここから強いと思わせてくれることができるのだろうか。

ハイキュー!!
 山口のサーブで追いついてきて、焦っている五色に対しての牛島がいいですね。そこからのサーブで牛島が決めてマッチポイントと、ここから一体どうしていくのかが楽しみです。月島も戻ってくるでしょうけれど、次の巻頭カラーでどうなるかですね。

ワールドトリガー
 二宮が出水に頭下げて弟子入りしたと、弟子入りしたというのは那須隊戦を見ていた際の会話では考えられませんでしたけれど、技術を覚えたのでその後も普通に仲良くなってた感じなのでしょうかね。この場面の出水は凄く強そうですけれど、普通にA級一位の一人ですものね。

 修は木虎に頭を下げ、スパイダーとワイヤーを使うトリガーを教えてもらうと、あるだけで意味があり、相手に当てる必要がないので仕掛けることは問題ないと、新たな力としてはかなり地味そうですけれど、そこから次の試合を楽しみにしているというのが良かったです。千佳も新トリガーを入手しましたし、今の状態だと相手次第ですが普通に勝利する事ができそうだと思ってしまいます。

 ここからはランク戦を入れながらネイバー襲撃なのでしょうかね。どちらにしろ非常に楽しみです。

BLEACH
 お花は七緒の刀を隠す為にお狂を産んだって、ちょっとよく解らないんですけれど、女性型なら産んで二刀にすることができるということなのでしょうか、それはそれで凄まじいですね。

 神剣と神々しそうな武器がでましたが、対神性能があるのなら勝てるのだろうか。流石に前に総隊長の霊圧で震えていた副隊長ですし厳しいような気もします。

カガミガミ
 終わりましたね・・・。岩代先生は前々作みえるひと、前作サイレンと毎週非常に楽しめる作品を見せてくれたのですが、カガミガミは微妙だったと思うしかなかったな・・・。主人公の恭介が最初の時点で強すぎたのかいけなかったのでしょうかね。まあ、今までも身体能力は高いも能力を扱いこなせていない主人公でしたし、今回は普通に強い主人公でいったのかもしれませんでしたけれど、そのせいで敵側が全く勝てる気がしませんでした。

 序盤も恭介の守る存在ということもあって必要性は解るのですが、いきなり学校に行った方が良いといって学校に行ったり、あんまり緊張感がなかったのも微妙だったのでしょうか。それでも戦闘場面など色々と楽しめましたし、式神協会メンバーが出た時は盛り返してくるのかと思いましたけれど、その後はトーナメントでしたからね。

 次回作を楽しみにすることにしますけれど、巻末コメントとか見るとジャンプで書くのだろうかという不安が出てしまいます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる