ジャンプSQ12月号 新テニスの王子様 Golden age165・166・167・168 感想

 今月やけに見開き多い気がするのですけれど、テニスの王子様だといつものことのような気がしています。それでも今月号は4回やっているので、流石に多いと脳が思ってしまったのでしょうか。

Golden age165
第六感
 能力共鳴を引き起こし、新たな超能力が生まれた様だとボルクが言っていましたけれど、新たな超能力をすぐに把握できるのは流石プロ無敗というべきなのでしょうか。
 そして見開きでの『第六感』かは、前回も似たようなことやってしまったので、このままいくとギャグ回が来た時も何かしら異常な光景を見て見開きで命名とか許斐先生ならやりかねない気がしてきました。とりあえず見開きで説明するのはボルクの芸みたいになりそうですけれど、これって技名もつけてくれるのでしょうかね。

 大番狂わせを起こせるかもしれないと言って終わると、第六感は強力といえば強力ですけれど、相手の動きを完全把握できたとしても、それぐらいスペックで対処してくる人間がかなり多いのですが、それでも徳川と幸村の能力値なら可能ということなのでしょうか。

Golden age166
一瞬先の未来

 能力共鳴と聞いて切原が徳川の発言に動けなくなったことを思い出すと、そういえばそんなことがありましたね。幸村先輩に似たって五感奪われたとかじゃなくて、能力が近かったから切原がそう感じたということですか。
 そしてQPは手塚に対してキミの能力に興味を持ったからTPに選んでいると、手塚の能力って回転の操作とオーラで十分人間離れしていますけれど、ボルクと能力共鳴したりするのだろうか。ただでさえどうしようもないのに、これ以上どうしようもなくして一体どうするのでしょうかね。

「面白ぇ俺の処刑と君島の交渉も…」
 最初なんで遠野が君島に話しかけているのだろうかと思ってしまったのですが、よく考えれば彼等ダブルスパートナーでしたね。よく切り捨てられた君島に対してフレンドリーでいられるなあと思いましたけれど、潰したことは知らなかったんでしたっけ? それにしても処刑と交渉って正反対な能力ですけれど、これで何をどう共鳴できると思ったのだろうか。交渉から処刑の時点で凶悪ですよ。

 幸村はボルクの動きを完全に読むも、打球の回転によってラケットが吹き飛ばされて終わると、これでも真田の雷はラケットに穴があくのでヤバいのですが、対策として持ち手で打つという方法がありますし、この回転だと持ち手でも回って弾かれるでしょうし見た目のヤバさは雷ですが、雷よりはテニス技として威力があるということなのでしょうか。

Golden age167
プロの洗礼
 
 ボルクの渦巻きの洗礼が炸裂してラケットが吹き飛ばされると、これはボルクも手塚のように回転操作ということでいいのでしょうか。ブラックホールで止めてから打っても回転自体は残っているからかラケットは吹き飛ばされると、ブラックホールで返したらテニスでなくなりますし、ラケットで返さなければならない以上あの回転を受けるということですか、普通のテニス技として単純に返せないという恐ろしい技ですね。

 飛んだラケットをリョーマがキャッチして終わると、アメリカの服着ている辺りが完全に敵対しているということを見せていますね。下手したら平等院に狙撃されかねませんけれど、公共の場でそんなことはできませんか。

Golden age168
宣戦布告
 
「米国と当たったら今の日本じゃボロ負けっスよ」
 リョーマが完全に敵となっていますけれど、あの一軍上位達の実力を見て挑発だからなのかもしれませんがリョーマがこう言っているので、米国代表達も余裕で人知を越えていそうですね。
 
 後一点で終了という絶体絶命の状況で勝負はこれからだと言い、見開きのテニスコートで終わると、完全に最終決戦のような終わり方でしたけれど、プレW杯もこれで終わりですものね、次号で決着が着きそうですけれど、どうなるのでしょうか。

 試合数は三試合でしたけれど、一年以上もかからずに終わりそうですかね。ここからは修行となるのか、跡部とかの他外国の話になるのか、本戦に行くのかどうなるのかが解らず、非常に楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる