ジャンプSQ10月号 新テニスの王子様 Golden age157・158・159・160 感想

 今年も後四ヶ月となりましたけれど、プレW杯編はこれが最終章ですし、来年には新章に入っているのでしょうかね、本戦ではないのでどちらが勝つのかが解りませんが、ボルクのスペック的にドイツが負けるとも思えません。

Golden age157
1ゲームの代償
 ボルクがこれからギアをあげてくるので狙うはジークフリートと、ブラックホールを使ってポーチに出ていましたけれど、ブラックホールでガードしながら別方向を守りに行くというのはかなりやりたい放題やっていますね。
 そして五感を奪われていたのでどうなるのかと思っていたフランケンシュタイナーはブラックホールの隙間を狙ってくると、ブラックホールの精度は平等院の攻撃を防ぐほどに強大ですけれど、隙間狙われる弱点はかなり致命的なのではないでしょうか。まあ、平等院戦の時は撃った際ですし、今回はポーチとして使おうとしたので弱点ができてしまったということですかね。正確なショットなら結構なテニスプレイヤーができそうですけれど、相手の打球に対して正確なショットを打てるのは稀なのでしょうか。

Golden age158
テニスサイボーグ
 
 フランケンシュタイナー君、眼が怖いですね。老け顔中学生とは別ベクトルで中学生には見えません。
 徳川は大量のブラックホールを出すことで隙間を埋めることでフランケンを避けさせ、そこを狙うもボルクが返球してくると、ここら辺は普通にテニスしていますね。いや、ブラックホールの時点で大概ですけれど、それでもブラックホールを入れてもなおテニスが普通にできる辺り、これがボルクの実力なのでしょう。

 そして最後に幸村の五感が奪われて終わると、巧いテニスを見たらなるという能力的にはそうなる可能性もあるのでしょうけれど、徳川からしたら五感奪う能力者が五感奪われてるって正気ではないですね。これでも幸村は鏡眼の件があるので幻覚でくるのかと思ってしまいましたけれど、味方側の徳川が驚いているので違いますか。

Golden age159
犠牲者

 幸村が五感奪われていますけれど、「幸村くん」って呼ばれているのは新鮮ですね。徳川さんはどっかの海賊と違ってちゃんと先輩できています。
 徳川が取った行動はブラックホールを幸村の前に作って一人でラリーをすると、ダブルスやってる最中に一人棒立ちで前にブラックホールが盾となっている一コマの異常性が凄かったです。

 義では世界を獲れんと平等院が言って鬼が怒り、平等院は義で世界を獲れることを証明すると徳川が言っていたことが判明すると、これは流石にハードすぎる気もするのですが、ダブルスパートナーが五感奪われてしまうとこうするしかないですね。手塚ならゾーンやファントムで普通に対処できそうな辺りがヤバさを感じます。

 それにしても鬼が「幸村を守るのは無理だ!!」と言っていましたけれど、守れているのは幸村の守備エリアではなくて正面限定なので、この守るというのはポイントというよりもドイツによるプレイヤーへの直接攻撃のことを意味しているのでしょうかね。今の所は特に技がなく巧いテニスを見せるボルクとフランケンですが、棒立ちだとボールを当ててくる可能性もあるのでしょうか。

Golden age160
記憶の声

 制限時間を越えれば選手生命を縮めるブラックホールを乱発していることに不二たちが唖然とし、幸村の場面になると、五感を奪ってきて、その先を自身が見ることによって恐怖していると、そりゃテニスで五感なくなったら怖い以外何も出てこないですよ。真田戦で幸村はそこからボールを当てましたからね、やっている側は楽しいだろうと思うしかなかった。

 そして幸村は克服することに成功した越前のことを思い出し、「テニスって楽しいじゃん」という言葉を思い出して終わると、これで天衣無縫となりそうですけれど、実際の所楽しいから克服できるという解決法があったとしても、五感奪われている状態でテニスを楽しめるかどうかというのが問題ですね。解決法を知っていたとしても、五感がない状態で何かを楽しむなんて相当な精神力がないとできませんよ。ボールをあげてもそこから行動できませんし、テニスをやっているのかどうかすら曖昧な状況ですからね。

 次回は天衣無縫発動となるのかが楽しみです。今月はボルクとフランケンが普通にテニスしていたのであまり書くことがなかったです。ドイツ代表が技を見せないのはプレW杯だからなのでしょうかね。それとも普通にテニスが巧いと能力に対処できるということでいくのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる