戦姫絶唱シンフォギアGX EPISODE6 抜剣 感想

 第一部完!!と放送後のCMにありましたけれど、まだ半分で一部終わらせてしまうという速度も凄まじいですね。次回からは一体どうするのかと思ってしまいますけれど、色々残していることもありますし、後7話の後半戦でどうなるのかが楽しみです。

 五話の感想は間に合いませんでした。調が非常に良く、最後に強化型ギアを纏った翼とクリスのデュエット曲が入ると、他のメンバー達でも二人で歌ってくるというのが新しくて非常に良いですね。そして6話のニコニコ動画でのコメントを見るまで気付きませんでしたけれど、その曲は二期で歌っていた二人の曲に似た歌詞になっていると、二期でのことを三期で生かしてくるのには感動するしかありませんでした。

 男共は見るな!と言われながら始まった本編では二人でノイズ達を圧倒してニカまで攻撃を加えようとしたらキャロルが出てくると、翼がその体で戦うと言ったものだと言っていましたけれど、その響対しての魔法攻撃を見ると体型関係ないよなあと思っていましたが、ダウルダヴラのファウストローブによる変身で大人形態になってくると、これはもしかしたらCD最後の人はキャロルになるのでしょうかね。今の未来がギア纏えるとは流石に思えませんし、可能性として一番高いのはキャロルなのでしょうか。未だに風鳴弦十朗があるのではないかと思ってしまうのはまだ解禁がされていないからですね。可能性は、あるかもしれない。

 これぐらいあれば不足はないだろうと成長したキャロルが自らの豊満な胸を揉んだ所が防盛に対しての挑発にしか見えずに笑い、それに怒った翼さんで更に笑いました。いや、彼女達は真面目にやっているのでしょうけれど、その後のクリスの張り合う発言といい、明らかに胸のこと言っていますよ。胸を見せつけてからの怒りの防人には笑うしかなかったです。

 竜巻やドリルというボスに相応しい圧倒的力量差を見せつけ、クリスと翼はイグナイトモジュールを抜剣させると、モジュールのコアにダインスレイフを使う事で暴走状態にすることで強化すると、ダインスレイフ使っている辺りが明らかにヤバいのですが、今回の話で制御できたということなのでしょうかね。それでも色とか禍々し過ぎますし、後々何かしら影響が出てくるのではないかと思うしかありませんよ。

 翼の回想が入り、ライブの観客が全員ノイズで父に認められず奏も崩壊していくと、クリスも調と切歌が倒れている場面を見せられて、不発に終わり、それを見たキャロルがトドメは刺さずにやる気を出させる為ノイズをばらまいてくると、仕留めに来ずにノイズを出したりする辺り、今までのことからもキャロル達は奏者の強化を求めていて、そこから何かする気なのでしょうかね。それでも今回キャロル倒されましたし、あのキャロルとは別のキャロルが居るとか、倒されることは計画通りでエルフナインがボスだったりするのかもしれませんが、これぐらいの予想は余裕で上回ってくるのがシンフォギアです。

 響が加わったことによって暴走を制御することに成功すると、黒きシンフォギアの見た目も良かったのですが、そこから一話で流れたRADIANT FORCEのイグナイトバージョンが非常に禍々しくて素晴しかったです。二期の時点で色々やってしまった為三期どうするのかと思っていましたけれど、暴走を制御した状態での歌とか、凄い発想です。

 キャロルを撃破し、響が理由を聞けば思い出を消費したからなのか忘れたと答え、そのまま炎に燃えて自害すると、これは響からすればかなりショックな出来事となりそうですが、次回以降どうなってしまうのでしょうかね。
 そしてCMで第一部完!と、正にその通りなのですが、1クールアニメの6話ですよ。 残り7話で二部を開始する辺り勢いがあって良いのですが、どうするのでしょうか。オートスコアラとか用語集の所にはあるも一切出番がないレイアの妹とか色々ありますけれど、どうするのかが楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる