ジャンプSQ9月号 新テニスの王子様 Golden age153・154・155・156 感想

 今回は巻頭カラーと、表紙といい見開きといい、もうリョーマの居るアメリカ代表が主人公のようですね。このメンバーだと日本代表と戦った時にどちらが勝つのか全く解らなくていいのですが、本戦で戦うことになるのでしょうか。

Golden age153
SUMMER DREAM
 アメリカ代表の相手がツベ共和国で30周年を迎えた国と、TUBEっていうバンドの存在を私はあまり知らないので、30周年と書かれていてもこの時点では何も気付きませんでした。
 シャワー室の扉をツベ共和国が固めることでアメリカ代表が試合に来ず、リョーマだけ単独行動をしたことによって会場に着くも、エキビションに出場出来なければ本戦も出場資格を失ってしまうと、アメリカ代表はラケットとボールがあれば扉ぐらい余裕で破壊できるのでしょうけれど、シャワー室という場所なので持っていないのでしょう。テニスとボールがなければ普通の人間ですし、シャワー室に入った所を閉じ込めるというのは良い作戦ですね。

 そして最後に係員のオリバーにユニフォームを着せようとして終わると、結構ピンチな状態でしたけれど、シャワー室行ってなかったらあのアメリカ人代表達をどうすることもできていなかったような気もします。

Golden age154
ガラスのメモリーズ
 
 係員のオリバーは高三で相手はノブテールとハルハータと、(ああ~~夏休みってか)があまりにも唐突で笑いました。非常に有名ですけれど、許斐先生は一体何をどう考えたらこんなコラボやっちゃうのでしょうかね。
 明らかにやられ役としか思えないツベ共和国ですが、ハンデとして甘い球をやった際のリョーマの右手ドライブBに反応できる辺り、中学全国区並の強さはあるのでしょうかね。

 この回はあまりにも唐突で笑いましたけれど何を書いていいのか解らないですね。煽りの「テニスよ逃げないでくれ~」とか、書いている担当の人は非常にノリノリでやっていますよ。

Golden age155
さよならイエスタディ

 オリバーはただの係員だと思っている中、回想でアメリカを支えてくると言ったことを思いだして闘志を燃やし、リョーマが回転をコントロールしてオリバーに打たせることでポイントを取り、アメリカ代表が到着したので「TUBEさん30周年おめでとうございます!!」で締めると、巻頭カラーでコラボして半分以上使うのはテニスの王子様ぐらいなのではないかと思ってしまいます。
 TUBE戦は唐突な台詞が面白かったです。彼等が今後出てくることはなさそうですけれど、この世界編がアニメ化した場合はどうなるのでしょうかね。

Golden age156
俺はここにいる

 ボルクが叫ぶことによってフランケンシュタイナーの幻覚が解けると、明らかに超能力の類にしか見えない幸村の五感奪いの原理ですが、詳細的に考えるとプロ無敗のボルクには通用しないのでしょうかね。完璧な佇まいと一切の隙を見せぬテニスで五感奪って幻覚見せるのは何をどうやったらそうなるのだろうか。鏡眼ではね返されますし、普通に能力だと言われた方が信じますよ。

 入江は跡部の為にワザと負けていたと、全力で行っても勝てる相手じゃなかったと考えていますけれど、あえてボロ負けしたということでしょうかね。
 跡部は海の上でテニスをすることで進化をしようとしていて、小学生時代の旧友が登場すると、普通にやられ役にしかならないだろうと思うしかないのですけれど、彼等が一体なにをするのでしょうかね。何も出来ない気がするので次回やられますという感じにしか見えないのですが、跡部の進化に必要となるのでしょうか。

 今月はTUBE回でしたね。最近はギャグ回がなかったですし、よかったのでは無いでしょうか。次回は跡部修行回となりそうなのでドイツ戦はまだ終わらなさそうでしょうかね。今年中には終わりそうですが、この後は本戦が始まるのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる