グリザイアの迷宮 感想

 遂にグリザイアの迷宮が放送開始と、迷宮は初回に一時間やって次回は楽園という、あの迷宮の内容を二話分ってどんだけ端折るんだと不安で仕方がなかったのですが、雄二と麻子が出会うまでを迷宮としていたのが良かったです。一時間だと雄二の家族の所とか一枚絵数枚見せてカットされるだろうと不安でしかたなかったです。
 
前回の天音回で出てきた一姫も雄二の過去回想なので姉として登場し、雄二との境遇を見せ、行方不明となってからオスロの元に行くと、一姫の天才描写も良かったのですが、このアニメで一番ヤバかったのはオスロですね。動きがつくことでゲームよりも更にヤバくなっています。何故に掌を舐めているのだ、ギリギリを攻めていますよ。

 ゲームでは文字だけだったマーリンも可愛く、だからこそアッサリと死んだ場面では辛く、最後に麻子との出会いと、素晴しい初回でした、最初の狙撃成功と同時にワールドエンドも入りましたけれど、ワールドエンドは歌詞も非常に好きなのでカプリスの繭中にやって欲しいと思ってしまいますけれど、果実OPの終末のフラクタルも歌はなかったので、ないのでしょうかね。

 OPの時に出ていたメンバーの話も入れるのでしょうし、カプリスの繭はあと2、3話やるのでしょうかね。楽園も控えていますし、ここからは規制されるであろう場面も多いので、色々省略しながら2話で楽園となるのでしょうか。ここから雄二が学園生活を行なうまでなら3話は欲しい気がするのですが、どうしていくのか楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる