デビルサバイバー2 ブレイクレコードをプレイ その3

 その3と言ってもその2の時点でラスボス前みたいでしたので、ラスボス戦しか書くことがなく、そのラスボス戦もあんまり苦戦をしませんでした。一回やり直しましたけれど、連戦になったので悪魔の補充をしただけで、補充をしたら勝ったからなあ。主人公のレベルが60で、1戦目終わったら帰るとか選択肢が出たから、「これでロキが作れる!」とか思っていたらガン無視で最終決戦ですからね、帰った方が勝率高いだろうと思うしかないも、行った以上帰れる訳がないですか。

 ラストバトルは三連戦で、一戦目は雑魚が増えてくるので増える前に倒せば大したことがない正に前座で、二戦目は射程無限の二回攻撃が三体とかいうラストバトルに相応しいイカれた性能を見せつけてきましたけれど、能力は享有されていて射線を無限にする敵を倒してしまえば離れた地点で回復休憩ができ、物理無効と反射がアレば万能か物理しか持たず、万能系も消費MPの高さから吸魔を連射していけばMPが0になって勝てました。

 第三段階は敵は全体攻撃で此方のHPをかなり削ってくるので短期決戦で終わらせました。主人公が魔力開眼からのエクスチャージ氷の乱舞は雑魚を一撃で粉砕し、物理反射もなかったので和久井と殴っていれば終わったなあ。

 エンディングは凄く綺麗に終わりました。まだ見ていませんけれど、多分他のルートではこうはなっていないでしょう。二画面使っての一枚目があるというだけで満足ですよ。アワードで王になるルートのネタバレがありましたけれど、まあ普通に考えたらそりゃそうですね。今回のルートはラスボス前で決まりますし、二週目でセーブすれば二つともすぐに見ることができそうです。
 
 久々のデビルサバイバーは相変わらず面白かったです。トリアングルム編と最初から続編要素を楽しめ、最初の時点でレベルも結構高いと、難易度は二種類ありましたけれど、黙示録でもトリアングルム編は2よりもかなり楽だったなあ。
 トリアングルム編は日程が短く、主に皆との会話やボスに対する情報で時間が経っていったので、民間人を守る戦闘も一回ぐらいしかなく、普通に敵を倒すだけだったのが楽だったのかもしれません。普通に一度やってみてダメだったらスキルとか変えようと思いプレイしているのですが、その負け前提の一回目で大体勝てたからなあ。

 一番辛かったのは一番最初のボスであるデネボラ戦で、あのギリギリな状況は非常に緊張感があって良かったです。ギリギリで足りないので、何かしら別のことすれば勝てそうだと思っていたので、すぐに再挑戦することができていたなあ。

 悪魔は精霊によって全て高レベル悪魔でいけました。前まではあんまり使っていなかった気がしますけれど、龍王の理不尽っぷりが凄いですね、コイツは防御面で優秀過ぎますよ。ステータス的にケルベロスと物理スキルの相性が非常によく、貫通を持たせて無双させたりもしていました。
 ラストバトルでは鬼女ランダが物理反射持っているというだけで非常に重宝しました。物理技はどんな技でも反射で弾けるというのは強いですね。霊鳥も上位版になると移動+2で優秀でした。

 人間は最終的に主人公、都、和久井、乙女でいきました。和久井と乙女のステータス振り方は凄く優秀だと思っています。ジュンゴみたいに力極めているのも良さそうですが、ある程度は速度が欲しいからなあ。都は新キャラですし、見た目から選びました。都が居なければイオになっていたと思われます。

 とりあえず二週目は最終日でセーブをして、二つのエンディングを見た後にどちらかをクリアしてセプテントリオン編のボイスを楽しもうと思っています。セプテントリオン編でも何かしら追加要素があるのでしょうか。 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる