ジャンプSQ1月号 新テニスの王子様 Golden age135 感想

 今年も終わってしまいますね。今年の新テニスは一軍戦が終わって世界大会編となりそうですけれど、今はその準備中ですし、大会が始まるのは来年の夏ぐらいなのでしょうか。リョーマがどうするかというのもありそうですし、結構話数を使いそうですね。

Golden age135
プロへの正しき道
 今回は手塚の話であり、主将のボルクと共に走っている手塚から始まって説明が入りましたけれど、9連覇中という実質ラスボスの位置というのもありますけれど、遂にプロが出てきましたね。中学生の全国大会でも流血が当然であり、決勝に至っては人外魔境と化していたテニス界、そのプロが遂に登場すると、一体どんなイカれたテニスを見せてくるのだろうかと思うしかありませんよ。プロである以上、爆撃ぐらいは平然と耐えてその翌日試合するとかなのでしょうかね。

 そしてドイツによる敵国の最新データと、ここで名前が出たスイス、フランス、アメリカ、日本と、このドイツの五カ国で潰し合う感じでしょうか。この連中の中で卓越した精神とか言われたら、たとえ隕石が落ちてきたとしても一切動じることがないのでしょう。日本など力をつけ始めていると言いましたけれど、あの国は身内で潰し合うからなあ、力が完成する頃には半壊していそうです。

 そしてボルクが手塚をトレーニングパートナーに選び、それを製薬会長が眺めて試合と、最初呆れていた会長ですが手塚の百練見た瞬間に冷静に分析して笑いました。製薬会長にもなると一瞬で理解する洞察力があるのですね。「何だコイツは…」とか考えていますけれど、いきなり出てきて一度見ただけで完全に理解できている会長も相当な者だよなあ。

 百練、ファントム、天衣無縫を見せつけるも、それでもボルクは指摘をしてくるとかなり余裕がありそうですし、天衣ぐらい使えて当然ということでしょうか。
 試合を見た会長はボルクに手塚とプロ契約を 結びたいと言うも、成長しドイツ代表としてUー17W杯を制覇した後と、こうなると手塚も大会参加確定でしょうかね。手塚も敵となりそうですが、リョーマが一体どうするかでしょうか。 

 今回は手塚の話だったのであまり書くことがなかったです。ボルクとか主将キャラが出てきましたけれど、ここから一体どうするのでしょうかね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる