selector spread WIXOSS 第2話 その絆は微熱 感想

 二話目からどうなるのかと思っていましたけれど、非常に面白いですね。この二話を見るとここからるう子は強制的にバトルとなるしかないのですけれど、バトルって拒もうと思えば拒めたんでしたっけ? でもるう子の本質はバトル狂人だからなあ。

 婆ちゃんとウィクロスをしようとするるう子と、初っ端から飛ばしてきました。一期だと普通だった出来事だというのに、ルリグが変わっただけでここまで違うとは、伊緒奈の姿を見てから閉じ、そこから閉じた状態でも「どうして私を使わないの?」とか声出してきて、それを完全に無視するるう子がとても面白い、あんなに純粋な子だったというのに、もう伊緒奈を無視しながら笑えるようになってしまったのですね。

あきらっきー劇場
 スッゲー面白い!

 初っ端で男子を蹴り飛ばし、ウリスに陥落した状態を見せてからの回想は「うるせぇーババァ!!」から始まると、アクセル全開で笑うしかなかったです。編集から逃げるために窓から出ると、この時点で女子中学生とは思えないのに、それを察知されて先回りされているという展開も素晴しい。これだけでいかにあきらっきーが二階なのに何度も飛び降りて逃亡していたのがよく解りますよ。常人なら二階から女子中学生が飛んで逃げるなんて考えないからな。

 伊緒奈を見た瞬間に化粧水の瓶を割って武器にする辺り、どんな修羅場潜ってきたのでしょうかね。そこからウリスの攻略タイムになりましたけれど、ルリグ時にあんな言葉吐いておいてよく言えたもんだと思うしかないですよ。でも、負の感情を抱くことで輝くっていうのは間違ってないんだよなあ。この回想のあきらっきーがウィクロスのキャラで一番輝いていましたよ。
  
 まあ、こんなもんだろって顔

 ウリスはどう考えても本心には見えませんし、伊緒奈の願いだからやっていそうですけれど、演技だとしても相当ですし、ガチならガチでヤバいのが素晴しい。演技にしてもここまで調べて、あきらっきーの心を開いてくるのは凄まじい。
 それにしてもあきらっきーのババァ発言は気合い入りまくりで大変素晴しいですね。今日だけでもう八回ぐらいループしちゃっていますよ。母が平然としているので、これがあきらっきーの日常なんでしょうかね。

「私の中の悪いあきらっきーは、ウリスが殺してくれた」
「ウリスのお陰で、アキラブリーになったの」
「アキラブリー・・・・・・」
 この三連コンボが非常に面白かったです。悪いあきらっきーって、回想入る前の貴方は蹴り入れたりと結構な悪でしたよ。まあ、いきなり武器創り出して攻撃していた頃よりは尖っていないってことなんでしょうかね。アキラブリーとか新名作り出したりと、あきらっきーは凄いな、一言一言が破壊力ありますよ。スゲェ笑いました。

 アキラブリー発言にドン引きしているウリスと、まあこのままデレデレなあきらっきーとか少なからず私は望んでいませんし、方向転換を許さないウリスは凄く共感できて交換が持てます。やっていることはどす黒いですが。彼女は普通にボスとなれそうですね。

 伊緒奈が願いを叶える使命があるから、ウリスがるう子の元に別の強いセレクターを送ると、これがこの二クール目のメインとなるのでしょうかね。普通に考えればるう子が負ける要素はないだろうと思っていたのですが、タマじゃないからか晶相手にも劣勢になると、二敗ぐらいはしてしまうのではないかと思ってしまいます。個人的には勝ち続けるるう子でいて欲しいですし、この戦いも流れたのでどうなるのかは次回以降ですが。

ミルルン
 うぜぇ・・・ピルルクが静の煽りキャラなら、ミルルンは動の煽りキャラだな。まあ、ピルルクちゃんは相手の願いを把握する効果によるあきらっきーの挑発コンボが強かっただけで、うざくは無かったような気もしますが。
 
「あきらっきーは、もうアンラッキーになっちゃったの」
 本当にあきらっきーは凄いなあ、アキラブリーという笑いを披露して、そこから畳みかけるように新たな新名ですよ。アンラッキーはあきらっきーという名前から解らなくもないので普通だったのですが、アキラブリーのせいで笑うしかなく、非常に巧いと感じる以外になかったです。

 そしてイオナの初戦闘が始まると、イオナに対してルリグになるのが願いと言っているので、入れ替わりの説明はせずに、イオナの願いが入れ替わりで、それが叶ったとあきらっきーは思っているのでしょうか。だとしたら実力は結構あるので真っ先にカード化しそうだなあ。まあ、遊月を見せれば気付くと思いますし、入れ替わりを知っていてもウリスが愛してくれるのならそれで良いと考えているのかも知れませんが。まあ、このアキラブリーは知っていようがいまいが、中盤終盤辺りで破滅する未来しか見えませんよ。

 そして殆どカットされるカード戦闘が始まると、イオナがるう子に対して指示すると、指示出してくるカードは嫌すぎますね。それに対してあきらっきーが「ちょいちょいちょいちょい」とか言い出してくると、もうこの二話は全部あきらっきーが持っていきましたよ。ここまで輝いておいて、次回以降どうするんでしょうか。この子は一クール目でも序盤調子乗ってたなあ。

 るう子は本気でやっていたけれど、イオナとは友達じゃないから楽しくないと、次回以降はイオナが友達になるべく頑張ろうとしそうですけれど、カード状態で何ができるのでしょうか。今回みたいに指示出しても勝てないみたいですし、るう子の今後に対してイオナがどう助言するかでしょうかね。

 そしてちよりの元にウリスがやってきて終わると、別にちよりは強くなさそうですが、セレクター人口が少ないとかなのでしょうか。ファンの集いで結構居ましたし、ちよりかエルドラに何かあるんでしょうかね。

 次回予告はタイトル的にタマと再開なんでしょうかね。今の所るう子がイオナデッキによって弱体化してしまったので、ここからどう強くなるのかになりそうですが、暫く使っていたら慣れてイオナデッキは強かったとかになるのでしょうか。
 今回も非常に楽しめました。ウリスがるう子に送る為のセレクターを増やしていますけれど、今後はるう子にセレクターがバトルを挑みまくる展開になってしまうのでしょうか。どうなるのかが楽しみです。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

selector spread WIXOSS「第2話 その絆は微熱」

selector spread WIXOSS「第2話 その絆は微熱」に関するアニログです。

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる