SQ19 Vol.14 感想

 血界戦線アニメ化と、原作一話分をアニメの一話として使っても十分いけそうですね。二話ぐらいかける回もあるのかなあと思ってしまいます。楽しみですけど、早くて10月、遅くて1月ぐらいでしょうか。

ToLOVEるダークネス番外編
 リトが電車に乗った時点で笑ってしまいましたよ。アオリでも「そこに平穏はあるのか・・・」って書かれていますけど、古手川が避雷針になって良かったというべきなのではないでしょうか。古手川以外の知らない女性キャラだと余裕で終わっていたからなあ。

(昨夜あんな事があったばかりだってのに・・・!!)
 今週のトラブル番外編で一番笑いました。風呂で裸の唯を自分の部屋に転送するとか、回想で終わってしまうレベルの出来事ではありませんけど、この漫画は色々とレベルが上がりすぎて、こんなことが日常茶飯事の一つとして済まされてしまうのですね。

 睨んでいる唯が非常に可愛く、今週は唯が電車内で果てただけと、凄いことやってのけていますけど、果てたのはSQ19で二回目だからなあ。慣れというのも恐ろしい。
 ラストも中々に恐怖です。古手川って難しいと、自覚無いのがヤバいですね。もう感触のこととか考えなくてもいいぐらい心に余裕が生れたからこその思考なのでしょう。

機巧童子ULTIMO
 善側はセルヴィスが活躍していますけど、他はほとんど空気ですね。
 
 人生楽しんでいそうなKに笑いました。というかK、まだ居たんですね。年月経っていますし殺されていそうな気もしましたけど、まだ利用価値があるとかで生かされているのでしょうか。
 狭山さんが悪側に居るのはよく解りませんが、まあ狭山さんだからなあと思ってしまいました。今の所バイスがどうしようもない気もしてきましたけど、セルヴィスの能力効くのでしょうかね。

となりのランドセルw
 萌絵も小学生を卒業しそうですし、栞との関係も発覚すると、なんだか締めに向っていそうで辛いです。SQ19高いからなあ、購入しようと決めたのも宮下先生の新作があるからであり、終わってしまったらどうしようかなあと考えてしまいます。まあ、トラブルとウルティモと血界があるだけで十分過ぎる気もしますが。

 栞の山田の存在だけ記憶喪失なのは栞の演技な気もしてきますけど、それだけで医者の元に向うだろうかとも思ってしまうなあ。思い出させる為ならそこまでしようと考えていたのでしょうかね。まあ、今までのことを考えると、本当に山田のことだけを忘れているのかもしれませんが。
 この作品、3巻までしか出ていませんが、もう4年ぐらい連載していますし、ここで締めるのかもしれませんね。3巻が出たばかりですし、まだ2,3話あるのでしょうか。次回次第だと思われますし、次回が楽しみです。

 次の号が出る時は8月ですね。この頃にはヤミのダークネスも解けているのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる