ジャンプSQ7月号 新テニスの王子様 Golden age125 感想

 先月は休載でショックでしたけど、今月号でこの一軍戦も終了でしょうか。2012年の1月ぐらいからこの一軍戦は始まったので、2年半も戦っていたのですね。ラケット二刀流とかデュークホームランとか海賊等々、色々あったなあ。ジーニアス10はこれから味方としてやっていくのでしょうかね。

Golden age125
サムライ
 超中学一年生が平等院を一括と、この「アンタ・・・・・・最低だよ」の見開きがいいですね。その返事で「なんだお前は・・・?」とか平等院が言っていて笑いました。確か昨日抹殺しよう光る球を放った筈で、前回中学生一匹と言っていましたけど、リョーマだと認識せずに、「なんか中学生がいるから滅ぼしておこう」という感覚で放ったのでしょうか、怖すぎる。

「事と次第によってはただでは済まさんぞ!」
 昨日闇討ちで殺そうとしていましたけどね。平等院が言うと本当に殺そうとしている気しかしないのが良いなあ、ラケットで首をはねるとか、即座に光る球をリョーマにぶち込んでもおかしくはなかった。
 そしてリョーマがやってみればと言うも、徳川が邪魔をしないでくれよと言い、まだ試合を続けると、1ポイント取ったら死にそうな感じがしながらも試合が続行されると、点差は徳川のが圧倒的有利な筈だというのに、平等院は後一撃で葬れますし、これはどちらもマッチポイントだったということでいいのでしょう。3セットマッチになると抹殺テニスの方が明らかに有利だよなあ。殺したら勝ちだもの。

 存在そのものが抹消するレベルのエフェクトを徳川が受けるも、なんとかラケットに当てることができていると、ラケットの耐久力に驚きましたが、硬で強化していると考えていいのでしょう。返すも衝撃を受けた徳川に対し、命を懸けていることを理解した平等院は徳川の人生を終わらせる為に攻撃に出ると、やはり無防備の状態で直撃すると五体が弾け飛んでしまうのでしょうか。

 越前が徳川の言葉を思い返し、助けに向おうとすれば跡部に止められると、まさかあのコピーキャラを退場させたかったのではないかと思っていた樺地退場展開がここで生きてくるというのには驚かされました。
 
「…上等!!」
 ここからの流れが非常に面白かったです。完全にレーザーが平等院の頬を襲い、壁を完全に粉砕、それを見ているギャラリーの反応も良いですね。「あいつ、やりやがった!」「なんだこれ・・・」みたいな反応を浮かべています。白石とか完全に唖然としているからなあ。

「テニスをナメんなよ」
 いつもなら大体笑うというのに、この台詞のせいで唖然とするしかなく、その後隣のサムライに気付いて無茶苦茶笑いました。観客席ぶっ壊してから言うのも大概ですけど、背後でスタンドが刀ですからね。テニスをナメたから刀で斬られそうな光景って、何周ぐらいか回ってスゲェな。鬼や平等院もそうでしたけど、その人物の核となる部分を実体化できるということが高校生の上位陣なのか否かを決めるのでしょうかね。アメリカ代表はガンマンとか兵器を具現化するとか、そんな感じでやっていくのでしょうか。
 
 高校生達もリョーマに驚き、中学生達はリョーマの消失を感じて悲しむも、リョーマは規定によって合宿退去を命じられ、コートを去って終わると、これは全く予想できない展開で良かったのですけど、これ一体どうするのでしょうかね。いや、流石に今回の行為で外人と戦わせるのに十分な実力だと認められ、戻ってくる可能性は高そうですけど、普通に退去させてしまいましたし、ここからどうするのかが楽しみです。
 平等院対リョーマ戦をするのかと思われましたが、リョーマが平等院の一撃を粉砕してダメージを与え、規定で退去させるという試合を行わないという展開も良いですね。この場面でリョーマが負けるとも思えませんし、平等院が全力を放つしかないので、まだ何かしら平等院にはありそうだと思えてしまいます。

 ここから次回はどうするのでしょうかね。暫くはリョーマ抜きでやるのでしょうか。そうなると外人側にリョーマが居たとしてもおかしくないんだよなあ。ここで実力を見せていますし、回収されるのだとは思いますけど、平等院が認めるのかどうかになるのでしょうか。そして試合が終わったということは、ここから高校生達は味方となっていくのでしょう。絡みたくないのは間違いなく平等院、そして遠野ですかね。遠野は皿割られましたし、暫くは出ませんか。ここからどうしていくのか、次回は大ボリュームみたいですし楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる