ジャンプSQ6月号 ToLOVEるダークネス 第43話 感想

 ゲームがそろそろ出ますね。VITAは六月末に購入する予定なので、評判良かったら買おうと思っていますけど、キャラゲーは大体微妙な出来で終わることが多いのであんまり期待はしていません。女性版ヘブン状態とかやってきそうな気もしますが。

第43話「Whose thing isa fiance?~ララVSヤミ~」
 今週はララとヤミの戦いと、ララが結構戦えていたことに驚きましたが、ヤミの方が優勢になったのでプレイに入ると、攻撃の一種にワームホールを利用した好感押しつけという行為が平然と使用されていることに狂気を感じ、対処する為にノーパンになると、なんだか能力バトル染みている脱衣方が面白かったです。

 そしてノーパンになった隙を狙っての触手攻撃と、このハレンチの権化と化したヤミの行為にララが感じ、その行為に対して自らも行うことで感じるダークネスでしたが、ララの道具によって滑って転ぶと、ここのダークネスは非常に可愛かったのですけど、作品のボスであろう存在が滑って思いっきり頭ぶつけるというのも珍しい話ですね。

 ダークネスが広範囲の刃を展開することによって美柑が気付き、ララはダークネスがエネルギーを使い切れば戻せるかもしれないので尻尾ビームを放とうとすると、この行為はこの作品のヒロインとしてとても良かったのですけど、流石にこの尻尾ビームで倒せるとも思えませんし、メアと美柑によって助けることができるのでしょうかね。できるとしたらそれぐらいしか無さそうなのですけど、流石にそうなって終わるとも思えず、一体ここまでのトラブル状態をどう終わらせてくるのかがとても楽しみです。 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる