ジャンプSQ5月号 ToLOVEるダークネス 第42話 感想

 ダークネスさんってヤミちゃんに戻った際の記憶どうなるんだろうなあと、ここまでの行動をしている中で思ってしまいます。ちょっとやりたい放題やっていて大変素晴しいことですけど、戻った際に一隊どんな反応が来るのだろうかと期待すらしてしまう。

第42話「Escapr ~信じる事~」
 ダークネスがメアの所に飛ばすと、ここでモモが偶然か疑い、ナナがメアは存在していると確信すると、これはダークネスの中の本心の力でも働いたとかなのでしょうかね。完全に異世界とかでなく、戻って来られる場所ですし、普通に元に戻ろうと思えば戻りそうでしょうか。

 そしてメアが身体を返すようにネメシスに頼めば、そこから液体プレイに入ると、当然のように感じさせて思念からは逃れられんとか言っちゃっていますけど、本当にこれは凄い最終決戦だなあ。
 ネメシスは別にメアをどうこうする気もなく、兵器として3人で仲良くやっていこうと言っていますし、普通ダークネスが戻ったらネメシスも諦めたりするのでしょうかね。

 そしてダークネスはハレンチと言われて喜び、異次元を移動させることによって春菜の胸を幸せそうに弄り、そこから古手川のパンツを無視した股間にリトの顔面を叩き込むと、そこからの鼻から液体がついている状態はちょっとやり過ぎで大丈夫なのか疑いたくなってしまうレベルで良かったです。今年も良い感じの突抜ですね。

 ネメシスとメアの件はお静をメアが呼ぶことによって分離して終わると、現時点でダークネスはララと対面し、ナナとモモが向ってメアが分離すると、このダークネス戦も最終局面に入ろうとしていますね。ダークネスは今の所やりたい放題やっていて止まる気がしませんけど、一体どうするのかが楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる