ジャンプSQ4月号 新テニスの王子様 Golden age120・121・122 感想

 今月は発売前からあの許斐先生がもはやテニスでは無いとツイッターで発言していたので物凄く期待していましたけど、期待通りの素晴しい回でした。

Golden age120
覇王
 タイトルの時点でも怖いですし、カラーページも凶悪なテニスプレイヤーを並べていますね。仁王、白石はまだマトモだとしても、他がイカれています。彼等でも十分覇王と名乗ってもおかしくないですからね。

 平等院の打球がアウトになったのでファーストセットは徳川が取ると、その際に平等院が発した「ちっ・・・アウトかよ」の台詞も殺し損ねたというアウトに見えてしまいます。直撃していたら確実に徳川は肉片になっていただろうと思うしかありませんし、壁をぶち抜いていることから狙っているのは明白ですね、凶悪すぎますよ。

 そして平等院の正面には海賊が存在し、セカンドセットが始まると、ここで鬼さんが物凄く真面目に「すまねぇ・・・俺がヤツの海賊を呼び覚ましちまった!!」とか徳川に言っていましたけど、物凄く真面目だというのに笑わせてくるのは流石だなあと思うしかありません。海賊を呼び覚ましちまったって、いきなり海賊とか言われても何を言っているのだろうかと思うしか無いですからね。気とかオーラならともかく、海賊だからなあ。

 そして平等院のサーブからセカンドセットが始まると、サーブを放った瞬間、徳川に迫り来る海賊で爆笑しました。これ、遂にサーブによる打球が変形したのかと唖然とするも、見た感じ幻覚なんですね。なんで幻覚が間合い詰めてくるんだよwww

 骸骨海賊の斬撃を受けて肉体から血を流すと、結構ガチで海賊とやり合っている5ページがとても面白かったです。普通に考えて素手で武器持ちは辛いよなあ。フィールドも揺れる海賊船ですし、この幻覚攻撃はまるでFFの召喚獣が戦闘を行うシーンであるかのようでした。 
 
 徳川が攻撃を受けて倒れ、立ち上がれば背後から刺されて6-0になっていると、この回は海賊が徳川を抹殺しただけですけど、もうこの一文の時点で異常過ぎますね。こんなの予想しようが無いですよ。よくやったものだと思うしかありません。大変素晴しかったです。

Golden age121
最期の覚悟
 
 なんだかこのタイトルの時点で徳川が死にそうです。

 別次元のパイレーツオブテニスを平等院が見せつけ、徳川が瀕死の状態からまだテニスを続けると、ここで平等院のテニスについて説明が入りましたけど、自信を打ち砕き、服従させる覇王のテニスって、この絵を見ても明らかに暴力的なテニスなのが高校生の頂点という感じでとても良いですね。中学生は異能による五感操作という特殊能力者の頂点みたいな能力でしたけど、高校生は純粋に打球による殺傷力というのが良いです。平等院の方が人として怖いですね。

「世界で外国人シバきまくっとったらしいわ」
 外人が本当に可哀相だなあ、ジャパニーズクレイジーとして日本のテニスプレイヤーは恐れられていたとかなのでしょうかね。もし世界大会編が始まるとしても、平等院という化物を相手にどうするのだろうかと思うしかありません。こんな奴等が乗り込んでくるとか、練習試合でも命懸けでしょうし、本当に戦うことになる外国人選手達が気の毒で仕方が無いですよ。

 負けた選手は絶望でテニスをやめてしまうケースも少なくありませんと、生きる希望を見つけるのならテニスをしないとういう選択も正しいですね。テニスを続けていた場合、平等院と戦えるということは世界レベルでしょうし、世界大会一回戦で会ったりしたら死を覚悟しなければなりません。死を覚悟するぐらいならテニスを捨ててしまうのもやむを得ないのでしょう。それを考えると平等院は着実に世界をテニスで支配しようとしているのかもしれませんね。海賊ですし、それぐいらいの目的があったとしてもおかしくはないと思ってしまいます。

 平等院が徳川の為にテニス人生を賭けた入江と鬼が無駄死にだったと言われたので、命懸けで挑む覚悟を思い出していると、ここで新技の説明が入りましたけど、意味解らなすぎて引いていそうな徳川の反応が良いですね。球を打つ前にスイングして空間を削り取るって、人知余裕で超越していることを簡単そうに言ってくるからなあ。

 その技は身体に相当な不可がかかると、まあそれはそうだろうと思うしか無く、身体がもって30分、勝利が見えた時だけ使えと、30分なら結構時間があると思われるのですが、ブラックホール発生の際に時間が数秒ほどかかってしまってロスになるとかなのでしょうかね。

Golden age122
決断
 
 海賊バトルに対応しつつある徳川の時点で面白かったです。よくこんな異常事態に対応できるなあ、流石は二軍トップの実力者です。
 骸骨の海賊が徳川にトドメを刺そうとするも、徳川は飛ぶことで回避に成功し、そこから現実に戻って徳川の新技が披露されると、「空間を削り取って・・・打球を止めたぁぁぁっ!?」と、これは攻撃テニス技を全て無効にできそうな最強クラスの技となりそうですけど、球が来る前にスイングが必要ですし、天衣無縫クラスになると厳しそうです。

 徳川の新技、ブラックホールが平等院のコートに叩き込まれて終わると、ここのアオリである「別次元には別次元を!!」というのがテニスには見えずに面白かったのですけど、ここから異能バトルにでも突入するのでしょうか。
 徳川には時間制限もありそうですし、消えるとしたら徳川だろうと思うしかありませんけど、次回は一体どう徳川が足掻くのかが楽しみです。ブラックホールを平等院の目の前に発生させたら大ダメージを与えられそうな気がしますけど、それはもはやテニス要素の放棄ですね。

 今月は迫り来る骸骨海賊の場面が非常に面白かったです。テニスの王子様でこんな風に幻覚だけ見せてきたことは少なかった気がしますけど、この海賊は今後果たして出てくるのでしょうかね。次回は徳川が死ぬのか生きるのかが非常に楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる