ジャンプ12号 感想

 ジャンプ作品ゲーム、結構色々バトルキャラが出てきますね。アルティメットスターズを超える事は難しいだろうと思わずにはいられませんけど、評判がどうなるのかが楽しみです。

黒子のバスケ
 黒子は黛に上書きしたと、黛は普通に動揺していますし、これから何かしらの対策を打ってくるということは無いのでしょうかね。もう普通にベンチに移動させた方が良さそうな気もしてきますけど、それでも一度存在感が消えたので黒子は暫く消えていることができるのでしょうか。
 上書きができ、誘導のパターンを少し変えていたと、見失った理由を加えてきたのも良かったです。急によくできたのもだと思いましたけど、色々考えていたときの物でも使ったのでしょうかね。

 そして最後に赤司とゾーンに入った火神の場面で終わると、まだ赤司には能力があるみたいですし、ここは普通に勝ちそうですね。天帝の眼はここで攻略されるのでしょうか。まだ赤司には何かしらあるとか言われていましたけど、一度負けたぐらいで使っていたら逆転とか不可能でしょうし、逆転された頃に能力開花なのでしょうか。

i・ショウジョ
 普通に楽しめましたけど、ニセコイがアニメやっているこのタイミングでこの漫画を連載は大丈夫なのだろうかと思ってしまいます。エロ要素はSQで「おっぱいで囲まれて死ぬ」とかやっちゃった某漫画があるので、それに対抗するぐらいで行かないと厳しいのではないかと思ってしまいますけど、それはハードル高すぎますね。

 次回は見開きカラー見た感じ違う人物の話にでもなるのでしょうか、もしこのスマホに穴が開いたら対象にも穴が開くのでしょうか、そこまでヤバい代物とは思えませんが。触る限定なんですかね。

ハイキュー!!
 谷地を囲む長身集団の絵が非常に面白かったです。東さんが相変わらずヤバいなあ。

 3本の指の説明と、エースがトップ3だからってチームもトップ3ではないと言っていますし、三強よりもチームワークで強いチームが居るのでしょうかね。梟谷もあのチームワークを見ていると普通に三本の指のチームと互角にやり合えたりするのでしょうか。関東のサクサは優勝候補筆頭と言われていたのでなんだかラスボスにでもなりそうな感じですけど、関東なので全国に行かない限りは出ないのでしょうかね。

 次回から春高予選編と、今週出た4校ぐらいが相手になる高校でしょうか。和久南も四強の筈でしたけど、今週出ていないのでかませとして何処かのダークホースにでもやられて消えてしまうのでしょうか。

ワールドトリガー
 ここで3人組が出てくると、避難させたのに後回しにされて怒っている中、リーダーは英雄の試練と言い、ヤバい敵が出たら戦略的に撤退すると、このキャラで分を解っているというのが良いですね。そりゃリーダーにもなれますよ。

 ラービットに捕縛された人間はキューブだけになっていると、人間がこんなのになっていたら復活できるのかすら解りませんけど、暫くは蘇生不可だと考えれば中々に凶悪ですね。まあ、強い人なら捕まる前に自決とかやることができるのかもしれませんが。
 そしてS級隊員である天羽が登場すると、確かにこんなことをする奴を表には出せませんね。広範囲壊滅型なのか、単に暴れたらこうなったのかが解りませんけど、平らになっているので全体攻撃の可能性が高そうです。一定範囲を攻撃する風刃はこれを見るとあんまり黒トリガーとしてはランクは低いのだろうかと思ってしまいますけど、一対一なら風刃の方が強いとかなのでしょうか。

 レプリカの疑問も非常に良かったです。本国が手薄になる程に送り、それを分散し、捕縛の為なら緊急脱出があるから被害があまり出ず、基地を落とす気が無かったのは黒トリガーを作られて逆転される可能性があると、黒トリガーができるから迂闊に追い込むことができないというのが良いですね。ここで黒トリガーの設定が出てくるのが非常に巧かったです。しかしここまでやると敵の真の目的で納得できる物が出るのでしょうかね。葦原先生なら大丈夫だろうと思っていますけど、地球側にあると必ず戦争で負けてしまう代物でも発見して、それに気付かれる前に潰すか入手する感じでしょうか。それぐらいじゃないとレプリカの説明の後なら此処まで来ないだろうと思いますし、どうするのかが楽しみです。

 三人組がウィゾフニルで活躍してたのも良かったのですが、千佳側に新手のラービットが来ましたし、先週の引きで千佳が出ていましたので千佳が狙いなのでしょうかね。兄関係なのか、単にトリオンが強力だからなのか、別の理由なのかが解りませんけど、修と木虎で何とかできるのでしょうかね。

BLEACH
 エスノトの恐怖は陛下に叱られて全部無くなることだけというのは良いですね。しかしルキアさん、零番隊で修行してきたというのにやられてしまうのですか、アローニーローを倒せたというのは大きい戦果ですけど、それ以外は復活してからディロイとかいう雑魚を粉砕しただけでしたね。最終章ですし、これでルキアの戦闘も終了なのでしょうか。修行してきてやられるって悲惨だなあ。

 白哉が出てくると、まあこれでエスノトも終了でしょう。でも二、三週はかかると思っています。

SOULCATCHER(s)
 なんだか指揮者というのが物凄い存在と化していますね。伊調に関しては音楽知識が凄そうなので普通にコーチしていたとかなのでしょうか。流石に神峰みたいに人間関係を良くするのは音感能力だと辛い気がしますからね。まあ、感情が解りそうなのでできそうな気もしますが。

 おじいさんが一番期待するハズという発言を聞いて心が変形を引き起こすと、この第二形態になりそうな感じが良いですね。
 野球部の主将が甲子園に居るはずなのに直接指揮を振って貰うように頼みに来たと、神海先生凄いことしてきますね。多田と安という演奏聞いてたモブみたいな二人組が実力もやる気も並以下なのに演奏を聴いてからセンバツにレギュラーとして出場するまでに急成長したと、それは音楽による精神操作の類なんじゃないかと思わずにはいられませんけど、そうなったらそれは吹奏楽の力を信じるしかありませんか、もはや魔力の領域ですよ。

 これは本当に思いもしない形でしょうし、そこから金管のトップ集団はアンサンブルコンテスト全国大会で出られず、神峰はパートメンバーを預けてくれるように頼みに行くと、女性陣二人に関しては預けそうな気がまだしますけど、男二人、特に金井淵先輩はどうするのでしょうかね。今回は理由もありますし、「預けるわけ、ないだろう」と言ってくることはなさそうですけど、次回が楽しみです。

 次回は成田先生ですか、やはり原作者が人気作家だと期待するしかありません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

恐怖の怯え

エスノトの恐怖は陛下にしかられて全てを奪われるだけって、少し笑ってしまいましたね。
完聖体を発動したエスノト、名前は『神の怯え』ですか。
マスキュリンとバンビもそうですが、前回の戦いで完聖体を使わなかった連中はなかなか強い完聖体を持ってますね。
そして恐怖攻撃にルキアがやられそうになりましたがこれは仕方がない気がします。
最初敵を圧倒してて次に敵に圧倒されるのはお約束ですからね。
ここで白哉が登場しましたが、前回あれだけボコボコにされた彼がどうやってエスノトに対抗するか楽しみです。

Re: 恐怖の怯え

> エスノトの恐怖は陛下にしかられて全てを奪われるだけって、少し笑ってしまいましたね。
> 完聖体を発動したエスノト、名前は『神の怯え』ですか。
> マスキュリンとバンビもそうですが、前回の戦いで完聖体を使わなかった連中はなかなか強い完聖体を持ってますね。

完聖体使わなくても十分強かったですものね。マスキュリンは相手が悪かったのですが、普通なら卍解する隊長でも倒してしまう程なのでしょうか。

> そして恐怖攻撃にルキアがやられそうになりましたがこれは仕方がない気がします。
> 最初敵を圧倒してて次に敵に圧倒されるのはお約束ですからね。
> ここで白哉が登場しましたが、前回あれだけボコボコにされた彼がどうやってエスノトに対抗するか楽しみです。

ブリーチのお決まりですね。マスキュリン戦の最初もそうでしたけど、連続してやってきたのが最終章でもいつも通り安定しているなあと思わずにはいられませんでした。
白哉は新技次第になるのでしょうかね。アレから一体どう強化されているのかが解らず、どうしていくのかが楽しみです。

ユーリさんコメントありがとうございます。
プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる