ジャンプ9号 感想

 遊戯王、ペンデュラム召喚ってまた新たな召喚方を出すのですね。よくネタが尽きないものですよ。振り子なのでエクシーズの数違いとかなのでしょうか、星3と星4みたいな感じで。

ONE PIECE
 ドフラミンゴも知らない王家の緊急通路・・・。そして更にルフィ戦で万が一ドフラミンゴが勝利したとしても、その後に大将藤虎戦が待っていると、戦う前からドフラミンゴのどうしようもなさがヤバいですね、物凄く絶望的な状況だ。
 オモチャの家でフランキーが幹部戦を行い、セニョールピンクの能力が発覚すると、壁も地面も自在に泳ぐという逃亡とか余裕でできそうな便利な能力で、ドフラミンゴ側は能力者が優秀ですね。しかしスイスイの実は普通に強い能力だと思うしか無いというのに、セニョールピンクはキャラ的に有効的に使う未来が見えないなあ。不意打ちぐらいしか使わなさそうですけど、不意打ちすらやるかどうか解らない。仲間を助けるとかは微妙でしょうか。
 しかし幹部二人をフランキーが相手にできている辺り、ドフラミンゴの幹部も所詮は七武海の幹部だということでしょうか。流石に二年後の麦わら一味なら七武海の部下程度なら倒しそうだと思ってしまいます。
 
 そしてコロシアム決勝で確定はしていませんがサボが出てくると、これで決勝はディアマンテを粉砕して終わりでしょうかね。最高幹部と言われていても、ルフィ、エースと同格ぐらいの力になっていそうなサボに勝てるとは思えないからなあ。まあ、どれ程の強さなのかは次回明かされるのでしょうか。バルトロメオも味方ですし、普通にディアマンテとの一対一になるのでしょうか。

黒子のバスケ
 点差が開いて始まった後半から日向がファウル三つ目で問題になると、ここにきて更に石橋を叩いて殺しに来ているみたいですし、4Qまではこんな感じで追い込まれていくのでしょうかね。ここで更に点差広げられたらどうしようもなさそうですけど、まだファウルを取らせるのか何かしらしてくるみたいですし、赤司の行動が楽しみです。赤司の場合火神をファウルじゃなくて精神面で潰してきそうですが。

食戟のソーマ
「なつめ嬢がもう何か足腰立たなくなってるぞ!」
 完全にプレイ後じゃないですかー! この後まだ二人、このカレー編のボスであろう存在と主人公創真が待っているって、なつめ嬢一体全体どうなってしまうのでしょうかね。腰とか色々カクカクさせながら帰って行くのかなあ、楽しそうで良いですね。

 丸井少年が料理を披露した瞬間にイケメンと化してきたのは良かったです。これでも88点なので、決勝には行けるか行けないかなのでしょうかね。引きで出してきたというのに、なんだか無難に終わってしまいました。今後ライバルとして出れるか微妙なレベルでしょうか。
 Bブロックは後田所と兄弟ぐらいなので、次回で兄弟、次々回で田所やってAブロックのラストバトルでしょうか、このカレー料理対決編は登場人物多いから長くなりそうだなあと思っていましたけど、まあ長かったですね。二、三ヶ月はやっているのではないでしょうか。でも単行本一冊ぐらいなのでしょうかね。

トリコオードブル
 なんだこの小松!? 年月経っているとかなのでしょうか。まあ確かにあの容姿でヒロインみたいな真似はキツかったからなあ。

暗殺教室
 完全に二学期編の前振り回でしたけど、渚の両親、前担任雪村先生、ロヴロを殺した最強の殺し屋であろう死神、団体殺人の際に賞金アップ、強化されたイトナ、最後にE組から誰か1人が抜けると、まあE組から抜けるのは抜けることができるようになったからで、登校とかが嫌だから抜けられる時に抜けておこうという考えなのかもしれませんね。特に問題が無い気もしますけど、次回の引きに使っていますし、何かしら起こるのでしょうか。

 死神はミスディレクションでも使えるのでしょうかね、姿を見せた瞬間に攻撃に入っていて、驚いている隙に致命傷を与えたのでしょうか。殺せんせーとか居ますし、マッハで動けるとかでもおかしくありませんが。

ハイキュー!!
 1度成功しても今まで成功していなかったからできないというが良かったです。そりゃそうですね。成功率次第では実戦でもあまり使わないのではないかと思ってしまいます。
 得点はまだ負けていますけど、この調子で成功し続けるようになって連続で得点入れて勝利の流れでしょうか、後残っているのは月島と東と山口のサーブぐらいな気がしますけど、ここで披露されるのでしょうかね。

SOULCATCHER(s)
 刀魂全開で笑いました。これが超次元吹奏楽だ! 次回も形態変わるのでしょうか。

 弦野は1人で指揮と演奏しているから意見の齟齬は起きず、神峰と刻坂はぶつかり否定して答えを出していると、打樋の神峰李によって前に説明していたということが良かったです。
 キョクリス先輩の音を出すポジションは無限というのは吹奏楽知らない私でも無限というだけで「何だか凄そうだな」と思わせてきて良かったのですが、実際どうなんでしょうかね。

 音羽と弦野のセッションバトルが素晴しかったです。漫画である以上音で表現できないので、絵で凄く見せてきますね。刀VS龍のバトルとか、よく吹奏楽漫画でできたものですよ。
 いきなり演奏をやめて神峰がMCがぶち込んでくると、この際の打樋のドラムが何となく雰囲気が解って良く、最後に曲を変更して1987年のコンクール課題曲を入れてくると、観客は誰も知らず、ライブハウスノロックフェスで吹奏楽をやることに弦野は理解ができず、イカれているとまで思わせると、これで完全に弦野は神峰を意識するようになりましたし、神峰とバトルして指揮者が必要だと思うことになるのでしょうか。次回で決着なので弦野最終形態も見れそうですし、この吹奏楽の曲をやって観客がどう反応するのかもとても楽しみです。

アニ基地!
 遊戯王、全てのカードを書き換える!? それは恐ろしい効果とかそんなもんだいじゃなくて、カードゲームじゃなくなる気がするんですけど、これに対してどう解決してくるのでしょうかね。アストラルがカードの書き換えを無効にするのでしょうか、カードゲーム要素が全く見えてきません。

 そして表紙であったカラーページではこのアニ基地で敵として存在しているドンサウザンドのことは一切書かれず、遊馬はシャークと最終決戦する気満々なのであった。7体のモンスターでオーバーレイネットワークを構築って、まず場に出せない気がしますし、そこまでやっちゃったら某創造神みたいにゲームに勝利で良い気がするんですけど、どうするのでしょうかね。

BLEACH
 あの閣下の意味不明な行動に理由がついた・・・だと・・・!? これで味方の処刑というイカれた行動に理由ができたことに驚いてしまいました。本当に閣下はやりたい放題だなあと思っていたのですが、自己強化の為だったのですね、普通に納得できる説明がきて良かったです。

 しかしマスキュリンはジェイムズと、これは説明にあった「臆病な者には勇気が湧き」の辺りでしょうかね。憧れる存在になるも、本当の自分は残しておきたかったとかなのでしょうか。
 しかしユーハバッハの能力はラスボスに相応しいトンデモ能力で良いですね。敵も味方も死ねばユーハバッハが強くなる。現時点ではどれ程の強さなのかは解りませんけど、修行後一護でどうにかなるのでしょうかね。まあ、浦原がまた何かしら対策を立てて解決しそうな気がしますけど、最終戦で浦原が締めてくるとも思えず、どうしていくのかが楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

陛下の真実

ユーハバッハの説明回でしたね。
しかしジェイムズがマスキュリンの本体だったとは・・・
2人で1人の滅却師だったと言う事ですね。
しかし敵味方問わず死ぬたびに陛下の力に貢献する事になるとかはた迷惑以外の何物でもないですね。
一護達に対抗策はあるのでしょうか・・・

Re: 陛下の真実

> ユーハバッハの説明回でしたね。
> しかしジェイムズがマスキュリンの本体だったとは・・・
> 2人で1人の滅却師だったと言う事ですね。

スーパースターになりたかった結果なのでしょうかね。ジェイムズなら結構能力を強化していますけど、他のクインシー達も能力を入手したり強化されたりしているのでしょうかね。

> しかし敵味方問わず死ぬたびに陛下の力に貢献する事になるとかはた迷惑以外の何物でもないですね。
> 一護達に対抗策はあるのでしょうか・・・

浦原がなんとか出来るかどうかでしょうか、まだ浦原達は能力を知らないので何ともできなさそうですけど、このまま戦いが続けばユーハバッハは強化されていきますし、どんな最終決戦となるのかが今から楽しみです。

ユーリさんコメントありがとうございます。
プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる