中二病でも恋がしたい!戀 第2話 海豚の・・・恋人契約 感想

 もはや原作のキャラを使用した別物と化しているこのアニメですが、新しい原作キャラが普通に出てくるだけで驚きと喜びがきてしまうものですね、今週のラストは来ると解っていてもワクワクしました。

 初っ端で当然の如く元の髪に戻している森夏に笑いました。凄いなあこのギャグ、これだけで笑えるだけモリサマーの存在はデカいです。1話全部使用してのギャグだったのに誰も何一人言わず、自然に進んでいる所に狂気を感じます。あの黒髪も黒歴史になるのでしょうかね。

 森夏、凸守、くみんの三人が同棲が気になるという理由で二人の監視に入ると、六花に料理を任せたらとんでもない事になり、当番にしたらしたで放棄して遊び、やけに高い物を所持しているかと思えば十花の仕送りである28万円を使用と、やべぇ、やべぇよ六花……頭が空過ぎる。これは一人暮らしさせることは絶対にできませんね。十花も戻ってくるレベルな気がします。同棲よりもどーせいっちゅうねんってレベルだ。
 通帳、上の方で140万ぐらい吹っ飛んでいるのは流石に六花が使用したと考えたくありませんけど、一体何に消えたのかが月日とかが無いので微塵も想像できないなあ。

 スーパーで買い物に行っている所も尾行し、全く進展が無いので倦怠期だと森夏が勇太に言うと、勇太は手を繋いで無いと森夏に言えばマジでキレると、ここの表情が憎しみの塊みたいでとても良いですね。他人の恋愛ごとでここまでの感情を出せる森夏は凄まじいです。

激おこ森夏

 森夏は勇太を連れてとりあえず一色を吹き飛ばし、巫部風鈴に会いに行くと、まさかここで名前が出てくるとは思っていませんでした。しかし彼女は可愛いけど今後もモブなのでしょうかね。まあ、次回以降になるのでしょうか。次回からは別のキャラが話に関わってくると思われますが。

 デートのメールを送り、勇太と六花のデートが始まると、謎二人乗りで笑いました。こんな二人乗り、初めて見ましたよ。何か腰痛めそうですね。
 六花が勇太と手を繋いだりと、今週は終始イチャついていましたね。まあ、原作に近いと言えば近いですし、六花が好きなので満足できましたけど、話としてはデートしただけなので評判がどうなのか気がかりです。私は手を繋ごうとしている六花がとても可愛くて満足できました。

六花

 その後イルカショーでイルカに指示を出す場面で六花が小学六年生とか言い出して笑いましたけど、確かに空気を読んでいる言えば読んでいますね。あの服装で高校生とは思えないだろうからなあ、しかし六花は常識的な行動もできたことに驚きました。今週見ていたら普通にぶっ飛んでいますからね。

 このデートは邪王神眼恋人契約となって、内容は特に変わらず今までの関係で行くことにすると、森夏は先延ばしにしていると厄介なことが起きると言い、そこから一期の六花のように上から新キャラである七宮が降りてきて終わると、次回から本格的に話が始まりそうでとても楽しみです。
 
 問題は全12話だとして後10話あるのですが、10話も一体何するんでしょうかね。流石に10話全部使って七宮絡みの話をするとも思えませんし、色々やって普通に締めるのでしょうか。

 普通にライバル襲来のように新キャラが六花の前に現れて終わりましたけど、ここからどうするのでしょうかね。原作キャラを使ってきたりしていると少しは原作通りやるのではないかと思ってしまいますけど、今までの話を見ていると微妙ですからね。まあ、原作通りやっても今週みたいに終始いちゃついているだけになってしまいますし、原作を変えて行った方が良いとは思ってしまいます。次回どうするのかが楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる