戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE13 遥か彼方、星が音楽となった・・・かの日 感想

 終わってしまった……。本当にシンフォギアは素晴しいアニメです。最終話の勢いは一期のようでしたけど、もし三期もやるのなら同じようになりそうだ。XDは私の中で完全に最終回フォームです。

 初っ端からウェル博士が「どぅわ!」とか言って階段から転げ落ちて笑いました。この人、一体何回転んだのだろうか、そして風鳴司令と緒川が登場するも、ウェル博士は何とか逃亡すると、この時はまだ命拾いしましたね。あの二人にソロモンの杖によるノイズ無しで勝てるとは思えないからなあ。シンフォギア奏者でも止まらないということは一期の時点で判明していますからね。今回は忍者の緒川さんも居るからなあ。杖が無いと詰んでます。

 ウェルはフロンティアがあると言い、ネフィリムの心臓を止めたら暴挙も止められると言って、マリアは響にお願いし、風鳴司令は地面を粉砕してウェルを探すことにすると、当然のように地面破壊して笑いました。一期の実績から成せる技だなあ。
風鳴司令

 そして響は翼、クリスと合流してネフィリムの心臓部に向かうも、巨大ネフィリムが登場すると、自立型完全聖遺物でしたけど、そんなことよりもウェル博士の「ネフィリーム!」が正義の味方の巨大ロボを操縦するかのような叫びで笑いました。しかしネフィリムさん、前に覚醒響にやられて逃げちゃってるから、強化されてても強いというイメージは無い。

 マリアはセレナを見ると、あんだけ妹の名前を口にしながら泣いていましたし、来ちゃいましたか。歌で皆を助けたいと言い、セレナが歌ってマリアも歌うと、世界中の人が祈っていましたけど、これを見ると先週の歌は選曲ミスだったんじゃないかとも思ってしまう。いきなりガングニール歌われても、何がしたいのか全く解りませんね。

 そして現れるマムで笑いました。何故ここでアーマー!?どんだけ高性能な車椅子なのだろうか。
ナスターシャ

 フォニックゲインが高まったとマリアに伝え、泣いていましたけどすぐに「世界最高のステージの幕をあげましょう!」と言い出して笑いました。マリアさん、全世界にあんだけ泣き姿晒しておいて、普通に元に戻るというのは大物過ぎて凄いですね。

 調と切歌がネフィリムとの戦いに参戦し、マリアも登場してギア装着時のエネルギーをバリアにしてネフィリムの攻撃を止め、響がフォニックゲインの力も加えて殴り飛ばすと、この全員が歌う最終決戦が非常にシンフォギアらしくて素晴しかった。
 そして70億の絶唱からXDモードと、この宇宙に飛びたってからのモードチェンジ後にネフィリムに一撃叩き込むシーンの勢いでAパートが終わると、下手したらこれでBパート後日談になっていてもおかしくないレベルでした。最終話に相応しい前半だったなあ。

 ウェルは緒川の影脱いで封じるも、それでもウェルはなんとか行動を起こしてネフィリムの心臓を切り離すと、英雄になれない世界を蒸発しようとすると、ウェルは確保するだけにして、ただの人間として裁くと、どんな末路を送るのかと思っていただけに、普通に捕らえるというのは考えていませんでしたけど、風鳴司令は大人ですし、ウェル博士にとっても一番苦痛ですか。拘置されてる間に自決でもしそうだけどなあ。まあ、ウェル博士は危機が迫ると脅えまくっていましたし、自ら死ぬ度胸があるようには見えません。

 最後に巨大ネフィリムが登場し、宇宙でバトルと、調の終Ω式ディストピアで笑いました。先週はなんかロボになりたい願望でもあるのかと思わせる形態を見せましたけど、今週ロボ出してきましたよ! 胸あるのは願望からくるものなんだろうなあ。
調ロボ

 ソロモンの杖でバビロニアの宝物庫を開き、ネフィリムを送り飛ばそうとするも、ネフィリムが抵抗してマリアを道連れにしてきたので宝物庫に入り、OPが挿入歌として入りながらノイズ狩りを行うと、ノイズが普通に生物だったら、今回は完全に家に乗り込まれて皆殺しにされているような感覚なのでしょうか、まあ、人間を炭化していますし、人間が乗り込まれて排除されるのも仕方が無いのかも知れませんね。
 脱出の際にネフィリムが妨害してきたので、奏者全員のビックバンパンチみたいな技で脱出すると、ラストが巨大拳というのは久々でした。真マジンガー以来な気がします。

 そして衝撃で皆が動けず、閉じなければネフィリムの爆発が起ると、ここで未来が出てきましたけど、未来さんが物凄い強肩で最後まで笑ってしまいました。ソロモンの杖は杖に見えるけど、実際はプラスチックだったとか、そんな軽さだったとしても飛びまくっていますけど、ソロモンの杖と宝物庫は磁石みたいに引っ付くとかなのかなあ。

 最後は皆のフリューゲルで締めと、マリアが響に「君が居てくれて良かった」と言っていますけど、居なかったら世界中に泣いている姿を晒した後に世界が終わっていますし、本当に居なければどうしようもなかったですね。マリア。
 そして世界中に姿を晒した響は普通に登校していて笑いました。アレをどうやって解決したのかは解りませんが、本当にどうやったのでしょうかね。大人ならなんとでもできそうな気がしますが。後日談のクリスちゃんが可愛かったです。
響とクリス

 終わったらCMでマリアがセレナに「第一話冒頭50秒ぐらいの貴方はシンフォギアって感じで輝いていたわ!」とか言ってて笑いました。歌って絶唱顔だもんなあ。確かにシンフォギアでした。

 シンフォギアGが終わりましたね。一期の勢いはそのままで、力強い熱唱戦闘、新キャラが増えたことによりデュエット戦闘、中ボスぐらいかと思われていたのに、最後までボスを貫いたウェル博士。最終話でなんとか取り戻すも、12話までは転落しまくっていたマリアと、一話一話非常に素晴しかったです。一番笑ったのは12話で、盛り上がったのは10話の未来と響の戦闘ですね。未来の初戦闘、歌唱、響の新曲披露によるヒロインを取り戻す為の決戦が最高でした。

 シンフォギアは三期も期待したいのですが、三期はどうなるかですね。月でまだ話としては何かしらできそうですが、シンフォギア奏者とかこれ以上増やせるのだろうかとも思わずにはいられませんけど、三期を楽しみに待つことにします。
スポンサーサイト

テーマ : 戦姫絶唱シンフォギア
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎戦姫絶唱シンフォギアGEPISODE13遥か彼方、星...

マリ)ガングニール適合だと d>こんなところで、終れるものか!シン>そのシンフォギアはヒビキ:マリアさんの歌が答えてくれたんです[)フロンティア移動開始マリ)今のウェルは...

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる