戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE12 撃槍 感想

 今週のシンフォギアは面白すぎて笑う事しかできませんでした。これ、マリアファンはキレてもおかしくないレベルだと思いますよ。まあ、マリアは2話で風輪火斬喰らった辺りからなんとかなりそうな気がしましたけど、今週のラストは予想外でした。下洛していくライバルキャラというのは凄いなあ。落ちる所まで落ちちゃいましたよ。今週でただの優しい歌の巧いお姉さんとなったからなあ。

 本編終わって余裕があったらマリアの格落ちについて書いてみようと思っていますけど、余裕があるのかは微妙です。

 EDの挿入歌で調と切歌の戦闘が入ると、双月カルマに笑いました。そしてイチャつきながらも戦闘になると、盛り上がる展開でしたけど、それを置き去りにするOTONA出動! 緒川さんも運転手として同行するとか、この二人は現時点では人類最強クラスなので、最終話で何をやってきてもおかしくはありません。宇宙に飛んだマムを見て空を飛んで救助した。とかやっても納得する。それ程までの信頼があります。

 OTONAが出撃しようとしたらマリアが世界各地に映像を流すと、フィーネを名乗っていたとか、ノイズを出してまで宣戦布告をした人が色々説明しても普通は納得できないだろうなあと思うしかありませんでした。一般人にとっては最悪の存在であるノイズを出している時点で信じようがない気がします。

 マリアは歌が力になるという事実だけは信じて欲しいと言って世界中に放送している中で変身を行い、皆の歌を貸して欲しいと言いながら歌い出して笑いました。圧倒的に説明が足りていない……。歌詞カードを手に持ちながら歌って欲しいと言って歌うとか、何でも良いから歌えば力になるので、自分の好きな歌を歌って下さいとか言わないと、いきなりガングニールの歌を歌っても意味が解らないだろうと思うしかなくて笑いました。
 
 翼はクリスのやりたいことをさせると、ここで奏を出してきたのが良かったです。一期では死んでからも結構な頻度で出ていましたけど、二期では出番皆無だったからなあ。そしてクリスは風鳴先輩と言い、技の激突で両者吹き飛ぶと、それを見てウェル博士が飛び跳ねながら喜んでいて笑いました。本当に人生満喫しているよなあ。

 調と切歌の戦いは切歌がリンカーを使用して、両者絶唱を発動すると、調の絶唱がロボで笑いました。調は通常時は円盤で加速できるのに、この絶唱は動作鈍そうだなあ。

 切歌の攻撃を調はフィーネシールドで防御し、それを見た切歌はショックを受けて自決に走ると、切歌も切歌で調を攻撃していて精神的に限界がきていたのでしょうね。

フロンティア会場で歌うマリア
マリア

 爆笑。今まで四人がガチでバトルをしている中、マリアさんは一人フロンティアで熱唱していたのか。酷いのはこれが何の意味も無いってことだwww
 いや、まだ来週がある。来週この行為が何かしらの意味さえあれば……今までの扱いから無さそうだぞ。

 皆全く歌っていなさそうでしたけど、まあ、そりゃそうですね。

 そしてマリアさん、月の遺跡は沈黙したままだから全国中継で妹の名前を言って泣いたー!! これは本当に可哀相でした。まさかここまでの扱いをされるとはなあ。

 ウェル博士は滑り落ちていて、倒したと思っていたらクリスが生存していて「はぁ!?」と驚くと、本当にウェルのリアクション芸は面白い。そしてクリスの首輪が壊れたのでウェル博士は怯えながらもノイズを出し、アンチリンカーも出していると、ここでのウェル博士は狂人ながら、ノイズを陽動にアンチリンカーの弱体化という動作に即座に出れているのが凄いですね。だからこそ今まで生き延びることができているのでしょうけど、自身の戦闘力が無いというのに努力する姿は好感持てます。それ以外はギャグにしかなっていない。

 クリスはパージしてノイズを追い払い、全裸でウェル博士に突撃して杖を弾き飛ばすも、ノイズはまだ存在するという絶体絶命状況で翼が一期の絶刀がくると、ここで一期の曲を使ってくるというのが良いですね。二期である以上新曲となる運命ですけど、ここで一期の曲を使うことで敵を追い払うというのがとても良かったです。

 そしてウェル博士はソロモンの杖を手放したのでマリアをぶつけるしか無いと、完全に道具扱いになっていましたね。
 そして一期フィーネが調の思考に存在して調を助けると、フィーネは一期で完全に改心していたことが判明していたのが良かったです。しかし、月一本背負いしてきましたし、最後だけは了子に戻ったのかと思ったのですが、あの台詞も普通にフィーネの台詞だったのですか。というか、二期の問題の月は一期フィーネのせいだよなあ。

 ここからの展開が怒濤で笑いっぱなしでした。笑う事しかできなかった。

 ナスターシャがもう一度するように頼むも、マリアは無理だと言って泣き、奇声をあげているウェル博士に殴り飛ばされてまず爆笑。シンフォギア纏っていても普通に殴られたー!! いや、流石に精神が不安定でウェルの存在を気付けなかっただけなのでしょうけど、先週に続き今週も殴られましたよ。これは駄目な女だなあと言われても仕方が無い。ここでウェルの動きを止めることができていればまだマシだったかも知れない。

 ナスターシャがウェル博士に月を元の起動に戻す方法を言えば、「アンタが月に行ってくればいいだろ!!」とかウェル博士が言ってナスターシャの居る地点を打ち上げて宇宙まで吹っ飛ばして更に爆笑しました。本当にやりたい放題ですけど、当然のように宇宙に吹っ飛ばしてきたのには笑うしか無かった。この場面の腕組んでるウェル博士見ているだけで笑ってしまいます。
ウェル博士

 マムロケットを見てマリアは槍を構え、ウェルは「僕を殺すことは全人類を殺す事だぞ」と言うも、恩師であろうマムを殺されたので当然「殺す!」と言って突撃したら「えぇぇぇぇえええ!?」とかいいながらウェル博士が腰抜かして爆笑しました。何を考えているのだろうか、この博士。

 そして響がマリアとウェルの間に入り、世界が死ぬことを勝手に確信したマリアはウェルを殺そうとするも、響は槍を素手で掴み、生きるのを諦めないで!と言って叫び、マリアのガングニールを強奪すると、遂にマリアの武器までも消えたー! マリアはただのガングニール持ちだったとうことなのでしょうか。それすらも消滅すると、マリアは次回どうするのだろうか、そしてクリスのことを考えれば、待っているのは世界中継での全裸。ラストまで可哀相になってしまうのか!?本当に見物です。

 そして最後に響は「撃槍ガングニールだあぁぁぁぁ!!」と叫んでOPがEDと、一期12話のシンフォギアアァァァァを沸騰させる締めで素晴しかったのですが、全世界に響が変身できることを公開しましたし、これは流石のOTONAでもどうにかするのは難しいのではないかと思うしかありませんけど、一体どうするのでしょうかね。

 ウェル博士を説得は無理でしょうし、月をなんとかするしかないのですが、どうするのかが楽しみです。皆が歌うにしても、世界中の皆が歌を歌う納得できる理由を作る事ができるのだろうかと思わずにはいられません。

 遂に次回は最終回ですね。ここまで盛り上がりましたし、締めがとても楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ : 戦姫絶唱シンフォギア
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる