ジャンプSQ10月号 ToLOVEるダークネス 第35話 感想

 先月の引きからこうなるとは考えてもいなかったなあ……流石トラブルでした。

第35話「Kiss~キスの先にあるもの~」
 このタイトルはあの意味だろうと思うしか無いも、少年誌でできないだろうと考えていたらモモがララに教えようとしているんですよ。この躊躇いはジャンプSQだから来るものなのでは無いかと思ってしまう。乳首OKのSQでも流石に無理なものは有りますね。

 ララがリトとキスをしようとしていて、リトは風呂場だから当然の如く足を滑らせ、ララの股間にキスをすると、この展開は凄まじかった。口によるキスをするかしないかという状況下、この作品が下した答えが「緊張によって足を滑らせ、股間にキスをする」という、イカレきった回答でした。

 この際のララが可愛かったのですが、唇にキスをしようとしていたら股間にされるとこうなりますか。リトの力には敵う気がしないなあ。
 ナナはララとリトが好き同士だということを知らず、その頃リトは夢で春菜とキスをする夢を見ていましたけど、リトは今までのトラブル現象のせいで、まず裸から女性を見るようになっていたのに笑ってしまいました。今まで数々の裸を見てきたので、基本的に女性=裸のイメージでもあるんじゃないかなあ。全裸で迫ってきてやることがキスというのが凄まじいですね。リトはどんな思考をしているのだろうか。

 リトは学校でララに会い、キスはできないと、どっちとも結婚という結末に納得ができていないのでまだキスはできないと、ここまで言うと最終話では誰か選ばなければならないのではないかと思ってしまうのですけど、一体どうするのでしょうかね。週間時代はあの結末を受け入れることが普通にできましたけど、ここまでやっちゃうと週間と同じ締め方はできないだろうと思い、どうするのかが楽しみです。

 そして最後にモモがナナの元にやってきて計画のことを話そうとすると、この計画を普通に賛同する人物は少ないだろうと思うしか無く、ナナも反発するだろうと思うしか無いんですけど、モモは表情から結構自信がありそうなので、どうするのかが楽しみです。

 今週はリトのトラブルパワーが凄い回でしたね。いや、風呂場だから滑るというのは自然の摂理なのかもしれませんけど、キスと言われておいてからのアレは凄まじかったです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる