戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE10 喪失までのカウントダウン 感想

 シンフォギア、後三話で終わってしまうのですね。この終盤の盛り上がりは素晴しいのですが、マリアは後三話でどうするのでしょうか。一話の時点ではボスキャラだったのに、今では操縦者ですし、もしこの後改心して仲間化したとしても、大したこと無いんじゃないかと思うしかありません。

 OPに神獣鏡未来が追加されているのが良かったです。次回からどうするのかは解りませんが、これでOPは完成でしょうかね。神獣鏡未来以上のことは出来ないだろうと思うしかありません。
 シンフォギア未来を見てナスターシャはウェル博士が無理矢理にリンカーで適合させたのかと言えば、ウェル博士はウザさの塊みたいな仕草で否定した後に、「愛!ですよ!」とか言い出したウェル博士の面が面白く、それに対抗して「何故、そこで愛!?」とか言い出したナスターシャの追撃にも笑いました。
ウェル

 シンフォギアの未来はリンカーで無理矢理作られたので壊れやすいと調が言い、未来が突撃すると、バイザー装着してからの突撃がとてもカッコ良かったです。完全に浮遊していますね。
 クリスが未来と戦うことになると、神獣鏡とかいうトンデモナイアイテムをヒロインが使用してきたので、普通に無双してくるのではないかと思いましたけど、クリス戦では被弾したりしていたのであんまり強さを感じることができませんでしたが、倒れてから起き上がり、武器を展開した未来が非常にカッコ良かったです。
未来

 そして未来歌唱からの閃光と、歌の歌詞も響の為に戦う感じがよく出ていて素晴しく、クリスがリフレクターでガードするも押されかけて翼が助けに入ると、剣を防御壁に何枚も出しながら最終的に破壊されたので剣を台にして上空に飛ぶことで回避すると、この剣を昇りながら回避するのが切羽詰まっているとよく解りますね。

 切歌が調は味方だから止めるように叫ぶも、ウェル博士がそれを否定し、此方にあるアドバンテージはソロモンの杖と、まあ、ソロモンの杖があるかないかでOTONAが飛び出せるか飛びさせないかという大問題ですし、ソロモンの杖あるからこそこの組織は今でも保っていられるんだよなあと思うしかありませんでした。

 クリスがノイズの撃破に向かい、切歌は翼と戦い、未来が何処かに行くと、翼は振り切れるも、調を置いて行くわけには行かずに止まるという状況下で緒川さんがいきなり水上からやってきて笑いました。その後未来さんの捕捉をと頼んで瞬間移動したかのようにスーッと消えていったのに更に笑いました。ちょっと予想以上に忍者でしたよこの人。本当に2話の時に調と切歌は緒川さん相手にシンフォギアを使わなくて良かったですね。命拾いしていたんだなあ。なんで緒川さんは平然と水上走ってるんだよww
忍者

 翼が切歌を振り切るも、切歌は背後から翼を狙って鎖で捕縛し、そこかがギロチンのように刃をブーストで加速させて叩き込むと、容赦ない処刑法が凄まじかったです。これ、明らかにノイズじゃなくて対人技だよなあ。
 翼は平然と鎖を切り外せたので、これは単純に切歌の鎖が弱すぎたのでしょう。いや、防人翼が強すぎるのかも知れませんけど、明らかに必殺技が普通に対処されたからなあ。実力差が有り過ぎますよ。

 未来から発せられるエネルギー波は聖遺物の力を分離させると、「この聖遺物殺しをどうやって止められるのか……」とか、確実に肉弾戦に持ち込めば止められるのではないかと思われる風鳴指令が言っていたのに笑いました。風鳴指令の拳も普通にシンフォギアを圧倒するからなあ。一期のボスであるフィーネも隙を突かれるまでは追い込みましたし、普通に聖遺物殺しだろうが勝てるだろうと思うしか無かった。信頼感が物凄いです。

 未来の前に響が現れると、未来は普通に響と会話に出ましたけど、新しい争いの無い世界を創り、響が戦わなくてもいいようにすると、響は未来にそんなことをして欲しくないと言えば、未来は「私は響に戦って欲しく無いの」と不機嫌そうに言ったので響が戦うと、後半から歌変わるのは一期と同じであり、レーザーを回避しながら跳ぶ響が非常にカッコ良かった。

 未来は響が聖遺物によって苦しんでいる姿を見て自我を取り戻しそうになり、響は未来を掴み、聖遺物を消し去る攻撃ならそれを食らうことで脱ぐと、未来は頭に埋め込まれた物が消失するのか停止するのか解りませんけど、どちらにせよ脳が危ないのでは無いかと思うしか無く、響は体内の聖遺物が消えたら身体中が酷いことになってしまうのではないかと思うのですけど、何とかなるのでしょうかね。
 あのレーザーが直撃しているというだけでも重傷ぐらいになっていそうな気がするのですが、一体どうなっているのか、次回が楽しみです。しかしこれでガングニールが消失したら、響はもう戦えないのですが、本当にどうするんだろうなあ。

 そして最後にフロンティアが浮上すると、ここからどうするかですね。切歌フィーネとネフィリムとフロンディアが重大になりそうですけど、Cパートでクリスが翼を撃って引きと、クリスが翼に謝りましたけど、これは今週の台詞を考えると自分一人で決着を着けに行こうとしているのでしょうか。

 今週のシンフォギアも素晴しかった。敵に捕まって操られたヒロインに対して主人公が命懸けで戦うという王道展開の盛り上がり後にあのラストですからね。後三話もありますし、最終決戦に向かっていますね。次回も非常に楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ : 戦姫絶唱シンフォギア
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

1つのクライマックスが過ぎ、最後のクライマックスが幕を開ける…… (戦姫絶唱シンフォギアG 第10話視聴)

ガングニールの浸食によりもう変身できない状態の響に加え、 神獣鏡のシンフォギアをまとった未来。 そして状況の変化に翻弄される(ウェル博士を除く!)両陣営。 この状況で残り...

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる