ダンガンロンパ 第10話 疾走する青春の絶望ジャンクフード(非)日常編 感想

 今まで全く感想を書いていませんでしたけど、ダンガンロンパは基本的には殺人事件が起きて、それを解決していくゲームだということは知っています。アニメだと事件が起きた際に何が起ってこうなったのか全く解らず、ゲームだとそこから調べていくのでしょうけど、アニメはそれをバッサリとカットしているので、いきなり次話の学園裁判回で証拠を出されたりしていますね。
 何も考えず、次回で解るから次回見ようと思えるのは良かったのですが、私は淡々と見ています。安定した面白さがあるも、特出した面白さが無いような、そんな感じです。

 今回は霧切が動くために苗木がモノクマを読んで時間稼ぎをすると、流石に二人がカメラの届かない脱衣所に居て、その一人が呼び出しかけたらもう一人を怪しむだろうと思うしかありませんけど、ワザと霧切を動かさせたとかなのでしょうかね。時間稼ぎと言ってもあまり時間稼げていませんでしたし、重要な部分になる前には退散していたとかなのかもしれません。まずモノクマがどう動いているのかすら解らないからなあ。

 そして超高校級の絶望と呼ばれていたむくろは何か知らないけど刺されて死んでいると、覆面を外そうとしたら爆発したので、アレもモノクマロボットみたいな類なのではないかと思うしか無いなあ。ジェノサイダーが爆発に巻き込まれた瞬間に、連鎖的に死んだなあと思っていたら平然としていたのには驚きました。殺し合いをやっている中で人知超えている人が居るんですけど、まあ殺人鬼だからなあ。ステータスが全部MAXとかなのかもしれません。さくらちゃんも消えましたし、現時点で最強ですね。

 EDで全員が登場すると、最初に霧切出してきた時はCパートまで霧切が出ていなかったのであの覆面が霧切だと確定したのかと思って驚きましたけど、全員の写真と、こういう一瞬だけでも驚かそうという趣向があったのは良かったです。
 もうそろそろ締めなのでしょうかね。今の所この状況を何とかできそうなのが霧切だけなので、霧切さんが何とかしてくれた。で終わってしまうのではないかと思ってしまいますけど、どうするのかが楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる