ジャンプ40号 感想

 めだかボックスのコンプリートブック、もう今週発売ですね。多分西尾先生のことなので、相当書き込まれているだろうと思うしか無く、非常に楽しみです。

ONE PIECE
 チンジャオ、これ明らかに大切にしないといけない頭なのに、平然と武器にしてガープに頭突きしているので、8割ぐらいチンジャオ自身のせいだろうと思わずにはいられませんでした。まあ、それだけ頭に自信があったということなのでしょう。しかしこんな頭の殴られかたしたら脳が破裂してもおかしくないですね。よく生きていたものですよ。
 まあ、ワンピース世界なら頭が潰れた程度では死にませんか。

 
 チンジャオは牙をもがれているので張り合う程度の実力なら見込みは無いと、全盛期と比べては相当弱体化しているような発言があり、ルフィは雷将象銃でその頭を再び伸ばすと、これで富は戻りましたし、この編だけ仲間化するんじゃないかなあと思ってしまいます。もし仲間化したらドフラミンゴのコロシアムでルフィを封じる行為がマイナスになりそうですけど、そこら辺はドフラミンゴは何か考えでもあったりするのでしょうか。

 最後にバージェスが気付くと、ここでバージェスがどういう行動を起こすかになりそうですが、どうするのかが楽しみです。

食劇のソーマ
 ラストの円卓がとても良いですね。こんなん出されたら来週敵幹部会議する気満々だよなあ。誰一人倒されていないので「奴は一番の小物……」とかは言えないのでしょうけど、次回で十傑のキャラ紹介をしていくのでしょうかね。三人ほど居なさそうなのは一番と二番と四番かなあ。四番というのは何となくですけど、こういうのでトップが居ないというのはよく有りますし、次回どう新キャラを大量に出すのかが楽しみです。

 本編の内容である唐揚げについては特に何も思いませんでした。普通に相手とは別方向で攻めようとしていて、それが今週の閃きによって巧くいきそうなので普通に倒せそうな気がしてきます。まあ、相手が十傑の関係者なので、何かしらをしてくるのかもしれませんけど、十傑の人が動くまでは余裕そうな感じしかしてきません。

ワールドトリガー
 この順位の高さに驚きました。嬉しいのですが、これがカラーだからなのか、アンケート結果なのかがカラー回なのでよく解りません。

 隠密戦闘で狙撃手と連携が取りづらくなりますが…と、その際の欠点を部下が言うも、隙を突くためであり、狙撃手の攻撃が当たっても文句は言わんと欠点についても話していたのが良かったです。葦原先生は本当にしっかりとしているなあ。

 風刃は目の届く範囲どこにでも攻撃ができると、無茶苦茶強い能力が黒トリガーらしくてとても良かったです。ガレージの中で全範囲からの攻撃を行ない、太刀川がやられるも、そこを風間が付き、足からのブレードによって読みのがさせたのが巧いですね。予知でも攻撃を与えることができるという証明をしてきたのが良かったのですが、一位の太刀川は今週で普通になんとかなりそうな人になってしまいました。素は最強ですが、突撃思考っぽいなあ。まあ、相手が迅だからなのかもしれません。

 風間は足を、太刀川は腕を切断されましたし、リロードも普通に行なえるのでしょうかね。太刀川と風間が足掻くのでしょうか、今の所迅がどうしようもなさそうですけど、リロードという弱点がありますし、そこを突くしかなさそうですけど、サイドエフェクトが強いですね。次回は太刀川達がどうしていくのかが楽しみです。

暗殺教室
 有望だった殺し屋数名が突然消えるとか、殺し屋集団を作って殺せんせーを殺そうとする殺し屋編でも始まるのではないかと思わずにはいられません。相手が悪いと言うしか無いので、一週で一人ぐらい倒されていきそうな気がしてきます。

 殺せんせーは足7本切ったら初速400kmと、なんだかなんとかなりそうな気がしてきましたけど、それでも回避することができるのだとうかと思うしかなく、何らかの防御法でも取るのでは無いかと思ってしまいます。受けて立とうではありませんかとか言っていますけど、対策を考えていても精神攻撃で普通に動きが止まりそうな気がするなあ。

 最高の殺し屋は死神と、この死神がこの作品のラスボスか、ライバルキャラとなるのでしょうかね。とりあえずシロはもうボスとかでは無いんだろうなあとこの死神という存在から思ってしまいますけど、監視しているっぽいですし、早ければ次回ぐらいに出てくるのではないかと思わずにはいられません。

 感想としては特に書くことが無いので一話以降は書いていませんけど、クロクロウは一話完結していて面白いです。普通にバトル展開になりそうですけど、今の所はバトル要素はギャグ部分ですし、今回は老若生物問わずっぽい変態医者がとても良かった。

黒子のバスケ
 今週見ると本当にキセキの世代は悪役だったんだなあと思わずにはいられませんでした。初期の青峰とかチームメイト蹴り飛ばしていたような気がしますし、黒子と火神に負けるまではこんな感じだったのでしょうかね。
 
 紫原は監督が美人だったのが理由なのでしょうかね。中学生らしくていいんじゃ無いでしょうか。

 赤司は高校の全国の舞台で会い、キセキの世代はキセキの世代として一つに呼ばれることを自分が一番強いと思っているから嫌い、証明する為に自分以外を淘汰すると、そう考えると赤司の無冠が三人居る洛山行きは反則級だと思うのですが、まあ勝つために最善をとったのでしょうかね。まあ、黒子の所も大概ですか、無冠一人にキセキ級一人にキセキだからなあ。

 最後に過去を知った誠凜メンバーたちは一体何を思うって、この回想は確か赤司が二人居る発言からだった気がするのですけど、紫原に負けて二人目の赤司が出てきたので、もう脅威が出ている状態ということなのだと思ってしまいますけど、この点はどうするのでしょうか、次回が楽しみです。

銀河パトロールジャコ
 -5になっていますけど、なんだかのんびりとしていて本当に後五話で終わるのだろうかと思わずにはいられません。今週は特に書くことがありませんでした。

SOULCATCHER(s) 
 とりあえずドベ2から脱出したのは嬉しいのですが、この順位でも不安だなあ……、とりあえず単行本は購入します。この中心で登場人物を出してくる表紙絵を見るとライトウィングを思い出してしまう。ライトウィング、3巻と1巻はAmazonでプレミアついてて驚きました。3巻とか1580円なんですね。まだ購入できるだけ良いと考えるべきなのでしょう。

 最初に神峰の指揮に反対意見が出ると、ここは気になっていたので良かったのですが、バランスが悪いと理由を述べている星合よりも、何も感じなかったと言っている金井淵の方が問題がありそうですね。何も感じることができないと言われていればその発言から学ぶことも難しそうですし、本当に何も感じなかったからこその言葉なのでしょうけど、この問題を一体どうするのだろうかと思ってしまいます。

 そして棄権の二人の一人である吹越の棄権は投票を否定していると、性格出ていて良いですね。そして最後に先生は天籟での指揮を見て本気の気持ちを感じることができたと、神峰の情熱を受け止めていたということが判明したのも良かったです。

 そして神峰は邑樂にピアノを教えて貰おうとすると、明日からと言い、ピアノの難しさに挫折しそうになっていた神峰に対して、邑樂も一緒に演奏することで面白さが解り、それを見た邑樂が顔を赤らめていると、これは別の意味でも攻略を行なっていたということなのでしょうけど、まあ元の気持ちにしてくれた相手ですし、恋愛感情が芽生えたとしても何らおかしくは無いですね。それを見た神峰メンバーの反応が面白かったです。暴君は楽しそうですし、歌林も普通に参加していますし、一人は誰なのか解りませんけど唖然としていると、逃走する移動方法もとても面白かった。暴君音羽は普通に楽しんでいそうですね。

 そして明日と言っていた理由として手作りの弁当箱と、それを見るために接近した神峰メンバーの移動法に笑いました。まるでピクミンのようだ。
 しかしいきなりの手作り弁当って、もう告白したようなものだと思うしか無いんですけど、神峰の反応的に普通に返しそうですし、単に感謝されて愛に気付かなさそうな神峰を見た邑樂はどう反応するのでしょうか。

 そして次はどのパートに行くかということになり、吹越先輩編となりそうですけど、相手高校の共感覚能力者も登場しましたけど、味覚が普通に味覚で驚きました。嗅覚は普通に音から臭いを感じて(それだと味覚とあまり変わらないので何かしらしてきそうですが)触覚だと音とダンスするとかなのでしょうかね。

 最後に吹越が楽器を吹けなくなると、楽器を吹けなくなるのは音羽もでしたけど、妹が普通に楽器をしているので親関係では無いのでしょうかね。病気は一話でやりましたし、何をしてくるのかが解らず、どういう理由があるのかが楽しみです。

ハイキュー!!
 ソウルキャッチャーズの浮上に驚いた後にハイキューが来て驚きました。この順位はヤバイなあ……。まあ、上が上ですし、こうなってしまう時もあるのでしょう。

 谷地はバレー経験も知識も無いからマネージャは無理だと言おうとするも、遮られ、練習試合が始まると、いきなり服を脱ぎ出した行為に谷地が驚いていましたけど、上半身ぐらいなら水着とかで普通に露出するよなあと思ってしまうのは私が野郎思考だからなのでしょうね。

 旭はヘアバンドを装着していると、ただでさえ高校生に見えないのが更に高校生に見えなくなったなあ……。ただのオッサンに見える。
 他が会話していて、精神統一している影山が居る中、一人吼えてる日向が面白かったです。日向と影山はどっかぶっ飛んでるなあ。練習試合は普通に勝利で終わりましたけど、やはり青葉と互角だったので、普通に全国区なのでしょうね。

 夜のシーンで出てくる月の役でドヤ顔している影山がとても面白かったです。表情から多分物凄いやる気で月をやったのでしょうかね。
 最後に谷地が寄付金を募集すると、谷地でもできることに挑戦していますし、ここからマネージャーとしてやる気になっていくのでしょうか。
 
 次回はブリーチの連載再開と、ここから最終決戦ですし、どうなるのかが楽しみですが、最終決戦となると長くやりそうな気しかしてきません。ナルトとかもう2、3年は最終決戦やっていますし、ブリーチもそれぐらいは行くのでしょうかね。
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる