私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 喪6 モテないし、花火に行く 感想

 今日から短くなっても纏めたりせず一アニメ一記事で書いていこうと思っています。去年もそんなこと書いて一ヶ月も持たずに纏めていた気がしますけど、それでも今年やってみようと思ってしまう。

 今回はまず智子の隈が取れていると、一学期が終わる話をこのタイミングでできていたのが良いですね。そして智子は一学期のことを思い出しながらも、鏡で隈が取れていることに気付くと、それでもクラスが何とも言ってくれないので実際客観的に見るとどうなのかが解らないなあ。弟が普通と言っていますし、中の中から中の上ぐらいになってはいるのでしょうか。

 本でセックスのお陰だと思い込み、エアセックスすればモテると考えると、その際の「げっへぇ」とかいう笑い声が物凄くゲスゲスしてて大変素晴しかった。並の女子高生から出る言葉ではない。
 体臭がお花の匂いがしたら~が完全にコーデリアにしか見えなくて笑いました。声からして狙っているとしか思えないんですけど、この時々変わるコーデリア・ミサキボイスによるギャグに私は確実に笑ってしまいます。コーデリアとミサキ以外は知らなかったので、橘田いずみさんが智子とは最初どうなることかと思っていましたけど、こんな声出してくるだなんて考えていませんでした。今ではラジオのせいで橘田いずみさんで良かったと思うしかありません。私モテのラジオは本当に面白いです。

 そして翌日の智子を油で汚れたカラスと例えた弟智貴が非常に面白かったです。この例えが絶妙ですけど、実の姉を油で汚れたカラスとか平然と考える弟は滅多に居ないだろうと思うしか無い。それ程までの仕打ちは受けているからなあ。口に出さない辺りが非常に優しいですね。
智子

 運気が高いから顔面にぶちまけたコーラによってアリが寄ってきて、それによって男子に声をかけられると、今の智子は汚いはずですけど、声かけてくれるんですね。本当に皆優しいなあ、智子だけ酷い。
  
 6話にして一学期が終了し、花火大会当日と、この日に図書館に行く奴は社会不適合者だと考え、可愛い女子に対して「地味かブスなら良かったのに」と思考する智子は全く関わりたく無い人物だよなあ。
 女子は普通に友達居たので男子にすることにして、その策がアラームによるエア電話と、普通にこれをやる精神力を持っているだけでメンタルは強いと思うしか無いんですけど、その後のドアの隙間から「誰でもいいから誘ってくれないかなー」とか言い出したのがうざくて良かったです。うざくて良かったってなんだ。
智子

 結局誰とも一緒に行けず、一人で行ったら目の前にホテルがあり、男子中学生と一緒に鑑賞すると、お姉さんって言われているだけ普通に男と会話できている気がしますけど、まあこれは次回で恐らくあるであろうアレによるものなのかもしれませんね。いや、アレをやるのか解りませんけど、個人的には物凄く見たい。次回はタイトル的にあの回だからなあ。次々回かもしれませんが。

 EDは夏祭りと、定番の曲だなあと思っていましたけど、子供の頃から聞いているから何年に出たのだろうかと思えば、1990年だと……。私が知っているのは2000年のやつだなあ。同じみたいですが。
 
 今週も安定して面白かったです。しかしこのアニメはどうやって締めるのでしょうかね。文化祭ぐらいでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる