ドキドキ!プリキュア 第26話 ホントの気持ちは?六花またまた悩む! 感想

 予告の時点で気が気でなかった回ですが、まあ初めの頃から出ていたキャラなので良いかと思ってしまう。スマイルは本当にいきなり転校生として登場してきましたからね。ドキドキが半年経っているってことは、もう半年以上昔の話なのにまだ記憶に残っているので文章として書いてしまう。多分新プリキュアになったとしても書き続けているのでしょう。

 最初に夢の話になり、六花は医者でも本当にそうなのか思い悩んでいると、当然のように割り込んでくるまどかでしたけど、白玉食っているので普通に偶然の出会いなのでしょうか、しかし通い詰めていたということは、普通に地球人なのでしょうかね。エースが登場してからは毎回序盤まどか登場、後半エースの流れになっていますね。

 イーラはアジトを追い出され、空を飛んでいたら雷に直撃すると、結構安直な記憶喪失方法に笑いましたけど、まあ記憶喪失になるのならこれぐらいはしなければダメですか、本当にいきなり直撃していたからなあ。しかし雷が直撃しても記憶喪失程度で済むっていうのは流石敵幹部。プリキュアも雷並の攻撃力があるということなのでしょうか。

 六花は両親と再開することができず海に行くと、自分がどうしたいのかを考えていれば記憶喪失のイーラを発見すると、敬語なイーラに笑いました。
 「優しいんですね」と言われた際の六花が可愛かったです。しかし敵と言えど正面から誠実に言われると六花でもこうなってしまいますか。
六花

 そして六花は家にイーラを迎えると、ちょっと気が動転しましたけど、その後の六花が転んでのイーラとの消灯はまるでトラブル現象のようでした。いや、トラブルならもっと酷いことになっていますけどね。しかし前半すら終わっていないのにこのイチャつきっぷりである。これには流石に驚いた。

 ラケルの前にシャルルとランスが登場し、イーラにオムライスを食べさせている六花を見ると、これは叫び声をあげますね。いつの間にか六花がジコチュー側についたと思われてもしかたがない程の仲の良さだからなあ。
 皆に発覚し、キュアエースが敵は敵で悪は悪だから記憶喪失中でも粉砕すると、これは結構キュアエースに好感が持てましたけど、実際は演技みたいですし、まあ幼女向けアニメだと考えれば当然ですね。でもこういう一人だけ他メンバーと違い、敵を殲滅する為に行動するキャラが居ても良いんじゃ無いかと思ってしまう。まあ、それをやったら他プリキュアメンバーからの信頼も無くしてしまいますか。

 キュアエースを見た際にイーラが「変身した!?」と驚いているのが良かったです。「急に年を取りましたよ、なんなんですかアレは?」というのが記憶喪失者的には正しいのではないかと思ってしまいますけど、イーラも気を遣ったのでしょうか。

 グーラが登場し、六花が攻撃を庇った際にイーラが地面に頭を打って元に戻りそうになると、グーラ戦はジコチューを出さずに肉弾戦になると、ここまで格闘戦を行なっているのは珍しそうだと思い、イーラにも攻撃を行なうも、それをイーラは弾き飛ばすと、
 
 イーラの記憶が戻り、六花が喜ぶと、その後イーラがプリキュアに対する攻撃を吹き飛ばすことで助けているというのが良いですね。この調子なら普通に仲間化しそうですけど、敵が改心しそうになるのはレジーナで一度やっていますし、仲間になるのかは微妙でしょうかね。

 エースは青唇になることで青レーザーを放つと、青唇に笑いました。これは幼女も引くレベルなんじゃないだろうか。「ときめきなさい」では赤になっているのが残念でした。この口紅もどきは口紅としての役割を果たしていないよなあ。
 エースショット青は水による拘束と、封神の混元珠でも思いましたけど、水系統はこうやって水で捕縛して呼吸させなければどうしようもなくなるので無茶苦茶強いですね。全力で破裂させるとか、飲むとか、それぐらいやらないと厳しいだろうと思わずにはいられません。今回も全身じゃ無くて顔だけあの量で捕縛していたら顔を出せずに死んでいたのでは無いでしょうかね、流石に殺す気ではやっていませんか。

 今週は普通にグーラを追い払うと、珍しくジコチューモンスターが登場しませんでしたね。最初はどうなるのかと思いましたけど、イーラが改心するのかそのまま敵を貫くのかが解らないラストも良かったです。

次回予告
 キュアエースの弱点と、変身時の見た目の変化とか、そんな感じのことではないのでしょうかね。時間制限とかアイが必要とか、そんな感じでしょうか。茶道での真琴がとても面白そうで楽しみです。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドキドキ!プリキュア「第26話 ホントの気持ちは?六花またまた悩む!」/ブログのエントリ

ドキドキ!プリキュア「第26話 ホントの気持ちは?六花またまた悩む!」に関するブログのエントリページです。

コメント

非公開コメント

六花とイーラ

マナの夢は総理大臣、何ちゅう大きな夢やw
多分マナなら普通に達成してしまいそうですね。
六花は医者、しかしそれは親への憧れ?という思いから悩む事に。
亜久里は白玉を食べていると、通い詰めてるというのがかなり意味深ですね。
イーラはアジトを追い出され、雷直撃。
よくそれで無事だったなw
両親が帰れないと分かった六花は海に行き記憶喪失のイーラとご対面。
敬語で優しい発言のイーラにどぎまぎしてましたねw
何だかんだで良い雰囲気な2人。
しかしマナ達にはバレて・・・
亜久里は敵ならば倒すべきとエースに変身。
一応正論ですけどw
六花がイーラを庇い、マナ達までもが。
そしてグーラが現れましたね。
ジコチューを出さずに戦闘開始するグーラ。
途中でイーラの記憶が戻り、グーラの攻撃を弾き返しました。
六花に安心されたイーラは、グーラの攻撃からマナ達を助けて去って行きました。
六花がパワーアップしエースが登場、やっぱりあれは演技かw
エースのブルールージュによる水攻撃とダイヤモンドの氷攻撃でグーラは退散。
早くもグーラのインフレが弱まった気がw
六花は改めて医者の道を選ぶ事に。
最後のイーラは何かの伏線か・・・?
来週はエースの弱点が発覚するみたいですが、どんな弱点なのか全く予想がつきませんねw

Re: 六花とイーラ

> マナの夢は総理大臣、何ちゅう大きな夢やw
> 多分マナなら普通に達成してしまいそうですね。

スケールが大きすぎるのですが、とてもマナらしくて良かったです。

> 六花は医者、しかしそれは親への憧れ?という思いから悩む事に。
> 亜久里は白玉を食べていると、通い詰めてるというのがかなり意味深ですね。

普通に地球人なのでしょうかね。王女が岡田によって隠されてから登場したので通い詰めるほど日数が起っていないと思うんですけど、まあ単に亜久里が嘘をついているという可能性もありますか。

> イーラはアジトを追い出され、雷直撃。
> よくそれで無事だったなw

常人なら死にますけど、ジコチューですものね。それでも記憶が無くなる辺り、地球の力の方が勝ったのでしょう。

> 両親が帰れないと分かった六花は海に行き記憶喪失のイーラとご対面。
> 敬語で優しい発言のイーラにどぎまぎしてましたねw

していましたね。あのイーラの変わりっぷりには笑いましたけど、この時の記憶が残っているのなら恥ずかしくならないのだろうかと思ってしまいます。

> 何だかんだで良い雰囲気な2人。
> しかしマナ達にはバレて・・・
> 亜久里は敵ならば倒すべきとエースに変身。
> 一応正論ですけどw

ああいう人が一人ぐらい居ても良いのでは無いかと思ってしまいましたけど、演技だったのには少し残念でした。いや、プリキュアの対象年齢を考えると当然のような気もしてきますけどね。

> 六花がイーラを庇い、マナ達までもが。
> そしてグーラが現れましたね。
> ジコチューを出さずに戦闘開始するグーラ。
> 途中でイーラの記憶が戻り、グーラの攻撃を弾き返しました。
> 六花に安心されたイーラは、グーラの攻撃からマナ達を助けて去って行きました。
> 六花がパワーアップしエースが登場、やっぱりあれは演技かw

今回はジコチューが出ませんでしたね。前回結構出ていたのでその反動でしょうか。

> エースのブルールージュによる水攻撃とダイヤモンドの氷攻撃でグーラは退散。
> 早くもグーラのインフレが弱まった気がw

なんだか普通に倒せる存在と化してきましたね。新キャラは強いの法則ですけど、もう結構起ったので弱体化したのでしょうか、それでもエースが強い辺り、このプリキュアは止められない気がしてきました。

> 六花は改めて医者の道を選ぶ事に。
> 最後のイーラは何かの伏線か・・・?
> 来週はエースの弱点が発覚するみたいですが、どんな弱点なのか全く予想がつきませんねw

カラータイマー的な感じで時間制限があるとかなのでしょうかね。それなら途中参加してくるのも解るのですが、どうするのかが楽しみです。
イーラは今回の件でラストには仲間化しているのではないかと思ってしまいますけど、ジコチューと呼ばれていますし、改心するような名前では無いのでどうするのかが楽しみです。まあ、レジーナも改心しそうになっていましたし、改心するのかも知れませんね。

ユーリさんコメントありがとうございます。
プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる