戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE2 胸に力と偽りと 感想

 企画原作の方のツイートで「台本が邪魔だァアアッッッ!!」と叫びながら台本を投げ捨てて演じた人が居るみたいなのですが、ネタなのかマジなのかが解らないと思い、ネタなのかマジなのか解らないって凄いなと思わずにはいられませんでした。
 
 歌いながら戦闘が始まって、歌による妨害に新カットインと、今回はシンフォギアバトルで非常に楽しめました。

 新OPからスタートと、公式サイトの絵的に考えて響とマリアが殴り合うとしか思えませんでしたけど、マリアの相手は翼で、響は調になりそうですね。しかしウェル博士は隠す気一切無いなあ。ちょっとだけしか出ていませんけど、今週のラストでも明らかにウェル博士らしき人が出てきましたけど、あんな黒幕的登場してきたら絶対に黒幕だろうと思うしかありません。ここまで行くと普通にウェル博士では無さそうで、ウェル博士だったら驚くってそれは去年の了子でやったからなあ。

 国土の割譲をマリアが要求すると、まあノイズ操れるんだから大体なんでも要求できそうですけど、凄い無茶言ってきていたのが良かったです。前回泣いてた人とかは普通に国民になりそうな気がするなあ。

 マリアはオーディエンスを解放すると、なんだか普通に人質を取らないとかやってくるとクリスの如く終盤になったら仲間化していそうですけど、今の所マリアが何したいのかが解らないので何とも言えませんね。フィーネ的な人とかが居ないからなあ。あのナスターシャ教授がシンフォギアを纏えるとは思えない、歌えるとも思えない。

 新キャラの中では調がとても可愛いです。マリアさんは防人系で若干翼とキャラ被っちゃってるからなあ。
調と切歌

 人質の観客を帰した以上、翼の保身以外の理由が無くなったかのでマリアが殴りかかってくると、ガングニールだから殴りかかってくるのかと思ってしまいましたけど、マントで攻撃してくると、マリアは基本的にマントを主体に戦うのでしょうかね。あんまり攻撃力は無さそうだなあ。

 翼が変身すると、逆羅刹で笑いました。この状態でカットインは流石の私もダサいと思わずにはいられない。蒼ノ一閃は良かったです。
 そして新技である風輪火斬。これは動作、演出、名前から全てカッコ良くて非常に良かったです。これはもう一撃必殺レベルの技だと思われるのですが、マリアはダメージは受けているも重傷とまではいかなさそうですし、マントの防御能力が高いと考えても良いのでしょうか。
翼

 そしてトドメを刺そうとする翼に対し、調が歌いながら攻撃に入ると、百輪廻α式に笑いました。円盤飛ばすのだろうと名前から推測できますが、α式が面白かったです。
 響とクリスも参戦し、三対三になると、初っ端から響が会話に入ると、これは唐突でしたけど敵だったクリスが仲間になってくれたことからくるものなのでしょうかね。

 それに対して調達は怒り、調が歌って攻撃を再開するも、教授は増殖ノイズを出して撤退を指示を出してマリア達はアームドギアでノイズを破壊し増殖させた後に撤退し、響達は絶唱を行なおうとすると、現時点では最強技であろう絶唱ですけど、2話という序盤で使ってしまうのですね。良い全力っぷりですけど、今後大丈夫なのだろうかと思ってしまう。この勢いこそがシンフォギアですね。

 響の絶唱拳が炸裂してノイズは消滅し、マリア達が化物だと認識していたのが良かったです。まああんなの直撃したら一発昇天でしょうし、敵としたら驚異過ぎますね。

 そして最後に響が調が発した偽善という言葉を思い返して涙を流し、何かしら過去にあったことが判明すると、次回は響の回想から入るのでしょうか。響は過去に何があったのか一切語られていませんでしたし、どうするのかが楽しみです。 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる