戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE 1 ガングニールの少女 感想

 遂にシンフォギア二期が始まりましたね。一期では月を一本背負いして地球に落とすという最終手段を見せてきましたけど、Gではそれを超えるものを見せることができるのだろうかと思わずにはいられません。

 Gは一期から3ヶ月後の話と、普通に色々前期の説明をせずに本編に入りノイズ戦を見せてくるというのが良いですね。新規は一期から見なさいと言わんばかり、まあ、2、3話ぐらいでノイズとそれに対するシンフォギアの説明があるのかもしれませんが。

 風鳴指令が出てきただけで笑ってしまいました。この人、生身でラスボス追い詰める程の実力者だからなあ。今回を対シンフォギア戦にするのなら、風鳴指令をどうするかになりそうな気がします。常に対人類戦なら無敵のノイズを配置しておかないと風鳴指令が突撃してきて終わってもおかしくないからなあ。

 クリスが相変わらず可愛くて良かったです。響とは非常に仲良さそうですね。
クリス
 
 そしてノイズ戦と、本当に相変わらず歌は歌うわ技名カットインは入ると、二期ということもあり作画が明らかに良くなっていて素晴しい出来でした。列車を利用してノイズを固め、全力の一撃で潰すと響が考えて行動していたのも良いですね。

 博士は前の了子が敵だと思わせておいて本当に敵とかやっちゃったから普通に敵にしか見えませんけど、博士だから狂人とかなのでしょうかね。まあ今後も敵だと思わせる行動をしでかしてくれば敵で確定なのでしょう。

 そして一話のお決まりとかしたライブシーンと、前回は高山さんでしたけど今回は日笠さんと、歌が巧くて良かったのですが、やはり前期一話のインパクトの方が凄かったかなあと思ってしまう。まあ全く知らなくて見たのと前期を見ていたというのもありますけど、一期の一話は本当に凄まじかったなあ。

 そして一話のようにコンサートをノイズが襲来すると、今回はマリアが操作していますけど、マリアは前期のクリスのように感心するのでしょうかね。ラスボス突っ走って消滅も良いのでは無いかと思ってしまいますけど、それは次回以降次第でしょうか。

 そしてマリアは宣戦布告を全世界に行ない、ガングニールを纏うと、響はガングニールの破片をシンフォギアとしていましたけど、残りの部分なのでしょうかね。黒いガングニールというのは王道的でとても良かったのですが、形状も同じだから近距離戦だよなあ。響と殴り合いが行なわれるのかが楽しみです。
 そしてマリアはフィーネと組織名を名乗ると、問題はこのコンサート会場で何をするのかになりそうですけど、翼が変身するのか、マリアが去って行くのかが解らず楽しみです。

 戦闘場面を入れ、ライブ場面を入れ、敵の正体を明かすという相変わらずの密度で非常に面白かった。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2013年03クール 新作アニメ 戦姫絶唱シンフォギアG 第01話 雑感

[戦姫絶唱シンフォギアG] ブログ村キーワード 戦姫絶唱シンフォギアG 第01話 「玩具にールの少女」 #symphogear2013 人類を脅かす認定特異災害ノイズと、シンフォギアシステム

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる