ジャンプ30号 感想

 銀魂の映画もうそろそろですね。予告編だと未来に飛ぶみたいですけど、夢か幻覚オチにするしかない気がするので、どう締めるのかがとても楽しみです。別の世界だったとかにでもするのかなあ。

暗殺教室
 俺は悪くねぇ! これは寺坂少年、次の話では断髪しようにも髪が長くないので坊主ですね。
 
 
 ここまでやっておいてどっちが強いから改めて決めようもクソも無い気がするんですけど、イトナ少年はこれで良いのでしょうかね。しかしここまでやっておいて殺せんせーを倒せなければシロ達の底が見えますし、ここはカルマの策がイトナを封じる行動にもなっていたとかでしょうかね。

 寺坂の回想が入ることでこの学校の特徴であるE組制による勉強をしなければ弱者だから勉強するという理事長の方針がよく解る説明が入ったのが良かったです。

黒子のバスケ
 双子―!
 
 双子が合気道では天才少年として有名で大会でも優勝していると、なんでそんな奴等がバスケ部に来ているのだと思うしか無いのですけど、金でも積まれたのでしょうか。合気道界で優勝して「俺に勝てるのは俺だけだ」となってバスケに走ったのでしょうか。

 黒子が出ればファウルが取れないので負ける気がしなく、一対一でも監督の対策によって普通に対処することができるようになると、本当に双子は若干苦戦させる為だけのキャラでした。ついでに双子にすることで赤司が二人いるの説明をするのかと思わせたのでしょう。個人的には先週が一番面白かったなあ。双子が出てきて何をするのかと思えば双子関係無いファウル狙いでしたからね、あれには笑うしかありませんでしたよ。

 そして遂に本題であろう三年生引退後と、ここまでは青峰が変化したぐらいでしたけど、ここから皆が初登場時のキャラになっていくのですね。白金監督が倒れて歯車は狂っていくというのがとても良かった。赤司が本当にどうしていくのか解りませんけど、止める相手が消えたら赤司は何をしてくるのかが解らないからなあ。本性なのか多重人格なのかは解りませんが、普段の赤司とは違う赤司が出てくるのでしょうかね。

SOULCATCHER(s)
 唯一無二の吹奏楽漫画で笑いました。そりゃそうだ。今週は本編もそうですけど担当さんの頑張りにも敬意を表したい。

 今週は曲選びから始まると、曲選びは指揮者の大事な仕事であり、それが出来ているというのが良いですね。そしてその曲によって奏馬が対等の演奏をしろって言うのか!?と叫べばそれが理由と神峰が告げますが、その際の神峰のパートと親父の両方を動かすからその為なら怒られても良いと考えていたのが良かったです。
 トランペットパートは全員がそうかと思っていましたけど、主に学年も立場も対等な奏馬が原因になっていると、これで奏馬が治ればトランペットパートに戻れそうになっているのが良いですね。

 そして奏馬がやると言い、音羽が待機していて打樋もやってくると、オレも混ぜろコノヤロー!の時点で笑ったのですが、こうやって前の相手が仲間になってやってくるという展開がとても良いですね。神峰の指揮で演奏してみてェんだよと理由もありますし、打樋が神峰語を理解できるのかが解りませんけど、ここでの打樋仲間化はとても良かったです。

 演奏が始まり、龍が親父さんに襲いかかれば普通そうな親父さんからライオンが飛び飛び出すと、そこからの発生した崖から龍が落下した場面がとても面白かった。そりゃ音羽先輩の親父だからこれぐらいはできてもおかしくありませんか。
 しかし受験優先という思考では無く、試そうとしている辺り、普通に演奏が避ければ受け入れてくれそうだとよく解るコマでとても良かった。今週の密度は凄いです。

 そして神峰が宣言すると、これ実際口に出したらダメなんじゃないかと思ってしまいますけど(実際そうなのかが解りませんが)まあこれは別に審査でも無いので問題ありませんね。これに関しては音羽に後ほどなにか言われてしまうのかもしれません。
 そして演奏になって二番で良いと思い始めていた奏馬に心まで二番手になるな!!と、音羽では絶対勝てない者を持っているから部長になれたと良い、ドドドドドドと覚醒しそうになって終わると、吹奏楽漫画の演奏の最中にドドドドドドドドという効果音が入って爆笑しました。アオリの「覚醒の刻…!!!」もスゲー破壊力。

 これは実際には演奏中に叫んでいるので指揮者の声が演奏妨害になっているのではないかと思ってしまいますけど、どれぐらいの音量で叫んでいるのかになりそうですね。!の量からかなり叫んでいると思うしかありません。とりあえず次回の覚醒奏馬が非常に楽しみです。

BLEACH
 あんだけ先週完全に消滅する流れだったのに二刀流に行ったのには驚きました。まあ一護の魂の中での話でしたし、戻ってきて欲しいと思考すれば帰ってくるものなのでしょうかね。しかし二刀流はへりょさんに言われるまで考えてもいなかったなあ。

 今週は二刀流発覚した新一護の姿紹介ぐらいだったので本当に書くことがありません。昔の一護対白哉戦の卍解するだけで一話使用したのを思い出してしまいました。アレ確かフルカラーでやったからなあ。しかしあの頃は非常に盛り上がった記憶があります。白哉戦でしたからね。

ハイキュー!!
 今週のハイキューも非常に面白かった。山口登場後は出すものが無いのでどうするのだろうかと考えていましたけど、デュースからの展開が素晴しいですね。

 日向が何度も飛ぶも体力の低下によりジャンプ力が落ち、タイミングが合わないと考えるも食らいつくことでポイントを取ると、リードは4コマで終了して再度同点となり、ここで及川のサーブと、本当に良い場面で及川のサーブが来ますね。これは最初から考えていたのだと思うしかありませんけど、ここでの及川サーブがとても巧かった。

 及川が思い通りには攻撃させないと、全国に行く為に倒さなければならない相手である白鳥沢のことを考え、サーブを放てば西谷が回避すると、この時点では及川の気迫に西谷が避けてしまったのかと思ってしまい、それ程なら及川は止められないだろうと思いましたけど、実際はアウトと、ここで及川が西谷を狙ったのは精神ダメージを与えて連続得点を狙い安くするためのものでしょうし、及川が力みすぎたのも今週の回想でよく解り、西谷を狙う為に力を籠めすぎたとか、なんだか理由が結構思いついてしまいますけど、これは次回での説明が楽しみです。

 しかし及川のサーブミスと、青葉の最大のチャンスを逃したわけなので次回で試合が終了してもおかしくないと思われるのですが、どうしていくのかが楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

斬月

こんばんは。
一護は二刀流になった事になりますね。
これは京楽か浮竹に教えてもらう事になるんでしょうか?
最後のユーハバッハは一体何を報せようとしているのでしょうかね?

Re: 斬月

> こんばんは。

こんばんは。

> 一護は二刀流になった事になりますね。
> これは京楽か浮竹に教えてもらう事になるんでしょうか?

本当に今週はそれだけを重視していましたね。
死神界だとあの二人しか使えませんものね。京楽や浮竹も何かしらあって二刀流になったのでしょうか。

> 最後のユーハバッハは一体何を報せようとしているのでしょうかね?

全員集めていますし、今後の活動でしょうか、どうするのかが楽しみです。

ユーリさんコメントありがとうございます。

No title

こんばんわ
二刀流になればいいと思いましたが
包丁を持てとは思ってませんwwww
あれはどう見ても包丁ですよww
最終決戦では合体しそうな気配もしますが
一護のセンスは完現術のスーツなどダサすぎです
斬月のおっさんはいいセンスしてたのに
見開きで笑いました。

Re: No title

> こんばんわ

こんばんわ

> 二刀流になればいいと思いましたが
> 包丁を持てとは思ってませんwwww
> あれはどう見ても包丁ですよww

初期一護はただでさえ始解の時点で包丁みたいだったのが卍解で刀になったというのに、また包丁に戻りましたねww

> 最終決戦では合体しそうな気配もしますが
> 一護のセンスは完現術のスーツなどダサすぎです
> 斬月のおっさんはいいセンスしてたのに
> 見開きで笑いました。

 完現術は本当に酷かったですね、あのダサさは使い捨てる為だったのでしょうか、再登場する気配は無いですからね。
 これはまだ始解なのかもしれませんし、卍解したら普通に刀となるのかもしれません。

 この新形態一護は久保先生のことだから動いたらカッコ良いのかも知れませんけど、ユーハバッハが来ない限りは戦闘が無さそうですし、暫くは戦わないのでしょうか。

へりょさんコメントありがとうございます。
プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる