FC2ブログ

サンデー31号 感想 後半

最初のページで
次世代ワールドボビーフェアの紹介で
コナンのカードが載っていましたが
キック力増強中で攻が3500なので
金剛番長は3・4万はいってほしいですが
カードゲームですし5000辺りでしょうか

神のみぞ知るセカイ
単行本には歩美と美生の
その後を書いた描きおろしまんが
があるようで凄く楽しみです
先週の話の桂馬視点です
触手弁当から始まりました

桂馬はどっかでゲームしてるのかと思いましたが
普通に教室に居たようです
落ち込むエリーが可愛かったです
そして先生が出てきてテスト返しでした
イヤホンでゲームしてる時点で
授業受ける気がなさそうですww
いいんですかーそういうタイドで。と言ってきたら
桂馬「授業も聞いてるし、
結果も問題ないはずです。」
じゃあそのイヤホンは何だwww飾りかww
まあマンキンの葉はヘッドホンしてた気がしますが

テストは100点取っていましたが
100点とってりゃいいってもんじゃねーぞと
言われていました
先生がエルシィ風船にもしもしーーとか言ってましたが
アレは何らかの幻覚がかけられているのでしょうか
桂馬以外にはエルシィに見えるとかの
それなら今後役に立ちそうな
場面がありそうな気がします

桂馬が探しに外に出ると
ドラゴンに追いかけられエルシィを発見しました
やはりエルシィは可愛いです
桂馬は挽回するルートは…と考えていました
これは何度も現実でルートとか考えたせいで
ああなってしまったのか好きなのかですが
多分後者ですが前者を希望します
十人攻略ぐらいしたら
道行く女性をこれならこのルートだなとか考える
第二形態の桂馬少年になってほしいです
普通に危ない人ですが

6時間目の体育で
テストの先生が代わりに体育を見て
グランド20周走らせていました
桂馬は持久力が無く
先生がいきなり隣まで高速移動していました
何なんだろこの人

桂馬は何かゲームを持ち
結局は倒れ犯罪者になるんだああと言ってきて
ゲームはゲーム。現実は現実さ。と
当然の事を言っていました
そして家庭科室で爆発が起こりました
エルシィは本日授業受けてないのですね
まあ先週帰るとか言ってたので
受けてないのは解りましたが

にゃはーのエルシィが凄く可愛かったです
桂馬が家庭科室に行っていました
とりあえずエルシィが可愛かったです
最後は先週の通りケーキを食べて終わりました
今週は先に先週でどうなるか決まっていた為か
面白かったですが何か普通でした
とりあえずエルシィが可愛かったです

月光条例
つまり速さが足りないんですね
どこのクーガーだwww
今回はシンデレラ姫の姫が敵のようです
あの車が凄く速いのかもしれませんが
シンデレラ姫戦が凄く楽しみです
天道という新キャラが現れて終わりました
所詮人間なのでシンデレラ戦で
一緒に戦うという事はないでしょう
まず強いのかどうかが解らないので
来週が楽しみです

魔王
マスターが犬養の事を語り
安藤は犬養が魔王じゃないと
言いきれないと言い
マンホール蓋を浮かせ攻撃してきました
これは驚きますwww
マルホール蓋凄く重いので直撃したら
まず死ぬと思われますので

安藤は何とか回避しましたが倒れ
腹話術の範囲に入った為腹話術を使い
何故かマンホールが飛んでいました
なつんだ!!?とか驚いてる場合じゃなく
即伏せないと顔面が潰れそうな気がします
これは腹話術で意識飛ばして
安藤がマンホール蓋投げたのでしょうか
流石にそこまでの筋力は無いと思いますが
来週が楽しみです

LOSTBRAIN
何か良く解らない最終回でした
まあ氷山君が命乞いしたり
捕まる道を選ばなかったのは良かったです
瓦礫が落ちてきていた所は
るの剣の斉藤のを思い出しました

とりあえず設楽と園山は何もなく
園山に到っては性格とか色々変わっているので
園山さんが一番の勝者だと思われます
最後に氷山っぽいのが現れ
やはり居なく終わりと良く解りませんでした
これは氷山は霊になってつまんねー世界を
見てきますよという事でしょうか
始めは何か面白かったです
微妙になってきたのは慣れたからでしょうか

サンデーの新連載は3本とも微妙でした
一話で一応一つの話が終わるではなく
次回に続くで終わりなのが2つもありましたので
フランス料理のは一話で一つの話が終わりましたが
劣化ジャぱんみたいな感じです
イフリートが終わりそうなのが残念です
スポンサーサイト



テーマ : 週刊少年サンデー感想
ジャンル : 本・雑誌

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いていました。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる