SQ19 Vol.06 感想

 存在すら忘れていました。二ヶ月に一度は辛いなあ。しかし、三ヶ月に一度の時は覚えていたというのに、一体何が違うというのでしょうかね。

ToLOVEるダークネス番外編
 カラーで思わず驚いた。隠しているだとぉ!? 信じられないモノを見た気分。

 とりあえず平然とアイスキャンディー咥えさせている場面で笑いました。もう当たり前と言わんばかりですね。そして今回は触手プレイされるのであった。アイスキャンディーを咥えさせて攻撃力を上げてきているというのがイカれていて良いですね。近親相姦プレイをかましてきたのもナイスです。

 アゼンダがまた出てきて笑いました。この人見た目的に絶対レギュラーキャラにはならないだろうなあと思っておきながら、この番外編で再登場し、消えましたか、今更ローションの鞭程度で読者が満足するかと長谷見先生が言っている気がしてきます。
 そういえばアゼンダはトラブルの中では珍しいエロいことになっていない女性キャラですね。いや、この姿の時点で痴女ですが。

機巧童子ULTIMO
 ジェラスの「信じがたいことですが当然あと先や百機回向のことなど全く考えておりません」がとても面白かったです。バイスは本当に何も考えていないんだなwww
 そしてルネによる能力解説と、盗能は普通に考えたらクソ強い能力なのに、細かな応用はできず、見た技限定というバイスの設定のせいで中の上程度の能力みたいになっていて笑いました。しかしKはダメだからこそチャージがMAXになるというのは恐ろしいですね。

 武蔵はアンチ能デバイスを持っているから思考が読めないというのが良いですね。普通に最強技の1つである読心が武蔵という弱点によって結構辛くなりそうです。
 大泉のおっちゃんが家庭環境と中間管理職が育んだ精神力は他のどのとのよりも桁違いに高いというのも良いですね。ただのおっさんキャラかと思えば、生活のせいで最強クラスというのが納得できてとても良かった。

 そして狭山の正体に気付きかけると、普通にバイスよりもルネの方が悪側のボスやりそうですね。これがこの作品のヒロインと成り得る存在なんだよなあ。

 バイスのことをよく解っているので、行動を把握し、バイスを対処していたのも良く、今回のウルティモはとても面白かったです。

となりのランドセルw
 今回のとなりのランドセルは頭がおかしかったです。トラブルを見て感化でもされたのでしょうか。

 水色ランドセルで眼鏡だから相手を特定できたというのも良かったです。未だに黒と赤以外のランドセルの存在が信じられないなあ。そんな特殊な色したランドセルがあるというのはCMで知っていますけど、背負っている小学生は今まで見たことがありません。

 そして音無霞という新キャラが登場し、小学生だというのにエロいことを考えると、バナナのイメージ映像の酷さに笑いました。これはあからさま過ぎる。
 平然とストパンを出してきたのも面白かったです。ストパンの映画は去年でしたっけ? つづくとかなっていましたけど、結局どうなったのだろうか。

 霞は可愛かったのですが、彼女は今後どうなるのでしょうかね。酷いことになる未来しか見えてこないのですが、王子様だと思い始めていますし、妄想でなんとかするのでしょうかね。

 次回は四月と、覚えているとは思いますが、3DSのヴァンガードのゲームやっていて忘れている気もしなくも無いです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる