ジャンプSQ3月号 新テニスの王子様 Golden age94・95 感想

 今月のテニスも凄まじかった。この二人は物凄い次元ですね。

Golden age94 平等院VS.鬼(前編)
コートの中の戦争…!!
 この時点で笑いました。観客である選抜高校生達がこの二人にドン引きしているのが良いですね。そりゃ一般テニスプレイヤーならこの光景を見たら逃げたくなるよなあ。コイツ等とは練習試合したくないですからね。
 
 コーチ陣は平等院と鬼のテニスに震え、NODATAと書かれている紙を見せてくると、牧ノ藤というとスーパーテニスの人ですね。あの人も気弾飛ばすことぐらいできるのかなあ。しかし、物凄い先輩が居たものですね。彼等が中三の時の全国大会決勝とかもっと酷いことになっているんじゃないでしょうか。いや、決勝で五感奪われて倒れた選手とか居ましたし、流石にあそこまで酷いことにはならないだろうと思ってしまいますが。

 そして審判が反応できないと、これはもしかしたら天衣無縫状態なのでしょうかね。審判が反応できない程の速度=天衣無縫だと思ってしまいますけど、カメラでは確認していませんし、どうなのかが解りません。しかし鬼さんに叫ばれた審判の人は可哀相だなあ。命の危機ですよ。それ程までに恐い。

平等院鳳凰「フ…おもしれえ」
 普通に現時点の鳳凰になるのかと思ってしまいました。明らかに姿を隠そうとしていたので、真の姿として高三平等院が出てきてもおかしくありませんからね。
 煙があがり、視認することすら出来ない観客達と、これで一番可哀想なのは審判だよなあ。目の前で物凄い光景が繰り広げられているのを一番近くで確認するとか、流れ弾が直撃しただけで死にますよ。
 平等院鳳凰が散れ…って言っただけで笑ってしまいました。この頃から言っていたんだなあ。

パイレーツオブジアメリカン!!
 笑いました。バウンドする際に六球がバラバラに飛んでいくとか、キツイ能力ですね。それにしてもアメリカンということは、これぐらいアメリカだと日常茶飯事ですよということなのでしょうか。平等院のテニスは各国の異常テニス技を使えるとかなのでしょうかね。日本は気なのかもしれません。

ザスネークチャーマーオブインディア!!
 ここの平等院の動きと呪文のような文字で笑いました。なんか知りませんけどインパクトがあって良いですね。しかし、鬼はそれすらも対処し、ゲームカウントが5-4になっていると、もうほとんどテニスプレイヤーがポイントを確認する領域で笑いました。この審判は本当に可哀相だ。
 平等院は俺をここまで追い詰めた男は初めてだ……と、大会には居なかったのでしょうかね。中学時代でも会ったことが無さそうなのですが、どっちかが大会には出ていなかったとかなのでしょうかね。

 凄いスケールでとても良かったです。観客すら視認できず、審判も反応できないと、完全に最上位テニスプレイヤーと化しましたね。鬼。この頃の高校三年生とかどんな物なのかが気になるのですが、監督達が震えていたので、高三でも敵わない程なのでしょうか。

Golden age95 平等院VS.鬼(後編)
異次元のテニスが繰り広げられる…!!
 アオリで笑いました。ズドドドという効果音、全然分からねぇぇぇーっ!!?という驚きもとても良いです。本当にこのコマは何をやっているのか理解できないからなあ、実はラケットで殴り合っていたとかでもおかしくないのではないかと思ってしまう。

平等院鳳凰「キサマとのこの命の削り合いで…俺は異次元の強さを手に入れる!」
 向こう側の世界にでも行ってきたのかと思われし台詞で笑いました。ていうかこれ、観客達は理解できていませんし、実際の所私も理解が追いついていませんけど、命削り合っていたのですね。やっぱり常人だと死んでいるのでしょうか。
 
平等院鳳凰「鬼十次郎さらばだ!!」
 気弾のシーンは多分映画から持ってきたと思うしか無いのですが、完全に殺す気でさらばだ!!って言っているのが良いですね。観客達が眩しさに目を隠しているのもグッド。このコマだと本当にエネルギー弾で殺したとしか思うしか無い場面でした。
 鬼が返球しようとするも背後の壁にヒビが入ると、平等院は高一の頃から壁を破壊していたのか、このコマで唖然としてしまいましたけど、もし背後に観客が居たりしたらミンチになっていたのですね。恐いなあ。いや、コイツ等の背後に立つって時点で命が幾つあっても足りそうにありませんが。壁のヒビの近くに居た観客はギリギリでしたね。

 そして鬼は返球する為力を籠めるも皮膚が破れ、ラケットにつけていた鬼の面を見ることにより、「地獄へ道連れだぜ平等院鳳凰!!」と言って返球することに成功すると、完全に両者殺す気だったのに笑いました。鬼に至ってはこの返球の時点で死にそうですね。
 
超巨大テニスボール
 平等院鳳凰の唖然としている顔と合わせて、非常に面白かった。ここのインパクトは凄いですね。
 そしてそこからの見開きの鬼人。ここの鬼が非常にカッコ良く、許斐先生凄いなあと思うしかありませんでした。まず前回の時点で「ああこれは平等院のかませになるんだなあ」と思わせておいて、実際の所は互角、そして子供達を思い出して覚醒することで勝利すると、非常に鬼に好感が持てる試合となっているのが素晴しかったです。

 最初の時点では鬼は平等院とほぼ互角と、これはドンドン平等院が進化していって、敵わないとかになるのでしょうか。かなり流血している平等院を見ても、平然とゲームコールをする審判は非常に審判らしくて良かったです。この超常現象に逃げずによく耐えきりましたね。

 今月のテニスは凄い次元で素晴しかったです。鬼が互角だった時点で満足したのですが、子供達の思いで勝利すると、非常に主人公らしい勝ち方をしましたね。ここからナンバー5になり、地獄の番人と化す理由が解らず、どうしていくのかが楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

今月も笑いました。
衝撃派で10m以上も先の壁に大穴が空くとか、過去最大級の威力じゃないでしょうかこれ。(と言いつつもガットが無事なのが謎ですが)
直撃して死ななかった徳川さんはすごい。
しかしこの頃の平等院さんのキャラ付けを見るに、闇討ちで相手を滅ぼしに来るプレイヤ-には到底見えないんですけど、なんか理由でもあるんですかね?
それとデュークさんとの出会いも気になります。(お頭とか言ってるから山賊か海賊でもやっていたのかなぁ? そうすれば今の風貌になったのも納得がいくし)

Re: No title

> 今月も笑いました。
今月凄かったですね、完全に次元が違っていたのに笑ってしまいました。

> 衝撃派で10m以上も先の壁に大穴が空くとか、過去最大級の威力じゃないでしょうかこれ。(と言いつつもガットが無事なのが謎ですが)
> 直撃して死ななかった徳川さんはすごい。
アレは試合中に強くなったので、ラリーでエネルギーをチャージしていた可能性がありそうですね。じゃないと直撃した徳川が回転しただけで済むとは思えません。加減はしていたのではないかと思ってしまうのですが、どういう理由で徳川を狙いにきたかになりそうですね。

> しかしこの頃の平等院さんのキャラ付けを見るに、闇討ちで相手を滅ぼしに来るプレイヤ-には到底見えないんですけど、なんか理由でもあるんですかね?
ないとただのキチガイですからねwww
高校一年生はマトモっぽいのに、二年間であの顔と闇討ちがあったので、どんだけ凄まじい高校生活を送ったのだろうかと思ってしまいます。

> それとデュークさんとの出会いも気になります。(お頭とか言ってるから山賊か海賊でもやっていたのかなぁ? そうすれば今の風貌になったのも納得がいくし)
あの連中ならラケットで海賊行為できそうですものね。リョーガも拾ってきたとか言っていますし、どっかの海から拾ってきたのかもしれません。

cycloiderさんコメントありがとうございます。
プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる