FC2ブログ

中二病でも恋がしたい! 第11話 片翼の堕天使 感想

 今週は普通に中二病を卒業している六花から始まりましたけど、勇太が眼帯取るように言ったら解決したのですね。省略されただけで色々あったのかと思い、その説明でも始まるのかと思っていましたけど、普通に中二病卒業していたからなあ。

 そして中二病を卒業している六花は可愛かったのですが、やはり物足りなさはありますね。あの眼帯が無いとそれだけで寂しい。
可愛いけどやっぱり眼帯は欲しい

 そして凸森が登場すると、六花に早苗ちゃんって言われていた所が今週一番面白かったです。そして凸森の放つ中二空間は卒業したと言って無効化すると、これで中二病が凸森が一人になってしまいますけど、一人だと自然的に消滅しそうな気がするなあ。凸森だから消滅はしないのでしょうかね。

 六花はクラスメイトに友達になってくださいと頼み込むと、これを普通に言えるのは凄いですね。そして受け入れて皆が拍手すると、どんだけ良いクラスなのだと思うしかありませんでした。物凄く平和的です。こういう所は好きです。
 放課後凸森が六花に石を見せ、六花を元に戻そうとするも、六花は結社を解散すると、これで一番可哀想なのはくみん先輩だよなあ。彼女は一番自分がしたいことをやっていましたからね。昼寝部ぐらい残しても良いんじゃ無いかと思うも、それだと一色とくみんだけになるのか、昼寝部ごと残さず消滅して正解なのかもしれない。

 六花は勇太と一緒に中二アイテムの片付けをすると、まあ女子高生がこんなのを持っていたら母親は心配しますかね。まあ、母親に強制されていませんし、六花の意志なので止めることはできないのでしょうけど、六花的には嫌だけど捨てるなのでしょうね。
 六花は母親と一緒に父のお墓に行くと、これで父親の死を完全に受け入れることができますけど、六花がどうすればいいのかを聞いているのに、答えずに六花がどうするか聞くのはどうかと思ってしまうなあ。まあ、勇太も眼帯外す様に言った手前、何も言えないのかも知れませんが。

 墓参りに行く為に電車に乗ろうとしていて、まだ凸森は止めようと登場すると、今回は六花と勇太と凸森しか居ませんでしたけど、多分誰が居ようと凸森は普通にやるんだろうなあ。あの中二イメージが無い現実場面は中々痛々しかったです。
 凸森は勇太にDFMになって六花を喜ばせるように言うも、勇太は現実を凸森に突きつけると、男子高校生が女子中学生に向かって叫び、涙を流させるのはどうかと思ってしまうなあ。先程森夏が凸森を抱きしめてたのを見ているとよりそう思ってしまう。まあ、勇太も勇太で精神的にヤバイのかもしれませんが。

 次週最終回と、このまま中二病を卒業して終わるとBADENDな感じがしてきますけど、元に戻れば六花母が問題になりますし、安心して外国行った姉十花も可哀相だ(まあ十花さんは勇太に任せきりにしていましたけど)学園生活中は問題ありませんけど、その後はBADだろうと思ってしまい、どういう締め方をするのかが楽しみです。放課後だけ中二病になるとか、発動時間でもつけるのかなあ。それぐらいしか思いつかず、それだともう中二病と呼べるのか微妙ですし、どういう締め方をするのかが楽しみです。 

 これは勇太が何とかするしか無いのですが、今週あれだけ中二病に戻るようには一切言いませんでしたし、言うとは思えませんけど、中二病に戻ろうと問題が出る以上。どうやったらハッピー又はノーマルENDで終わるのかが解りません。
スポンサーサイト



テーマ : 中二病でも恋がしたい!
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中二病でも恋がしたい! 第11話「片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル)」

六花ちゃんが眼帯を外して3週間。 ホントに中二病を卒業する気になったのは意外でしたね。 現実を受け入れなきゃいけないってことは六花ちゃんも分ってはいたのでしょうね。

中ニ病でも恋がしたい! EpisodeXI「片翼の堕天使」

中ニ病でも恋がしたい!の第11話を見ました。 EpisodeXI 片翼の堕天使  後夜祭の壇上に上がった六花は父親が好きだった歌を歌い終えると眼帯を外し、中二病から卒業することを

◎中二病でも恋がしたい!第11話「片翼の堕天...

勇太:荷物少ないんですね)トウカ:悪かったな、ほれ、渡そう。言っておく。感謝してる。本当にありがとう))ママもうすぐ帰ってくると思う)飛行機に遅れる・・・)ユメハ:バイハ...

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いていました。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる