ジャンプSQ12月号 ToLOVEるダークネス 第25話 感想

 アニメがダークネスらしさを出していて非常に良いです。規制の光が縦横無尽です。ディスクになった時にどうするのだろうかと思わずにはいられない。

第25話「New move~似たものどうし?~」
 最初にメアとネメシスのダークネスについての会話と、ダークネスが発現したらネメシス達も飲み込むと、このトラブルダークネスの核となりそうな設定ですが、これを使ったらもう締めに向かうとしか思えませんし、後1年ぐらいは詳細不明なのではないかと思ってしまいます。でも、ネメシスが出ているので説明ぐらいはするのでしょうかね。

 今回は美柑がメアに夕飯を食べに来ないか誘うと、とりあえず今月のサービスシーンだと言わんばかりにララの入浴シーンだと入れてきて、追加でセリーヌによる授乳プレイをさせてきたのに笑いました。彼女は本来メインヒロインなんだけどもはやサービス要因&秘密道具と化しているなあ。出番は多いと思いますが。

 メアが野菜切るのにチャレンジすると、達しているメアは可愛かったのですが、そこから衣服を破りに入ったのにも笑いました。料理だろうがエロい事を引き起こすのは流石です。
 そして最後に美柑がまたメアを夕飯に呼んでも良いと言い、ヤミのように仲良くなれるとは思えないと、最後の最後でとりあえずアイス舐めさせたこのコマが今月一番面白かったかなあ。とりあえずエロそうな事はさせますと言っているように見えてしまいました。

 今月は最初の会話ぐらいで、後は美柑がメアを食事に誘っただけだったので、あまり書くことがありませんでした。エロかった場面もララの所と衣服破りぐらいでしたからね。大分トラブルに慣れてしまった気がします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる