FC2ブログ

テニスの王子様42巻(最終巻) 感想

テニプリミュージカルで
何か田仁志が飛んだみたいですね
どんなのか凄く見たいです

最終巻ですし幸村戦です
この試合が始まる前は
幸村の強さを考えた記事とか書いてまして
幻覚か呪いでもかけたのでしょうとか書いてましたが
実際は五感奪うと予想の遥か上をいっていました

大車輪山嵐!!
ドォォンが素晴らしいです
というか雷は山嵐の移動ゲージ溜める為ですか
まだまだだねって言って逆転するのかと思えば
3ページでポイント入れられていて
そしたらリョーマがオーラーの
移動でポイントを入れ才気を発動し
次の回の終わりはリョーマが急に倒れて
幸村のテニスが始まったと本当に素晴らしい
今までのは何なんだよっていいたくなります
第二形態とかじゃないですが
「これが俺の真の姿…ゴット幸村」って言えば
自分は凄いぜゴット!って思いましたから

五感奪われようがテニスを
するっていうのが凄いです
まさにテニスの王子様です
テニスの王子様とは
テニスをするカッコイイ人という意味ではなく
テニス帝王の息子だという意味が解ります
親父は天衣習得してますしテニス帝王ですよ
化物の類です
テニスさえあれば
何も要らないというのが伝わってきます

しかしテニス神幸村に五感を奪われ
五感を無くしながらもテニスをしようとしていました
これは泣きます
幸村がやはりキミは危険すぎると
五感奪うテメーよか危険じゃねぇよって思いましたが
天衣覚醒で天衣の破壊力を見れば危険すぎます
あんなサーブが腹に直撃したら死ですよ
そして越前が圧倒的に幸村を上回り

サムライドライブ!!
ボールがXで飛ぶのが最高です
テニスの王子様の最終技は
テニスとは別の存在に変換する技と
本当に最後に相応しい技です
それを打ち返す幸村に爆笑

試合終了
ディアプリンスwwww
許斐先生らしい予測不可能な
カッコイイ終り方でした

?特別短編小説?
  卒業に向って撃て
あの大会の3日後アメリカに行って
3年生の卒業式に
帰ってきて部長にサーブ打ってきたんですね
眉一つ動かさなず受け止めたのが素晴らしいです
しかもこの小説を見る限り
他の生徒は別に動じて無いんですね
全国で優勝したしこれぐらい
普通みたいな感じになっているのでしょうか
確実に間違っていると思います

最後に手塚と戦い終わりました
素晴らしい終り方でした
というかその後越前は
またアメリカに戻ったんですね

テニスの王子様・総合
最初はアニメで知り見ていました
普通にテニスとして面白かったですが
大好きという程ではありませんでした
しかし最初の立海戦辺りで好きになっていき

全国大会で田仁志様が登場しました
主人公を飛ばすとか血を出させるとかで
ヤバイwwww面白いwwwと思い好きになり
氷の世界とか滝サーブが巨大レーザーに見えないとかで
四天法寺戦は最高でした
トップは百八式ですがお笑いテニス、一人ダブルス
そして一球勝負の大車輪が素晴らしすぎました
全国からジャンプ一好きな漫画になったと思います

テニスの王子様の続編は無い気がしますが
許斐先生の新連載または読み切りが見たいです
スポンサーサイト



テーマ : テニスの王子様
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いていました。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる