アクセル・ワールド #4 Declaration;告白 感想

 最初のハルユキの夢で笑いました。チユはともかく、黒雪姫の所の願望丸出しっぷりがとても良いですね。そりゃあの真ん中の部分とってくれた方がエロいですし、今までのキャラから「一緒に行こう、遥かなる高みへ」とか言っちゃいそうだと思っていたのでしょう。黒雪姫さんは本当にそんな事言いそうだからなあ。初対面の最初の台詞が「もっと先へ加速したくないか、少年」ですからね。何を言ってきてもおかしくないです。

 嫉妬している黒雪姫は可愛かったのですが、ガン無視で突っ走って消えた所で笑いました。ケーブルの長さが30センチで可愛い幼馴染と部屋で直結とか、物凄く親しい関係でないとできないと思ったのでしょう。繋がっている所を想像できないのかもしれません。想像だと隣り合わせで直結しているイメージが真っ先に浮かびそうですけど、実際は凄まじい事になっていましたね。
 ハルユキの所に取材が来て、黒雪姫が嫉妬しているのではないかと言われ、下校の時の黒雪姫のケーブルを断線させた発言に笑ってしまいました。休み時間の間に怒りながらケーブルを引きちぎり、短いのを購入しに行ったのでしょうかね。

 動揺している黒雪姫がとても可愛かったです。この可愛さは声優の演技からくるものですね。焦っているのがよく解ったからなあ。
 捨て駒で良いなど卑屈な事を言いまくったハルユキに黒雪姫は涙を流すと、通行人に学生が居たので、これは噂になって広まるのではないかと思うしか無いです。
 
 そして車が突っ込んでくると、ハルユキと黒雪姫の近くに居た通行人の動きに笑いました。ブレインバーストをやっているとしか思えない動きだったからなあ。一瞬で車と同じ速度で逃亡していましたからね。
 加速して黒雪姫が告白すると、凄く死にそうな感じになっていて、フィジカルフルバーストでハルユキを助けようとすると、実際の速度だと見ている限り車以上の速さで肉体を動かしていましたけど、車に当たるよりも先に肉体がヤバイのではないかと思ってしまいました。負荷かかり過ぎて潰れてもおかしくないのでしょうか、ブレインバーストでの能力だから大丈夫なのでしょうかね。

 黒雪姫は生きるか死ぬかの状態になっていて、ニューロリンカーが繋がっているのでブレインバーストに名前が出てしまい、シアンパイルが対戦を挑んできた場合を考え、シアンパイルが来たら対戦を申し込む一瞬で対戦を申し込もうと考え、タクがやってきたのでシアンパイルだと発覚して対戦を挑んで終わると、ここのEDの入りが素晴らしかったです。叫んでからEDというのはとても良いですね。急いでブレインバーストを起動させている所も必死にやっているのが解ってとても良かった。

 次回予告で思いっきりネタバレしていたのに笑いました。本編でパンチとキックと頭突きしかないとか言っておいて、予告でアレだからなあ。
 とりあえずシアンパイルの戦いが楽しみです。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アクセル・ワールド「第4話 Declaration;告白」/ブログのエントリ

アクセル・ワールド「第4話 Declaration;告白」に関するブログのエントリページです。

2012年02クール 新作アニメ アクセル・ワールド 第04話 雑感

[アクセルワールド] ブログ村キーワード アクセル・ワールド 第04話 「Declaration;告白」 #AccelWorld2012 #ep04 第15回電撃小説大賞〈大賞〉受賞作。ラノベ・漫画化・アニメ化・ゲーム化など幅...

2012年02クール 新作アニメ アクセル・ワールド 第05話 雑感

[アクセルワールド] ブログ村キーワード アクセル・ワールド 第05話 「Aviation;飛翔」 #AccelWorld2012 #ep05 第15回電撃小説大賞〈大賞〉受賞作。ラノベ・漫画化・アニメ化・ゲーム化など幅広...

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる