戦姫絶唱シンフォギア EPISODE10 繋いだ手だけが紡ぐもの 感想

 シンフォギアは全12話なのか13話なのか解りませんけど、後2,3話で終わってしまうのですね。1話で死んでしまっている響はどのタイミングで死ぬのだろうかと見ている間は常に思ってしまいます。

 最初にフィーネ城に居た櫻井に笑ってしまいました。普通に黒幕だっとか、「マジで黒幕だったのかー!!」と言わずにはいられませんでした。しかし、フィーネ姿ではないので、櫻井は内通者であるも、フィーネではないという可能性もまだ残っているのではないでしょうか、あそこまで毎週黒幕アピールをしてきたので、未だに櫻井がフィーネだとは思えません。
 シンフォギアの世界ではまだ2か月しか経っていないと、本当に色々ありましたね。というか、2か月以内にあそこまでの身体能力を入手できた響は化物な気がしますけど、化物なのは司令なのでしょうか。
 そしてその司令はフィーネ城に来ていて、爆発が起こるも衝撃は風鳴司令の発勁でかき消したと、どんどん話数を重ねるごとに人間離れしていく司令に笑ってしまいます。クリスのギアを纏えない奴が私を守るんだよは全くもってその通りだというしかありませんね。というか、多分クリスはギア持っていても司令に勝てるか微妙な気がしてきます。弾丸ぐらい平然と瞬間移動でもして回避して来そうですよこの人は。

 巨大ノイズが登場すると、巨大ノイズが空中から雑魚ノイズを大量に出しているのに笑ってしまいました。こんなに出しても、最近の雑魚ノイズの瞬殺っぷりを見ると別に凄く無いですね。ああ、今週もこのノイズがゴミのように消されるのかと一瞬で思ってしまいました。
 翼が相変わらずバイクを破壊して変身したのにも笑ってしまいます。前の話でバイクのメンテをしていたとは思えないぐらいの使い捨てっぷりですよ。

 クリスが登場し、勘違いするなとお決まり台詞を吐き、響と翼とクリスが手をつなぎ、作戦会議と、ここで普通に待機しているノイズが相変わらずで笑ってしまいます。チャージするから時間稼ぎをして欲しいと言っていましたけど、手をつなぐ所と作戦会議をしていた時間の方が無さそうですね。ノイズの弱点は空気の読みっぷりにありそうです。

 最後に未来が学校がノイズに襲われていると言って終わると、狙いは学校なのか、地下の二課なのか解りませんが、普通に考えたら後者で最終決戦になるのでしょうかね。司令でもノイズに触れたらアウトですし、逃げるしかできないと思うのですが、どうするのかが楽しみです。とりあえず学校にノイズが来ているという事なので、何人か消えるんじゃないかなあと思ってしまいます。奏も普通に死にましたし、響も今後死にそうですからね。普通に名前のあるキャラぐらいは消してきそうで、どうなるのかが楽しみです。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012年01クール 新作アニメ 戦姫絶唱シンフォギア 第10話 雑感

[戦姫絶唱シンフォギア] ブログ村キーワード 戦姫絶唱シンフォギア 第10話 「繋いだ手だけが紡ぐもの」 #symphogear2012 #ep10 人類を脅かす認定特異災害ノイズと、シンフォギアシステムを身に纏っ...

戦姫絶唱シンフォギア「第10話 繋いだ手だけが紡ぐもの」/ブログのエントリ

戦姫絶唱シンフォギア「第10話 繋いだ手だけが紡ぐもの」に関するブログのエントリページです。

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる